November 18, 2007

ここ最近のQQQQオプション

最近、米国市場のボラティリティが大きくなっているので、今年の夏以降とそれより前とでは、オプション市場の状況がかなり変わってきている。


ボラティリティでいうと、代表的なS&P100指数オプションのボラティリティ水準を示すVIX指数(恐怖指数とも呼ばれるもの)は、先週末で25ぐらい。最近はだいたい20~30ぐらいだろうか。今年の春までは15以下ぐらいだったから、倍ぐらいの水準になったといえる。

最近の売買はどうしているかというと、1週間以内の短期のプット売りやコール売りで小銭を稼いでいる。
以前なら1ヶ月ぐらい前に仕込んでじっと待ってようやくモノにできたプレミアムが、2,3日で得られたりする。
1ヶ月に1度チャンスがくるかどうかの状態から、1ヶ月で2度や3度おいしい場面が来たりする。
つまり、期限日の3日前ぐらいでもアウトオブザマネーのオプションに結構なプレミアムが残っている状態なのである。

このチャンスを全部モノにできるわけではないけど、儲けられる可能性は増えたということ。
まあ、逆に言うと、それだけ損をする可能性も増えたということだから、世の中はそんなに甘くはない。


インザマネーからそこそこ離れた権利行使価格のアウトオブザマネーのオプションに、プレミアムが思ったよりも残っている場合に、売り建てて何日か経って見込み通りにプレミアムが減少すれば、そこで手仕舞いする。

基本的にボラティリティが高いから、長居をすると大怪我の元である。
プレミアムが高いということは、それだけインザマネーになる確率が高くなっているということ。
以前なら1ヶ月あってもインザマネーになる確率がほとんど無いレンジのものでも、最近は2,3日で到達してしまうことがある。
急騰or急落すると、IVの急変によりオプションのプレミアムは劇的に変化する。2倍3倍は当たり前の世界。

ここ最近のQQQQオプションの続きを読む

August 16, 2007

今週

株式市場は予想以上に面白い状況になってきた。(^^;


QQQQのオプションだけど、
ナスダックは自分が想定していたペースより、約1日分以上は下落幅が大きい。
つまり、大きく下げた日が想定より1日は多かったということ。

8月限の期日は今週の金曜の17日。
あと2日残っている。
プット売りポジションは1日だけだったら問題なく期限を迎えることができる。
しかし、もう1日あるので、今日の動向しだいでは買い戻して手仕舞う必要がある。
なぜ今すぐにでも手仕舞わないのかというと、今の状況では、クローズする注文の手が止まってしまうほど、あまり利幅がとれていないということ。
逆に言うと、期日まであと2日しかないのに、アウトのプットオプションにかなりのプレミアムが残っているわけ。
こういうのは勝負してみたくなるじゃない。


今日のNY市場は楽しめそうだ。(笑)
来週からはプット売りだけでなくコール売りやプット買いも少し検討するか。


こうやって小銭は少し稼げているけど、本体の現物株のロング分がやられているので、焼け石に水だったりするけど。
現物株は、持っているものは今のところホールドで、新規の買いの様子見状態。


そういえば、昨年の5月から開始された我が401K口座の残高を見てみたけど、
思ったほどには大きく下がっていない。
といっても最近は結構下がっているのだけど、それまでがインデックス中心の運用で年利回り+20%ぐらいと鬼のような成績だったので、頭が少し冷えてよかったのではないかと思っている。


あと、今週の頭に、日本株はとりあえず売ってしまった。さわかみファンドだけになった。

今週の続きを読む

August 7, 2007

最近の下落相場でやったこと

本業が多忙ながらも、NY市場の寄り付き前後は時間がとれるから、オプションや外国株はちょっと動かしたりしている。

備忘録的に最近やったことなどを列記してみる。
これが結構そのときの頭の中を表していて、後でみると自分自身で面白いと思ったりする。


(1)まず、持っていたQQQQのプット売りを薄利and損切りで一旦撤退。
今年の2月末の急落の場合は、最初の下げが大きくて、すぐに戻ったから、結果的にはプット売りをそのまま持って粘っていた方が儲かったような気がする。
このような経験も邪魔をして、次の手を打つのだが、少し傷を負うことになる。(^^;

(2)下落したところで、また新たにQQQQプット売りを建てる。
第2弾、第3弾の下げが大きくなければ、粘っていれば大きなプレミアムを得ることができる。
がしかし、今回は後の方が下げが大きく、すぐに損切りで再度撤退。

(3)(2)の撤退と同時にドテンしてQQQQプット買いにいく。
また大きく下げたところで売ってうまく手仕舞いできた。ある程度は取り戻すことができてラッキー。

(4)(3)の手仕舞いとほぼ同時に期限が近い8月限のQQQQプット売りを建てる。(今はこの状態)
最近はボラティリティがかなり上がっていて、オプション売買では利益がとれる可能性が高まったので、面白い状況ではある。
でも、ポジションを外しまくるとすぐにオケラになる可能性もある。

一つだけ言えるのは、期限までわずかのオプションは、原資産価格よりも少し離れたアウトのプットオプションについては、期限がくるまでに権利行使価格まで下がる確率はかなり低いと思えること。
ここまで結構下がっているし、これから連続して大きく下げることは、乱高下するよりも可能性として低い気がする。すぐにゲームオーバーの時がくる。
そこで、少し強気に売ってみた。さすがにプットは短期的に買われ過ぎているんじゃないだろうか。

最近の下落相場でやったことの続きを読む

June 14, 2007

イールドカーブ

一瞬真夏のように暑くなったと思ったら、梅雨空に。。
自分にとっては一番嫌な季節。ひざやひじの調子が悪くなる。


先週から米国の長期金利が急騰したけど、個人的には悪くないと思っている。
ニュース記事などを見ても、そんなに悪い感じでは書いていないし。
まあ、潮目がちょっと変わった気がするのは確かだけど。

グリーンスパンが謎と言った逆イールドが解消されて、気持ち悪さが無くなった分、良い傾向だとは思う。
少しぐらいはイールドカーブが立った方がまともだろう。逆イールドのままでずっと続くと、何か変なことが起こりそうな恐怖がある。英国だとまたちょっと事情が違うようだけどね。


この場合、直接的には、長期債券が売られて価格が値下がりしていることになる。
その売ったお金はどうするのか?
債券は詳しくないので、想像の世界だけど、キャッシュのまましばらく様子をみるか、新発債や短期債に乗り換えるぐらいだろう。
この状況で債券を売って株や商品、不動産などにお金が回ることは考えにくい。


今回の長期金利上昇で株も下落したけど、個人的には強気継続中。

企業の業績面でみると、短期金利の上昇は今期や来期の業績に直接影響を受けそうだけど、長期金利の上昇は、バランスシートに長期債をたくさん持っている企業を除けば、直接的に大きな影響を受けるとは思えない。
たしかに、リスクフリー金利が上がるから、資本コストは上がるように思うけど、それは債券との相対的なものであって、直ちに企業の利益が減るわけではないはず。
株を売ってウエイトを減らして新発債を買うほどの劇的な変化には思えないのだ。既発債だとまだ値下がりリスクもある。

このへんはマクロ経済に詳しい人に教えを請わないといけないかも。

イールドカーブの続きを読む

May 5, 2007

YHOOとMSFT

米国のYahoo!は、少し前にオプション売買などをやった関係で、自分の監視銘柄リストに入ったままだった。


昨日、YHOO株が15%以上も急騰していたので、何かの間違いだろうとニュースを確認したら、どうやらマイクロソフトが買収(インターネット事業の合併を含めた提携交渉)する話があるとのこと。

しかし、このニュースだけでこれだけ上がるとは、相場の末期症状に近いのだろうか?
これはオプション売買のチャンスかも。。

だけど、株価が少し落ち着くまでは怖いので、様子見をして、来週頭になってもまだアウトのコールオプションのプレミアムが残っていたら、少し売ってみようかと考えたりしている。
5月限のオプションなら、期限まで2週間弱。原資産の株価は金曜日の終値で$30.98、アフターマーケットでは$30.55と少し下がっている。
ここから10日で4ドル強も上がる可能性はほとんどないと考えるのなら、35ドルのコールが0.40ぐらいあれば、かなり低リスクでプレミアム分をゲットできるかもしれない。
まあ、さらに上に行ってしまう可能性も否定はできないので、ヤラレる可能性はあるけど。


個人的には、インターネット事業に関しては、米ヤフーとマイクロソフトの合併は言葉が悪くて申し訳ないけど、負け組同士の寄り合いにしか見えない。
株価がこんなに上がる理由がわからないのだ。


最近、Amazonの好決算による急騰や、ダウやロイターの買収話による急騰など、好材料のニュースだけで急騰するケースが多くなっているように思う。
少し前なら、織り込み済みとかで動かなかったり、逆に下がったりすることもあったけど、ダウインデックスの上昇などで状況が少し変わってきているように感じられる。

YHOOとMSFTの続きを読む

January 22, 2007

オプション売りで初勝利

ようやくオプションの売りで利益が出た。(^^)


去年の12/21にQQQQの07年1月限の41ドルプットを売って様子をみていたのだが、
約1ヶ月経過して期日が過ぎてゲームオーバーに。
自分の目論見どおり、ナスダック指数は大きく下がらず、逆に一時急騰したりして、そうこうしているうちに無事に満期になって価値がゼロになった。

これで、
売り・・・〇
のパターンも経験できたので、売り買いの勝ち負け全パターンを達成。
ほんのわずかな利益だけど、オプション売りについてなんとなくわかってきたものがある。

オプション売りで初勝利の続きを読む

December 18, 2006

最近のオプション売買(06年12月上旬頃)

しばらくオプション売買について書いていなかったので、近況でも。


コンゾン(KONG)の7.5コールオプションは、プレミアムが買値の3.5倍ぐらいになったところで全て売って手仕舞いした。

もともとマイナーな個別株オプションは流動性が低くて売買が難しいことと、原資産の価格が上がっていってコールオプションが大きくインザマネー状態になると、新たな買い手が見つからなくなってくるので、株価が9ドル後半から10ドル付近まで上がって盛り上がったときに売ってしまった。
オプション購入時の当初の目的は果たせたし、現物株だけでもプラス圏内に入ってきたので、コンゾンについては現物株放置プレーで様子をみることにする。
思ったよりも大きく騰がってしまったら一部利確も考えるけど。


あとは、ナスダック100のETFであるQQQQのオプションのポジションを持っている。
QQQQにした理由は、株式インデックスにほぼ連動したETFを原資産としていて、流動性が高めなこと、原資産のETFの価格が手頃なこと、ナスダックはダウに比べて出遅れているし、ボラティリティの上昇の可能性が高そうなこと、などなどである。
特にナスダックに思い入れがあるわけではない。

個別株オプションは1枚が原資産100株単位なので、1株の値段が安いものの方が細かいポジションを持つことができる。ちなみに、先週末の価格はSPYが142.25、QQQQが44.43である。
例えば、グーグルの個別株オプションを売買しようとすると、先週末の株価が480.30で、アットザマネー付近の480のコールオプションのプレミアムが15.50だから、コールオプション1枚買うのに1550ドル必要になる。売る場合の証拠金もそれなりに必要だ。一般的な米国市場の個別株オプションは、原資産の株価が数十ドルぐらいなので、これの10分の1程度で売買できるものが多い。

また、Mini S&P500などの指数先物を原資産とするオプションは、たとえMiniであっても、一般的な個別株オプションに比べると単位が大きいので、ある程度資金量がないとポジション調整が難しく、自分のような初心者は手を出しにくい。

最近のオプション売買(06年12月上旬頃)の続きを読む

November 15, 2006

オプション買いの威力

最近、コンゾン(KONG)の株価が上昇してきている。(11/14のナスダック終値で$8.90)
これに伴って、自分がホールドしている現物株とコールオプションの価格が上昇し、ダブルでおいしい状態になっている。

ただラッキーのひとこと。
一時期はたしか-40%近くまでへこんだけど、今はプラス圏で含み益が出ている。ただし、現物株だけではまだ少しマイナスである。


今回、オプションの買いがハマッたときの威力を感じた。
まだまだ油断は全然できないけど。

一旦利確も視野に入れて、コールオプションは手仕舞いのための高めの指値を置いておくつもり。


オプションの買いポジションは地雷みたいだなあとふと思った。

オプション買いの威力の続きを読む

November 2, 2006

KONGのコール買い

米国市場の株式の場合、かなりの数の銘柄は個別企業の株券オプションが取り引きされている。メジャーな企業の場合は個別株式の先物も取り引きされていたりする。
米国市場はデリバティブ天国のようである。
欧州市場もCFDとかが取り引きされているので、米国と近い環境なのかもしれないが、自分はほとんど検討していないので実態はよくわからない。
欧米の場合は個人投資家でも投資ポジションにオプションを組み合わせている人は結構いるのではないかと思う。


2週間ぐらい前、コンゾン(KONG)の株価が6ドル台だったときに、07年3月限の7.5ドルのコールを少し買っていた。
いくらなんでも来年の3月までには7.5ドル以上にはなるだろうとの思惑からだ。
ただし、コンゾンは現物株の出来高もそんなに多くない方なので、オプションの流動性は低い。妥当なところに指値を置いていても約定するのに1日以上はかかった。


こんな状態でしばらく放置を決め込んで様子をみていた。
そうすると、ここ何日かはするするっと株価が上昇していき、7.5ドルは軽く超えて8ドルを突破し、9ドル、10ドルも視野に入りそうなレンジに入ってきた。
アウトオブザマネーの状態からバリバリのインザマネーの状態になった。
オプションのプレミアム(価格)でみると、たった数日で買値の2倍ぐらいに。
実際にはオプション売買用資金全体に対する割合でみないといけないとは思うけど。

KONGのコール買いの続きを読む

October 12, 2006

YHOOオプションその後

先日取引したオプションのその後はどうなったかをちょっと書いてみる。
現状としては、まだオプション売買は初心者以下のレベルであるため、経過はあまり良くない。


米国のヤフー株の個人的な思惑は、次のとおりだった。
(1)減益予想のニュースで急落した後、25ドルあたりをサポートにしばらく踏みとどまる。
(2)10月17日の3Q決算発表後は株価が動くはず。決算の結果を市場が全て織り込み済みとは考えにくく、予想以上に悪くて急落するか、予想よりは良くて持ち直すかのどちらか。トレンド的には下がる確率の方が高そう。

このため、(1)をもとに10月限の権利行使価格25ドルのプットを売り、その後、(2)をもとに11月限の権利行使価格22.5ドルのプット買いと27.5ドルのコール買いを組み合わせて、ロングストラングル(ストラングルの買い)のポジションを仕掛ける。

(A)
   YHOO OCT 25 PUT 0.85 SELL
   (YHOOの10月限、権利行使価格$25のプット売り、プレミアムは0.85)

(B)
   YHOO NOV 22.5 PUT 0.45 BUY
   YHOO NOV 27.5 CALL 0.60 BUY
   (YHOOの11月限、権利行使価格$22.5のプット買い&$27.5のコール買い、
    プレミアムは0.45+0.60)


(A)は10月21日までの間、株価が上昇、そのまま25ドル以上のレンジ内で不動、25ドルよりちょっと下落のどれかなら利益になり、25ドルから大きく下落したら損失になる。
(B)は11月18日までの間、22.5ドル以下に下落または27.5ドル以上に上昇したら大きな利益になり、22.5~27.5ドルのレンジ内にとどまると価値ゼロになって損失になる。

我ながら、イマイチなポジションだなあと後で思った。ちょっと変な形になっている。ちなみに、本などには載っていない。

YHOOオプションその後の続きを読む

September 23, 2006

オプション売買に対する印象

米国市場のオプションの場合、S&P500などの株式指数のオプションはミニ版でも取引単位が大きいし、機関投資家などのプロが大きな割合を占めている市場である。


やはりどちらかというと、個別株の株券オプションの方が、自分のような少ない資金でチマチマやっている個人が多いと思うし、プレミアムに歪みが生じる(収益が得られる)可能性が高いと思う。
インデックスを対象にするなら、ETFのオプションという手もある。メジャーなETFはオプションが取引されている。
あとは、比較的少額の資金で取引できる非エネルギーの商品先物オプションが良さそう。

でも、現在使っているブローカーはカテゴリーからするとオンライン証券会社であり、オプションは株券や指数、通貨のオプションを主に扱っていて、商品についてはあまり取引できないみたい。商品先物オプションを主に取引可能なブローカーに口座を開くことはまだ今のところ考えていない。


結局のところ、オプション売買はゼロサムゲームである。つまり、対象の原資産を買う権利や売る権利を売買しているだけだし、売り方と買い方が揃って初めて取引が成立する仕組みでもあり、オプションそのものが新たな価値を生み出すことはない。実体の資産を直接取引するわけでもないし。


また、オプションは戦略によって保険にもなるし、ギャンブルにもなる。原資産と組み合わせずにオプションだけを売買する場合はどちらかというとギャンブルに近くなる。
よって、オプションの売り方はギャンブルの胴元、買い方はプレーヤーのイメージに近い。

オプション売買に対する印象の続きを読む

September 21, 2006

オプションのプット売り

先日、米国のYahoo!(YHOO)が減益予想のニュースに起因して株価が10%以上急落したため、試しにプットオプションを売ってみた。


オプションの取引としては、初の売買。売りから入るという渋め(堅め)の戦略。
株価が急落したばかりでボラティリティが高くなった状態。セオリー通りにちょっとアウト・オブ・ザ・マネーのプット売りで様子をみてみる。まだまだ試行の段階だし。
まだ当初予定の半分しかポジションを建てられていないけど。

  YHOO OCT 25 PUT 0.85 SELL
  (YHOOの10月限、権利行使価格$25のプット売り、プレミアムは0.85)


ポジションは大きくないので、うまくいったとしても少額の収益だけど、オプション売りで地道に資金を増やしながら、たまにオプション買いで夢をみるという基本戦略をとっていくつもり。
オプションを組み合わせた各種スプレッドポジションなどは徐々に取り入れていきたい。


ちなみに、米国市場の個別株の株券オプションは100株が取引単位。表示されているプレミアムの100倍の資金を売買することになる。
例えば、上のプットの例だと、1枚あたり85ドルになるので、1枚買う場合は85ドルの支払い、1枚売る場合は85ドルの受け取りになる。これでYHOOを100株売る権利を取引している。

オプションのプット売りの続きを読む

September 11, 2006

オプション関係のサイト

最近、オプション投資の実践研究にちょっとハマリつつある。
とは言ってもたいしたことはまだ何もやっていないけど。


先日書いたオプション売買入門の本は、3回目ぐらいからやっと頭に入ってくるようになってきた。
いままで頭の中で素通りだったものが、なんとなくイメージとしてつかめるようになってきて、本の中で書かれているそれぞれのオプション戦略が何をやろうとしているのか、おぼろげながらに理解できそうな感じになっている。
ページ中のテキストや数字が意味のあるものとしてスゥーッと頭に入りそうな気がしてくる。

こうなってくると、読んでいろいろ考えることが楽しくなってくる。
もう一息だ。

自分に手が出そうな原資産を選んで、オプション戦略を練ってみる段階にそろそろ入れそうな雰囲気。


オプション投資の情報については、書籍もインターネット上の情報も同じように、個別株式投資の情報に比べればかなり少ないと思う。
日経225先物オプションに関する情報はまあまああるようだけど、米国市場のオプション情報に関しては、特に日本語のものはかなり少ないのが現状のようだ。


自分が読んで良いと思えて、今もずっと参考にしているサイトとしては、オプション道場ぐらいかなと思う。他に良いサイトがあれば知りたいぐらいだ。
このサイトは、オプション取引についての基本をかなりわかりやすいテキストと図で説明している。このサイトにひと通り目を通してからオプション売買入門を読むと、理解が深まると思う。というか、オプション売買入門を読むのを飛ばして、オプション売買の実践をいきなり読んでもよさそうなぐらい、基本部分の説明はよくまとまっていると思う。

米国市場に関しての情報も充実しているので、今の自分にはこのサイトが基本情報の拠りどころとなっている。

オプション関係のサイトの続きを読む

August 31, 2006

オプションの検討

実は、年初より増田丞美著の「オプション売買入門」をボチボチと読んでいる。
少し硬くなってしまった自分の頭には内容がなかなかスッと入っていかないので、かなり時間をかけて何度か読んでいる。

この本は、オプションの基礎を一応説明してから、個人投資家がどう実践につなげるのかについて、それなりによくまとめて解説しているので、良著の部類だと思う。
というか、オプションに関する本で個人が投資or投機をするにあたって参考になる本というのは、あまり無いみたい。高い本ばかりだし。

もし「オプション売買入門」の本に興味がある人は、今年の3月に「最新版 オプション売買入門」が出ているので、こちらの方がいいかもしれない。
5千円もする本なので、それなりの動機がないと読む人はあまりいないかもしれないけど。


なぜ、今頃オプションを研究したりしているのか?

自分の場合、ここのブログでは新興国の株や日本の新興市場の株に投資(投機)してジェットコースターを味わっているのがメインにみえるけど、外貨建てのマネーファンドで置きっぱなしにしている割合の方が多いのは事実である。
だから、日々の投資用資産が毎日数%も上下していたりすることにはなっていない。
でも、株式投資の部分ではちょっとリスクを取りすぎている(無謀)かなあと思うこともよくある。
また、資産が大きくなってきたら、今のままではヤバそうだなあと思ったりもする。


そこで、オプションをちょっと研究してみて、リスク減少のために使えないかなあと思ったのが最初のきっかけ。
また、オプションの概念がわかっていた方が、なにかと投資に役立つことがあるかもしれないと思ったのもある。

と、上のように書くと聞こえが良さそうだけど、本当はちょっと首を突っ込んでみようという好奇心と研究心が芽生えたのが一番の理由かもしれない。


そろそろオプションに関するエントリを書こうかなと思っていながら、なかなか進まなかったが、最近Losin'Boyさんのブログでオプション口座のことが書かれていて、そこにコメントしたりしているうちに、ようやく実現に至るようになった。

オプションの検討の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.