February 17, 2005

Internaxx

先日リンクをさせていただいた内田隊長のCMB研究所から辿ってフランス在住のヒルコさんのブログにおじゃましたところ、自分が使っている欧州の証券会社の情報について尋ねられたので、ここにちょっと書いておく。

自分の場合、外国株とファンドはルクセンブルグのオンラインブローカーであるInternaxxを利用している。
ここは、北米のTD Water HouseとルクセンブルグのBanque Generale du Luxembourgのジョイントベンチャーであり、経営のバックはちゃんとしているようだ。正式名称は、The Bank of TDW & BGL S.A. であり、いちおう銀行の形態になっている。Internaxxはオンラインブローカーサービスの名称だ。ルクセンブルグは、スイスなどと同様に銀行業と証券業の垣根が無い。
Internaxxでは、欧州市場や北米市場の株式、ファンド、CFD、FXなどを取り扱っている。
口座はEUR, USD, GBP, CADのマルチカレンシー口座で、それぞれ1000通貨単位からまあまあの利息が付く。

他には、スイスのSwissquote Bankなども似たような感じであり、良さそうである。ファンド情報や市場の情報などはSwissquoteの方が充実しており、自分はこちらのページを参考にしている。

ルクセンブルグは、ベルギー、フランス、ドイツに囲まれた小国で、オフショア地域である。日本のファンドでもルクセンブルグ籍のものが多いので、国名はよく目にしていると思う。スイスと同様に、銀行法に従って顧客資産と銀行資産は分別管理されている。個人情報保護などの点でもスイスに準じたところがあり、特にスイスにこだわらなければルクセンブルグも捨てがたい。
非居住者は基本的には現地で課税されない。ただし、株式の配当については、それぞれの取引市場によって源泉徴収しているようである。

売買手数料は、5000ユーロまでの取引では28ユーロ、取引高に応じて段階的に設定されている。また、口座管理料が四半期ごとに預かり資産の0.05%、最低12.5ユーロ、最高125ユーロかかる。去年までは最低6.25ユーロ、最高62.5ユーロだったのが値上げになった。口座管理料には、EECの居住者はVATが12%かかる。日本やアメリカ、香港などの業者と比べると高めだが、これは安心料と考えるしかないか。スイスやルクセンブルグの銀行は手数料で商売しているので、仕方ない面はある。
年間に30回以上売買すると、売買手数料が割引になり(北米市場やUK市場は19.6ユーロ、他の欧州市場は22.4ユーロ)、口座管理料は無料になる。

Internaxxの利点の一つは、ファンドの販売手数料がディスカウントされる点である。オフショアの株式ファンドでは一般に5%ぐらい取られるが、株式ファンドが2.5%、債券ファンドが1.5%、マネーファンドが0~0.15%となっている。また、最低取引単位は、株式ファンド及び債券ファンドが2000ユーロ相当から、マネーファンドが10000ユーロ相当からと、比較的少額から投資できる。取り扱いファンドの種類は、欧州の運用会社中心にまあまあ揃っている。

口座の開設は、初回送金額が最低1000ユーロからと少額でよく、郵送で開設できる。初回送金を日本などの自分の銀行口座から送金する場合は、申込書とパスポートのコピーだけでOKである。ただし、この場合送金依頼書がInternaxxから申込書に書いた口座がある銀行の支店へ送付されるので、銀行担当者とやり取りしたりする必要があり、送金手続が面倒になる。自分の場合、シティバンクの支店に予め連絡しておき、支店に出向いて送金手続をした。普通の国内銀行では対応が難しいかもしれない。
弁護士や行政書士などによるパスポートの認証コピーを送れば、通常の電信送金や小切手などでも入金できる。

申込書を送った後、本人確認や投資スタンスのインタビューなどのために、Internaxxから電話がかかってくる。テストではないので適当に答えておけば大丈夫のようである。何度か聞き直したりしても辛抱強く付き合ってくれる。顧客との連絡やサポートは、英語、フランス語、ドイツ語、オランダ語に対応している。

海外の銀行や証券会社には、事務手続がいいかげんな所があるが、ここは結構しっかりしているようで、今のところトラブルは無い。売買手続が完了すると、メールで取引内容のレターのPDFファイルが送られてくる。しかし、株式やファンドの取引画面のインターフェースはあまり使い易い方ではない。特にファンドはオーダーが通っているのかどうかがよくわからず、2,3日経たないと取引画面に反映されないので要注意だ。オーダーを一旦確定させるとファンドの場合はすぐに電話でキャンセルしないと取り消せない。二重にオーダーしてしまったりすると、売り戻さなければならなくなる。

Internaxxに関しては、ルクセンブルグにしては少額から口座開設でき、欧州市場や北米市場をカバーしているので、いろいろと使い勝手は良いが、口座管理料を取られるので、ある程度の資金は置いておかないと目減りしていってしまう。この辺は各個人の考え方次第かなと思う。

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.

comments

はじめまして。

私は今年の8月からinternaxxを利用しております。

そろそろ配当の季節だと思うのですが、配当は
internaxxの口座に直接振り込まれるのか、
別の口座か何かに振り込まれるのでしょうか?

もし分かれば教えて頂けると助かります。

よろしくお願い致します。

渡辺裕

  • 渡辺 裕
  • November 27, 2009 10:26

  • ------------------------------

はじめまして。

今年の8月からinternaxxの口座を利用しております。

そろそろ配当の季節かと思うのですが、配当はどこに
振り込まれるのでしょうか?

もし分かれば教えて頂けると助かります。

よろしくお願い致します。

  • 渡辺
  • November 27, 2009 10:26

  • ------------------------------

comment form
comment form