March 28, 2005

バリュー投資って?

近頃、バリュー投資についていろいろ議論があるようだが、自分が思うに、結局のところ、「儲かるのか?」が一番重要ではないだろうか。投資スタイルなんて、100人いれば100通りあるはず。
投資歴が長いからエライとか、最近株式投資を始めたからダメとか、全く関係ない。また、投資の一つの側面だけをとらえて、あーだこーだ言い争っても無意味である。

「バリュー投資」といっても、「資産バリュー」や「成長バリュー」など、いろんな考え方があるので、一つの枠に収まるものでもないし、言葉の定義を厳格に決めてもあまり意味は無い。
また、投資手法が「本物」か「偽物」かなんてわからないし、結果的に儲かればいいんでしょ? 自分で考えて出した結論なら、それがパクリであったとしても、儲かればオッケーでしょ? 正しい評価方法を行って投資しても、損をしてしまったら元も子もない。
自分の投資方法が正しいとか、エライとか、スゴイとかを争ってもむなしいことだ。
損をしたら、そこでまた勉強するなり、退場するなり、好きにすればいい。他人のことまでいちいち干渉しても仕方が無い。
他人の結果を気にするのは愚かなことである。

要するに、バリュー投資とかいってビギナーズラック的に儲かっているのが気に入らない人がいるわけだ。
他人を妬んだりすると、その人には決して幸福はやってこない。


投資をして株式マーケットに関係している以上、無意識の中だとしても、広い意味でのテクニカル的な動きは気にしているはずである。バリュー投資において市場動向は結構大きく関係していると思う。それは、相場の下落時などにミスターマーケットがたびたび行き過ぎてしまうことや、不人気で過小評価されていることなど、市場の非効率なところを突くような手法になるからである。
バリュー投資に徹するなら、そのときに「資産バリュー株が騰がり過ぎている」とか、「市場が過熱している」とかは全く気にする必要は無くて、単純に自分が想定した株価に達したら黙って売るだけだ。そこで「もっと儲けたい」とか「損したくない」などと、余分な感情を持ってしまうと、失敗してしまう。

バリュー投資って?の続きを読む

March 26, 2005

日本-イラン

ワールドカップ予選に関しては、なんとなくコメント。

イランって、試合運びを見ていると、ボール扱いは決してウマくないし、あまり強そうに見えない。当たりの強さとドリブルだけだ。
最近のサッカーに見慣れている目からすると、草サッカーっぽく見える。

しかし、内容的にはほぼ完敗。
こんなチームに完敗とは・・・ すっごくクヤシイ。

日本はボールを持っていないときの動きがダメダメだ。
イランのペースに付き合ってボールの周りでみんな止まっている。

イランもホームで最初はプレッシャーがあったみたいだったけど。
落ち着いたら、自分の技に持ち込んでマイペース。

日本は攻めのパターンが無いのが致命的だな。
まあどうせドイツには観に行けないからさ~

March 25, 2005

海外資産運用セミナー

ブログをブラウズしていたら、たまたま、今話題のライブドアが募集している海外資産運用セミナーに辿り着いた。

いまどき、5万円も取ってこんなセミナーやってもいいのだろうか?
AICの海外口座開設サポートセミナーの方がまだマシである。

このセミナーの紹介文は突っ込みどころが満載である。のっけからOffshoreのスペルを間違えてるし。。
Internaxx, シティーバンク、コルレスバンク(???)、HSBC, Bank of Scotland, Abbey National などだったら、口座開設は自力でできるので、自分に5万円の半額でもくれたら、口座開設までなら手取り足取り教えて上げられるのだが。。。
スイスのプライベートバンクでも紹介してくれるのなら、価値はあるかもしれないが、資産5000万円ではそれは無理な注文かな。

そもそも、DIYでも開設可能な海外口座を開くのに、エージェントに頼ったり、この程度の初歩的なセミナーに大枚を払うぐらいなら、海外への直接投資は止めた方がいいと思う。

海外資産運用セミナーの続きを読む

March 24, 2005

ブログの著作権

日経パソコン3月28日号の記事などによると、電車男を始めとして、最近はインターネットの掲示板やブログの投稿をもとにした本を出版することが多いようである。

この記事で自分が注目したのは、弁護士の見解では、たとえ利用規則などでコンテンツの利用の許諾について明記してあるとしても、書き込んだ筆者の許可無く出版などすると、著作権を侵害するおそれがある点である。
実際に、掲示板への匿名投稿を無断で改変、転載して出版したものに関して、出版差し止めと損害賠償を命じられた判例があるようだ。

掲示板やブログのコメントなどで匿名の投稿については、筆者の同意を得るのが難しくて、著作権問題で出版に苦労しているものがあるらしい。

先日、楽天ブログについて書いたが、こんなに神経質になる必要は無く、いちおうブログの筆者の著作権は守られそうな情勢である。
としたら、そもそも利用規約なんて意味があるのだろうか? サービス提供者の自己満足に過ぎないもの? 悪徳業者が強引に消費者へ押し付けた契約が無効になるようなのと、同じようなレベルなのか?

司法の世界も結構ワンダーランドなようで、おもしろそうだ。

March 22, 2005

中国株

自分は中国株は全くやっていない。
理由は、単に乗り遅れたからである。

自分の奥さんは北京語がかなりできるので、それなりのアドバンテージはありそうだが、まだ参入できずにいる。

昨年の今頃は中国株関連の本が多く出ていたが、これに乗じて中国株を始めた人は、ほとんど痛い目にあっていると思う。そろそろ上向いてきたのかもしれないが、どうなんだろうか?
現状では個別株を物色する余裕がないので、ファンドに頼ることになるが、まだ思惑先行の買いが多いような気がするので、もう少し待ったほうがいいかな。

エマージングものについては、しばらくはこのまま東欧株だけにしておくことにするかな。東欧株は先週あたりからずっと下がってきているのだが。。。
昨年もそうだが、なぜかこの時期になると株価が軟調になってくる。日本株とは関係がなさそうなのだが、何か季節要因でもあるのだろうか?

March 21, 2005

福岡地震

福岡は子供時代に育った場所なので、10年以上住んでいたわけだが、そのときに地震の経験をしたことが全く無かった。小さい地震はたまにはあったようだが、自分で感じたことは無かった。
関東に移って、地震を初めて体験してびっくりした。本当に地面が揺れている!

そういうような土地柄であり、地震空白地帯と言われていた所であったが、大地震が100年以上ぶりに起こった。
多くの人が生まれて初めての地震だったかも知れない。
不幸中の幸いであるが、地震規模に比べて被害は小さめのようだったのでよかった。

阪神、新潟、福岡など、地震があまり無かった場所の方が最近は大地震が起きている。長年地中に貯めていたエネルギーを一気に放出するからだろうか?
逆に、関東などの方が小さめの地震でときどきエネルギーを放出しているので、危険は少なかったりして??

この福岡地震のように、近頃は数字的には起こり得ないようなことが結構起きている。
理論や常識だけに大きく依存すると、このような不測の事態への対応ができなくなってしまう。
投資でも何でもそうだが、「どのようなことも起こり得る」ことを心の奥に留めていきたいと思う。

リスクが小さいと思われていたことで悪いことが起きると、いろいろとダメージが大きい。

March 17, 2005

Lloyds TSB 急落?

自分が保有している株の株価はいちおう気になるので、インターネットにアクセスできるときはほぼ毎日チェックしている。欧州株については、日本時間の夜に1,2度程度だ。

昨日(3月16日)、保有しているLloyds TSB Bankの株価が急落したので、何事かと見てみたら、どうやら寄り付きから5%ぐらい下がっているようだ。3月4日にリリースされた2004年の年次結果報告では好調が伝えられ、最近は株価が上向きであった。
何か悪いニュースでもあったのかと見てみたが、特にニュースは無い。ロンドン市場全体(FTSE100など)は下落傾向。

ここでふと思い出した。3月16日は配当の権利落ち日であった...

Lloyds TSBの配当利回りは結構高く、3月15日の終値(507.75p)で計算すると、年6.74%である。まあこれは英ポンドの高金利の分を割り引いて考える必要はあるのだが。。
こんなことも忘れていて大マヌケであるが、それぐらいのんびりとホールドしている。Lloyds TSB Bankの株を保持している理由については、少し説明を要するので、後日また書くことにする。

結局、前日比-6.50%の474.75pで引けて、市場が結構効率的であることを実感した一日であった。
だが、中間配当分を差し引くと、今回の権利落ち分の配当は4.63%になるので、この辺はどう考えればよいのだろうか?ちなみに、この日のFTSE100は-1.25%の下落であったので、下落相場につられてしまったのか?

この日はバークシャーなども株価が下落したので、ポートフォリオ全体では見た目にかなり減少してしまった。

March 16, 2005

オフショア環境の変化

先日送付されてきた海外銀行のステートメントに同封されていた、EU加盟国関連の税制の変更について。

以前からBankAbroadさんのサイトTAX-NEWS.COMなどで情報を得ていたのだが、EU加盟国において、銀行預金の課税に関する指令がとうとう今年の7月1日から発効されることになる。しかし、開始日の7月1日については、最終決定されていないので、延期される可能性は残っている。
これにより、EU加盟国の間では、銀行口座の利子等の収益について、各国間で情報交換がなされることになる。つまり、EU内では、他の国に持っている口座の収益についても、現地の当局から居住国の当局に情報が提供され、居住国の当局が把握できるようになる。

ただし、EU加盟国の中でも、オーストリア、ベルギー、ルクセンブルグは、口座情報を開示する代わりに、銀行口座から源泉徴収課税をすることを選択している。EU加盟国ではないが、オフショア地域のジャージー島、ガーンジー島、マン島、及びスイスも、この源泉徴収課税方式に合意している。

EU居住者がこれらの地域に銀行口座を持っている場合、銀行口座の利子等から税金が源泉徴収されることになる。これは預金だけでなく、債券やファンドの配当なども対象になるようだ。源泉徴収された税金は、その75%が居住国へ受け渡される。
詳しいことはよくわからないが、少なくともジャージー島、ガーンジー島、マン島のUKオフショアにあるEU居住者の口座については、7月1日から源泉徴収が行われるようである。税率は、当初2005年の7月1日からは15%で、2008年の7月1日からは20%、2011年の7月1日からは35%になるようだ。この35%もの高い税率は現行のスイス国内の預金の税率と同じである。

オフショア環境の変化の続きを読む

March 14, 2005

楽天ブログ

楽天広場には、多くのバリュー投資家の方のブログが公開されていて、いつも有益な情報をいただいて勉強させてもらっている。自分の中では貴重なメディアの一つとなっている。

先週、inatoraさんのブログが楽天会員以外の投稿ができなくなったため(現在は元に戻っているようであるが)、コメントしたくなったときに困るかもと思い、投稿用のIDをとってみた。
といっても、億の近道やtoms2121さんの現代の錬金術師協会の入会のためにinfoseekのIDは持っていたので、これを楽天IDとリンクさせただけなのだが。

お買い物では楽天市場は何年も利用しており、電脳葡萄酒館などはフランスものを中心にマニアックで美味しく手頃なワインがいろいろあるので気に入っている。


楽天広場の会員登録にあたり、自分には気になった点があった。それは楽天広場規約の中の著作権に関する条項である。引用すると、以下のように書かれている。

「 7.著作権について  

会員が、楽天広場において登録、作成した内容について、楽天は、利用者のプライバシー保護のための合理的な措置をしたうえで、その掲載内容を新聞その他のメディア、レポート、他の楽天のサービス等に転載、引用できるものとします。 」

少し曖昧な感じで書いてあり、著作権がどこにあるのか不明であるが、楽天は作者からの特別な許可無しにコンテンツを転載、引用できるようになっている。これは楽天内部だけでなく、新聞その他のメディアなどの第三者において利用させることができる。楽天が元になれば、第三者の二次利用に関して作者の権限が及ばないと思う。ブログのコンテンツを集めて本を出版することも可能である。
作者が著作権を主張しても、非常に弱い立場にあることが予想される。楽天広場に関して、この場を提供している楽天というのは出版社的な位置付けになるのだろうか。

他のフリーのブログサービスでも、規約に似たような条項があるのだろうか?

楽天ブログの続きを読む

March 11, 2005

ユヴェントス、レアルマドリードに勝利

投資とは全く無関係であるが、15年以上ファンを続けているイタリアのユヴェントスが今週の欧州のチャンピオンズリーグ(ちなみにサッカーです)でスペインのレアルマドリードに勝ったので、思わず書き込み。でも最近はサッカーはあまり観ていないし、この試合もニュースでハイライトシーンを見ただけである。

レアルマドリードは、近頃は銀河系軍団などと呼ばれていて、金に物を言わせて各国のスター選手を集めているクラブであり、顔ぶれはほとんどオールスターチームである。日本でも人気が高い。

これに対し、ユヴェントスはイタリアの人気チームであり、日本にもファンが多いものの、最近は地味な印象が強い。顔ぶれもシブい選手が多く、有名どころでもデル・ピエロ、ネドベド、トレセゲなどであり、ベッカム、ジダン、ロナウドなどに比べると華やかさに欠ける。
これでもイタリアのセリエAで毎シーズンのように優勝争いをしており、今季もACミランとの一騎打ち状態になっている。キャラクターとしてはどちらかというと悪役的な役回りであり、しぶとく勝ち残るパターンが多い。今回もその一例。

ユヴェントスのクラブ運営はバリュー投資に通じるものがあると思う。
欧州のフットボールクラブは、選手の人件費が高騰し続けていることもあり、経営が苦しくなっているところが多い。イタリアでもメジャークラブで経営に行き詰まったところがいくつかあった。
ユヴェントスはあまり高額の移籍金や年棒がかかる選手を抱えていない。実力はあるが地味めの選手を集めてきてチームをまとめているので、経営は堅実である。スター選手中心のチームではないため、チームの力も安定しており、選手間のトラブルも比較的少ないことも利点である。
でもこれは、チーム自体が安定した人気を保っており、スター選手に頼る必要が無いことと無関係ではないだろう。イタリア内では大きな力を持っているようだ。

成功例としては、ジダンなどが典型的な例である。ボルドーで才能を輝かせ始めたときに早めに獲得し、世界的にブレークしてからレアルマドリードに高額で移籍。まあこれは本人や奥さんがイタリアが嫌になってスペインに行きたがっていたこともあるのだが。。移籍後の活躍ぶりを見ていると、移籍時点がほぼピークであったことは間違いない。

しかし、ユヴェントスやフェラーリなどは調子が良さそうだが、親会社のフィアットの経営が絶不調なところが皮肉である。

March 10, 2005

マーク モビアス

早川圭さんのサイトに書かれていた国際投資関連の本、「国際投資へのパスポート-モビアスの84のルール」は、前からいつか読もうと思ってアマゾンのウィッシュリストに入れたままだった。

マーク モビアスってどこかで目にしたような名前だなぁ、と思い、ふと気がついた。そうだ、自分が持っている東欧株ファンド、Templeton Eastern Europe Fund のファンドマネージャーのMark Mobiusではないか。今頃になって初めて2つの名前が一致した。そんなに有名人だったのか。

このファンドを購入したときは、全く先入観なく、組み入れ銘柄やセクター、地域、パフォーマンスなどを考慮して選択した。今思えば、他のファンドと比べて運用方針にポリシーや個性が見られ、只者ではない雰囲気は少しあった。彼のエマージングマーケットファンドは、他のファンドを見てもパフォーマンスが悪いものがあまり無いし、エマージングものにしては比較的ボラティリティは小さめである。
昨年の春頃など、ロシアの大手石油会社ユーコスがヤバくなったときに、東欧株ファンドは暴落したものが結構あったが、このファンドは被害が少なかった。

エマージングマーケットのファンドには、米国市場などのADRを主に組み入れてお茶を濁しているものが結構ある。こんなのは主な銘柄をパクれば個人にも比較的簡単にコピーできる。敢えて購入する価値は無い。

マーク モビアスの続きを読む

March 9, 2005

バークシャーの2004年

そういえば3月5日にバークシャー・ハサウェイの2004年度のアニュアルレポートがリリースされているが、まだほとんど読んでいない。量が多くて読むのも大変なのだ。英語だと時間もかかるし。

2004年のパフォーマンスは+10.5%、比較のために併記されているS&P500は+10.9%で、0.4%負けている。まあこんなものか。
自分には関係ないが、1965年から2004年までの40年間の平均パフォーマンスは年+21.9%もある。こんなに長期間に渡ってこの数字は驚異的だと思う。

バフェットは米ドルから他の通貨の資産に結構移しているようだ。
自分の方針と方向性は同じなので、なんだか気分が良い。

March 7, 2005

住宅ローン返済と投資

inatoraさんのブログ住宅ローンと投資のことが書かれており、これについて思ったことを少し。

自分は、いろいろとリスクをとって分散投資をしていて言うのもなんであるが、繰上げ返済をした方が良いと思う。
それは住宅ローンにはレバレッジがかかっているからだ。
住宅ローンの金利と投資の利回りを単純比較するのは危険である。分母が全く異なるからだ。

例えば、残債が3000万円あって、100万円の余裕資金があったとする。どうするか?
全く迷うことなく繰上げ返済するのが良いと思う。
簡単にするため大雑把に考えると、期間短縮型の繰り上げ返済をする場合、繰上げ返済前の残債全額に対して短縮期間分の利息が節約できる。これは繰上げ返済時点で直ちに今後の返済額を減少できるものだ。
100万円を繰上げ返済して1年期間が短縮できたとしたら、ローン金利が年利2%であれば約60万円節約できる。住宅ローン減税分1%を差し引いても約30万円である。しかも、現在は定率減税があるため、二重還付はないので住宅ローン減税は1%フルには還付されない。
100万円で60万円の利益を得るのはとても大変なことである。手数料や税金を差し引いて年20%の利回りが確保できても単利で3年、複利で2.6年ぐらいかかる。

住宅ローン返済と投資の続きを読む

March 6, 2005

Shoreline

海外の銀行口座としては、Lloyds TSB BankのOverseas Clubという口座を持っている。
この口座のことについては、後ほど改めて書こうかと思う。

このOverseas Clubの口座保持者には、"Shoreline"という季刊誌が年に4回ほど送られてくる。
季刊誌の内容は、銀行からのお知らせ、投資に関するコラム、世界のある地域に関する紀行文、その他の読み物、ファンドの簡単な成績など、他愛のないものである。航空機の機内誌やクレジットカードの月刊誌などと性格は似ている。
自分の場合、英語の勉強の意味で読んだりしている。投資関係の用語がよく出てくるからだ。

このShorelineの裏表紙には、Where on earth is this? という、地球上のある場所を撮った写真がどこのものであるかを当てる懸賞コーナーがある。
基本的には観光スポットのようなところが多いが、一般的なアングルではないので、その場所をある程度知っていないとわからないことが多い。

前号では、イタリアのシチリアのアグリジェントという都市(ここは神殿の遺跡が多くあって有名だ)にある、巨人像が足元からのアングルで写真に載っていた。自分は以前にここに行ったことがあり、場所がわかったので、解答を送ってみた。

先週、60cm以上もある大きなクッション入り茶封筒の国際郵便が届いていた。中身はOverseas Clubのスポーツバッグ。そう、懸賞に当たったのだ。正解者が何人ぐらいいるのかはわからないが、毎号10人分しか当たらないものだ。

ラッキーである。今まで自分は懸賞などには縁がなかった。
幸運の女神様どうもありがとうございます。
これはブログに書いて感謝しておかなければと思い、早速書いておくことにした。

March 3, 2005

ポートフォリオ(日本株)

現在の保有日本株 (Mar 2, 2005)

<個別株>
  コンビ (7935) <+12.6%, 4m (JPY)> *1 *2
  オオゼキ (7617) <+25.0%, 2m (JPY)>

<ファンド>
  さわかみファンド <+33.3%, 2y6m (JPY)> *3

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 さわかみファンドは定期定額購入継続中。一部解約あり。平均取得単価による評価損益。


相場環境が好調で、ラッキーなだけかもしれないが(ツキはある)、今のところ順調である。資金が少ないため、あまり分散できていない。

ポートフォリオ(日本株)の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.