April 30, 2005

外国株投資の是非

稲虎さんのブログのインデックス投資に関するシリーズは、自分にとってもかなり考える点があり、参考になっている。

このエントリの中で、外国株式の投資に関する記述についても、全く正論ではあるのだけど、最近では、自分としては少し異なる考えを持っている。
ただし、自分も以前に書いたように、外国株投資は、経済合理性だけを考えると、コストに見合うものが得られるかどうか難しいと思っていることは大前提としてある。

「一般的に海外投資を行う場合、「情報の少なさ」「取引コストの高さ」などがネックとなり、個別銘柄の調査は国内株式以上に困難です。」

コストに関しては、不利な点が多いと思うので同感だが、情報量に関しては、必ずしもそうではないと思う。
米国市場では、日本市場より企業の財務情報などは充実していると思う。欧州市場でも、ウェブページなどのIR情報がしっかりしている企業は日本と変わらないか、充実しているところも結構ある。
でもエマージングマーケットについては、情報が圧倒的に不足しているのは事実なので、個人には個別銘柄の投資は難しいだろう。中国株なども現地の投資家に比べると不利な立場にあるといえるかも。

日本の個人投資家にとって、日本企業の方が情報を多く得られると一般に思われているところは、実はノイズの情報がかなりの割合を占めているのではないだろうか。
定量分析だけを考えると、このようなノイズが無い方が正しい判断ができそうだ。
とは言っても、自分は定性分析をある程度重視しているので、情報量が少ないと判断が難しい面があるとは思っている。だが、必要な情報については、先進国市場に関してはバリュー投資家の対象になりやすい日本の地方のマイナー企業と比べてそんなに大差ないのではないか、と最近思っている。

外国株投資の是非の続きを読む

April 24, 2005

スイスポストファイナンスの口座閉鎖

BankAbroadさんの掲示板情報などによると、スイスポストがファイナンスサービスを自国内と近隣諸国の居住者だけを対象にするように方針転換し、遠隔地に居住している顧客の口座を閉鎖することになったようだ。
ある意味、郵便貯金が他国の居住者にまで広くサービスを提供していたことの方が珍しいことであったので、こちらの方が本来の姿かもしれないが。

遠隔地の顧客というと、もしかすると日本人の口座が大部分かもしれない。
昨年あたりは、インターネット上で情報が飛び交っていたので、かなりの数の日本人が口座を開設したのではないかと思われる。

自分も一瞬だけ口座を開こうかどうか考えたことがある。
スイスポストの利点としては、日本円の口座も開けること、日本の郵便局から少ない海外送金手数料で送金できること、などがあった。また、ユーロの口座は欧州では使い勝手がよさそうだったし。
でも、スイスポストは認証書類にアポスティーユが必要だったりなど、口座開設時の書類準備が面倒であったし、他にも海外口座を持っているので、実際に行動するまではいかなかった。
苦労して口座開設して、すぐに口座を強制閉鎖されるなんて、たまったものではないが、こういうリスクはたまにあるので仕方ない。

スイスは、UBSなどが今年に入って郵送での口座開設を受け付けなくなっているようだし、口座開設がしづらくなっている。スイスやオフショア地域に対してはEU諸国からの圧力が結構ありそうだが、もしかして日本からも何か話があったのだろうか?

2年ぐらい前に、今回と同じようなことがあった。Fsharpのサービス廃止である。Fsharpは、Bank of Irelandがやっていたオンライン専用の銀行サービスだった。
オフショアのオンラインバンクとしては先駆けの部類で、システムは使いやすかったし、預金金利も高めで良かった。
自分もここに口座を持っていたが、サービス廃止ということで口座を閉じさせられ、口座の預金を他の銀行に送金指示するか、小切手で受け取るしか選択がなかった。
このときも、結構多くの日本人の口座保持者が路頭に迷ったはずだが、歴史は繰り返されるのか。どうも多くの人が殺到するところがヤバいみたいだな。

幸いにして、Lloyds TSBなどは口座開設のハードルが高そうなので、日本人が殺到することはなくて、今のところ助かっている。

Googleの補足

Google株について、ちょっと補足。

昨年のIPOのときに、結構話題になったので知っている人は多いかもしれないが、Googleは普通株として、現在一般に売買されているA株と、創業者たち(経営陣)が持っている議決権がA株の10倍もあるB株とがある。
このB株の存在は賛否両論あったが、自分はあまり気にしていない。今の経営陣は結構頭が切れる人達だと思うので、経営を任せていても問題なさそうだし、逆に第三者が買収をかけることが難しくなっているので、良いことかもしれない。

このような株の二層構造はバークシャー株と似ているところがある。また、今のところ配当は出さない方針みたいだし、経営陣は次期の業績予測はやらない方針のようなので、自分的には好感度が高い。

April 22, 2005

Googleのつづき

昨日、Googleに関してインターネットをブラウズしていたら、どうやらバフェットがGoogleの株式を保有しているという噂があったようである。

本当かどうかは知ったこっちゃないが、Googleがバフェットの言う有料ブリッジ型企業であることはほぼ間違いないと思う。
で、「割安か?」と聞かれると、100人中99人が「否」と答えるだろうけど。
でも、こういう企業を常識の範囲で判断するのはナンセンスだと思うので、非常識を承知で参入したわけだ。後になってプロがいろいろな理由をつけて検証することはできるとは思うが。

Googleにとって怖い人は、なんといってもマイクロソフトだろう。
だが、マイクロソフトに買収されてしまうことは、株主にとっては問題ない。つり上がった値段で売ればいいだけだ。
問題は、ネットスケープのように壊されることがあるかどうか。

例えば、現在のようなインターネットの普及率で、ネットスケープがブラウザのシェアを70%とか持っていたら、いくらマイクロソフトでもこれからシェアを逆転するのは簡単なことではないだろう。
今やGoogleはシステムやブランドがかなり一般に定着している。「ググる」という言葉も一部ではよく使われているし。マイクロソフトの力が及ばないところで結構強さは持っていると思う。

マイクロソフトが技術力や真っ当なビジネスモデルでライバルに勝ったことがあったか? 自分には記憶が無い。ライバルを金にモノを言わせて買収したり、強引な手法で叩き潰してきて今日のマイクロソフトはある。

Googleのつづきの続きを読む

April 21, 2005

Googleに乗り換え

Lloyds TSBの話は一休みして、Googleの話題。

先日Google株に少し注目していると書いたが、思ったよりも収益構造が良さそうなので、今の水準でも買った方が良いのでは? という心の声に応えてみた。前回の声のときはオオゼキで成功しているし。(笑)
昨年8月に上場したばかりであり、利益も四半期ごとに急上昇中のため、株価水準を判断するのに妥当なパラメータがあまり無さそうだ。PEGレシオなどで見たら、そんなにバカ高くはなさそうに思えた。

購入資金の追加はすぐには無理そうだったので、代わりに売ったのはバークシャーB株。
バークシャーは値動きが少ないので現金に近い感覚であったことと、最近少し思うことがあって、3ヶ月ぐらいの短期保有になってしまったが仕方がない。売買というよりもバークシャーからGoogleに乗り換えた形になる。
NY株の下落が落ち着きそうなところを狙ってGoogleを買おうと思ったが、バークシャーをのんびりと売り指値しているうちに、Yahooの好決算につられて上がってしまった。

YahooとGoogleで裁定取引している人が多いのだろうか? ここ何日間では両者の株価はほぼピッタリ連動している。YahooとGoogleって検索サイトとしては同類に見られることもあるかもしれないが、しくみが全然違うと思うのだけど。。
Yahooは自分のサイト内で収益を上げるしかないが、Googleは世界中の一般サイトもターゲットになる。拡大の余地は充分だ。しかも多くの資金を必要としない。

20日はYahooの好決算発表につられてGoogleも寄り付きから高くなった。21日はGoogleの第1四半期の決算発表があり、明日上がりすぎたら困るので、20日中に約定するように決めた。寄り付き後の状況をみて、成り行きで行くしかないと思い、バークシャー成行売りのGoogle成行買い。結果的にバークシャー株の損益は-5.42%となってしまったが、損切りと言うわけでもないし、戦略の一部変更のための経費と考えることにする。

この日、バークシャー株は寄り付きから大引けにかけてずっと下がり続けた。1日で-2.26%の下落。どうやらこの日に、どこかがつけたバークシャーの格付けが1ランクダウンしたことがニュースに出たらしい。
自分は全然知らなかったが、乗り換えのタイミングとしては良かった方かもしれない。ラッキーである。バークシャーってアメリカ企業の中でもトップクラスの高格付けではなかったか。

Googleはこの日+3.50%の上昇であったが、時間外取引の上昇に伴って寄り付きから上がっていたので、自分の買値では+0.13%だけである。
21日の決算発表は予想の範囲内だと思うが、ここで少し上がることはあっても、その後の反動が怖いので、あまり結果の数値だけで過熱しないで欲しいものだ。とは言っても、自分が参入するぐらいなので、それなりにカモが集まっていると思われるが、大怪我にならないことを願うだけである。

Googleに乗り換えの続きを読む

April 20, 2005

Overseas Club <3>

Overseas Clubの3回目。

・Overseas Club口座のデメリット
 年会費がかかる。

・Overseas Club口座のメリット
 多くの資金を置きっぱなしにしておく必要が無い。

他のオフショア銀行では、最低預金額が安いところでも日本円で100万円程度からである。複数通貨の口座を持つには、それぞれに最低預金額が必要な場合が多い。
現在ではオフショア銀行の金利もそんなに高くはないので、塩漬けにしておく資金はなるべく少ない方がよい。

Overseas Clubの場合、それぞれ、100ポンド、100ドル、100ユーロ置いておけば、とりあえず文句は言われない。自分の場合、このデビットカードの口座にはあまり資金を置いていなくて、Lloyds TSBのMoney Fundに移して持っている。銀行からはあまり歓迎される客ではなさそうだ。

自分がLloyds TSB Bankの株を持っている一つの理由に、株の配当で年会費を充当しようという目論見がある。つまり、年会費→銀行の収益→株の配当→年会費、というサイクルを構築すると、実益が上がるかどうかはわからないが、精神的には楽である。

Overseas Club <3>の続きを読む

April 17, 2005

Overseas Club <2>

Overseas Clubの2回目。

口座開設当時は、英ポンド口座だけしかインターネットバンキングができず、UKの銀行では英ポンド口座はなにかと便利かなと思ったし、自分の場合ユーロ口座は必須であったし、米ドルは何と言っても基軸通貨であり年会費も変わらないので米ドル口座もあった方がいいかと思い、結局3つとも口座を持っている。

現在はユーロや米ドルの口座でもインターネットバンキングが可能である。なお、英ポンド口座と、米ドル口座およびユーロ口座とは、全く別の種類の口座であり、口座管理が少し面倒である。
英ポンド口座は、UK本国の口座とほぼ同じシステムであり、日本居住者の場合はマン島に口座を開くことになる。米ドル口座とユーロ口座は、オフショア独自のものであり、ジャージー島に口座がある。インターネットバンキングも別になっているし、ステートメントもスタイルが異なり、別々に送られてくる。

Overseas Club <2>の続きを読む

April 15, 2005

Overseas Club <1>

自分は、海外銀行口座として、Lloyds TSB BankのOverseas Club口座を持っている。
この口座は、クラブの形式をとっており、口座管理手数料として年会費がかかる。"annual fee"ではなく、"subscription"と書かれている。

口座は通貨別に用意されており、英ポンド口座、米ドル口座、ユーロ口座の3つがある。自分が口座開設したときは、年会費はそれぞれ、英ポンド口座が50ポンド、米ドル口座が50ドル、ユーロ口座が50ユーロであった。
複数の口座を持つ場合は年会費が加算されるわけではなく、英ポンド口座と米ドル口座、英ポンド口座とユーロ口座の2つ、または英ポンドと米ドルとユーロの3つの口座の場合は50ポンド、米ドル口座とユーロ口座の場合は50ドルである。
しかし、現在のLloyds TSBのウェブ上にある案内によると、英ポンド口座が1ヶ月7.5ポンド(年90ポンド)、米ドル口座が年90ドル、ユーロ口座が年90ユーロになっている。
今のところ年会費値上げのアナウンスは受け取っていないが、自分の場合どうなるのだろう? 次回の引き落としの際に確認してみよう。

口座開設に必要な最低預金額は、それぞれ、100ポンド、100ドル、100ユーロと少額である。

April 12, 2005

KENさんのセミナー

ということで、KENさんのセミナー申し込んじゃいました。
収益バリュー投資のヒントを何かつかめればいいなと思っています。

セミナーの宣伝も本のタイトルや帯と同じで、「1年で3.0倍!」とかを連発すると、派手に見えるのは仕方ないかな。

April 11, 2005

メガチップス

最近の話題銘柄の第2弾はメガチップス。

こういうことを書くと失礼かもしれないが、ネタ元の平九郎さんの投資メモを読んだ感想は、ポジショントークがうまいなあ、というのが第一印象。
<なお、このエントリーはいくつかの投資家サイトを読んだだけの情報で書いています。>

株価が上がるかどうかは、当たるも八卦、当たらぬも八卦というところだろうか。
どれぐらい独占力、価格決定の主導性、価格競争力があるのだろうか? 自分にはよくわかっていない。
いやほんとマジでKENさんのセミナーを早く申し込まなくては。

自分は携帯電話や半導体の業界は少し知っているが、第三世代携帯電話と聞いても、今さら?という感じで旬な技術の香りがしない。
可能性があるとすれば、モバイルデジタルTVチューナのチップあたりかな。
何か強力な特許取得のニュースでも出れば、暴騰することがあるかもしれない。

メガチップスの続きを読む

April 10, 2005

新生銀行

先週あたり、バリュー投資家の間で新生銀行株の買いについて、ところどころで話題になっている。

自分は欧州株で銀行や保険などの金融関連株に投資していながら、日本の銀行株に関してはあまり理解ができていない。
たしかに、新生銀行は多くの血税がつぎ込まれ、外資に美味しいところを持っていかれた結果として、資産がきれいになっているし、株価的にもずいぶん下がってきて妙味がありそうなのはわかる。
が、しかし、炭鉱の中のカナリアとしてだけではなく、収益バリュー株として買えるものなのかどうかは、自分的によくわからないので、KENさんのセミナーでも受講する必要がありそうだ。このセミナーはいろいろとタメになりそうなので、受講しようかと思っている。

新生銀行の続きを読む

April 6, 2005

バルトジャーナル

わがGabbianoのブログにも、近頃多くのサイトに増殖しているGoogleの広告を載せている。
右側の帯の下にあまり目立たないよう慎ましく置いてあるように、これで小遣いが稼げるとはほとんど思っていない。
置いてある理由は、エントリの内容によって広告元がどのように変わっていくのか、すごく興味があったからだ。

このブログでは、証券会社やファンド、海外投資関連のサイトの広告が多くなっているが、サッカーを話題にするとサッカーのツアーやチケット関連のサイトの広告が出てきたり、イタリアを話題にするとイタリア語学学校のサイトが出てきたりして、自分自身で変化を結構楽しんでいる。

このGoogleのテキスト解析による広告配信システムは、個人的にはかなりのヒット作だと思う。
Google株は高すぎるので今のところ投資対象に考えていないが、ビジネスとしては結構安定して収益が得られそうな感じなので、少しウォッチしてみるか。


で、ようやく本題に入るとして、先日のモビアス本のエントリにあった東欧、エストニア、ロシアなどのキーワードに引っかかったと思われる、「バルトジャーナル」というサイトの広告が最近出てきている。
ここは、どうやらエストニアを本拠にした日本語サイトのようで、バルト三国、ロシアをはじめとした東欧関連の経済ニュースを日本語で配信している。週1回発行されるメールマガジンもあるようだ。バルト方面でのビジネスのサポートもやっているようである。
なお、サーバのインターネット接続環境があまりよくないのかもしれないが、ページ表示が結構重いときがある。

バルトジャーナルの続きを読む

April 5, 2005

モビアスの本

以前のエントリーに書いたマーク モビアスの本「国際投資へのパスポート-モビアスの84のルール」を読んでみた。

この本には、東欧(エストニア、ロシア)、アジア(香港、タイ)、南米(ブラジル)、アフリカ(ナイジェリア、南アフリカ)などの地域に、1990年代後半にモビアスが訪問したときの様子や現地の情勢、これに絡めた自身の経験や投資のルールについて書いてある。
原題の「Passport to profits」の方が適切であり、邦題は意訳しすぎだと思う。

自分には、バフェットよりもモビアスの考え方に共感できる点が多かった。
モビアスはエマージングマーケットを投資対象にするファンドマネージャーであるので、基本的に、外国人投資家で少数株主の立場に立っていることがわれわれと同じスタンスになっており、考え方を共有できる。
ファンドの資金はある程度の大口ではあるけれど、外国人投資家という立場でみると、特に新興市場では弱い立場にある。このことから、モビアスは自分から主導的に投資先の企業をコントロールできるとは思っていない。新興市場では政治的要因も大きく作用するので、現地の権力者や経営者の側にいないと、力が及ばないことが多い。

モビアスは徹底して現場主義である。世界中のあらゆる国や地域で、興味があるところがあると、テンプルトンの自家用機を飛ばして現地の企業を訪問する。現地の空気や経営陣の対応などは、投資判断の際にある意味で重要な要素の一つとなっているようだ。
このあたりは真似はできないが、こういう姿勢は見習うべきかも知れない。

とにかく、投資をする人、特に外国に投資をする人は、読んでおいて損は無い。
値段はちょっと高めだが、個人的にかなりおすすめ本である。

モビアスの本の続きを読む

April 3, 2005

現状

やはり年度末や年度初めは、本業などに手をとられて余裕がなかった。
自分の場合、週末は家族のことに時間をとられるので、あまりブログを書く余裕が無いが、あまり間隔を空けるのもなんなので、ちょっと雑記を。

Lloyds TSB BankのOverseas Clubの口座などについて、少し書きたいところであるが、これからぼちぼち書き進める予定。

マネーファンドで持っている外貨の方は、米ドル高のトレンドの雰囲気を自分なりに見極めてから、ゆっくりと通貨の配分を検討する予定。
現在の保有通貨は、EUR, GBP, AUD, USDの4つ。
基本的には、マネーファンドは通貨分散して防衛するのが主目的なので、内訳を大きく変えることはないだろう。為替差益を狙うならFXで積極的に取りにいった方がいいと思うし、自分にはその気は全く無い。

株の方は、以前書いたポートフォリオから変わっていない。パフォーマンスは気が向いたときに随時書くかも。
現在、米ドルベースのバークシャーとノバルティスが不調。
INGやLloyds、東欧株ファンドは、3月に多少の調整があって利益が減ったものの、まあまあ順調である。
資金量もそう多くないし、特に動くような局面でも無いかな。

日本株は、少し足踏み状態だが今のところ順調に推移。
オオゼキは2800円あたりで買い増ししようか考えていたところ、増配のニュースで少し上がってしまったので保留。
コンビは当初の想定よりも上まで行きそうな感じになってきた。そろそろW指値を入れて利益確定を考えることにするかな。

現状の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.