May 31, 2005

市場とノイズ

稲虎さんのブログで、バリューとプライスとノイズについての記事があったが、これには自分もほぼ全面的に同意できる。
あまり追加するようなことも少ないのだが、思ったことを少し。

株式市場において、ノイズによって、プライス(株価)が割安になっていたり、割高になっていることは常である。これは間違いない。そうでなければ、毎日刻々と株価が変化すること自体が間違っている。

では、バリューはどうなのか?
企業分析によってある程度理論的なバリューは算出できる。だが、これもある特定の人物のある手法によって見積もられたもので、唯一の真理ではない。
これは市場(いちば)で取引される他のモノでも同じである。絶対的な価値は誰も決められない。
スーパーの野菜などは個体差があるので比較するのは難しいが、バラツキの少ない電化製品などの工業製品を例に考えると、定価というものが存在しなくなった現在にあって、同じモノであっても、それを4万5千円で買う人もいれば、5万円で買う人もいるのが現実である。それぞれが価値を認めてお金を払っているわけだ。
価値が認められないものは、いくら価値があると主張したところで、高い値段では売れない。人間社会なんて理不尽なことだらけである。

そもそも自分が出している指値自体がノイズになっていることはないのか? その買値や売値の妥当性は?

自分の投資(投機?)がバリュー投資かどうかは別にして、ノイズによる価格の上下によって収益が得られている点は否定できないので、得られた収益のほとんどがノイズの恩恵によるものだったとしても、喜んで受け入れる。
自分が見積もったバリューが絶対に正しいのであって、市場(ノイズ)の評価は間違っている、と思っていたとしても、それは自分の思い込みに近いもので、その投資による最終的な結果は、市場からのみ導かれる。決して投資家や経営者が決められるものではない。


自分の場合、性格が大雑把なので、企業分析もザックリ見ることが多い。細かい分析をしても、精度は上がるかもしれないが、100%正確な分析は不可能なので、個人的には他のことに時間を使いたい。
また、投資に割り当てた資金は、生活資金とは別のものと考えている。例えば、一般の日本人が100ポンドといっても直ちにピンとこないように、別の単位の数字だと思うことにしている。外貨の場合はその点で客観的な視点を持ちやすい。そうじゃないと、売り買いの決断に躊躇したりなど、冷静な判断ができないことがある。今回の損失が生活費の何日分かなどと考えるのは最悪である。長い目で見て、得か損かを冷静に判断したい。

市場とノイズの続きを読む

英国の好景気に陰り?

先週、英国の大手銀行であるバークレイズ銀行で不良債権が増加しているというニュースがあり、Lloyds TSBなどの他の大手銀行も道連れにして株価が落ちてしまった。
バークレイズの収益は逆に増加しているんだけど。。。

自分的にも気になるのが、個人のクレジットカードのローンなどによるBad Debtが増加していることだ。日本で言ういわゆるカード破産ですな。好景気で調子に乗って借金しまくっているのだろうか?
これは銀行にとっては悩ましいようなところだと思う。貸し倒れリスクが想定の範囲内に収まれば、かなり美味しい商売である。日本の消費者金融などを見れば一目瞭然だ。
バークレイズは高格付けの銀行(S&PでAA(Stable)あたり)なので、あまりこういうところで傷を負うと、良くない方向へ進んでしまうような気がする。

自分の勝手な見込みでは、英国の場合、住宅バブルがはじけて不動産価格が急落するようなことが無いかぎり、それまでは投資妙味はまだあると思っている。

May 30, 2005

フランスでEU憲法の国民投票否決

先週末のフランスでのEU憲法の批准に関する国民投票は、先日の世論調査の結果通り、否決されたようである。
為替市場は、今日は米国や英国が休みということもあって、あまり反応が大きくなく、ユーロ売りはそれほど強くないようだ。

このEU憲法の行く末は前途多難な感じがする。英国などは、現状ではほぼ否決されるような雰囲気だし。
そもそもEU憲法ってなに? という素朴な疑問があり、調べようとしたけど、原文はかなりのボリュームだし、詳しく知っていてもメリットがなさそうなので、端折ることにした。小学生の言葉で簡単に言うと、EU圏内で統一された基本的な決まり、みたいなものだ。

部外者の立場として思うことは、憲法まで制定して一緒になる必要があるのか? ということだ。EU憲法が批准されていろいろなしくみが生まれると、EUは統一された国家みたいになってしまうのではないだろうか?
歴史的な経緯や各国の利害、さらには民族、宗教なども含めると、かなり難しい運営が予想される。

今回のフランスの国民投票でも、EU憲法が是か非かというよりも、現在の政府の体制批判的な感情の方が大きかったような印象を受ける。
EUはヨーロッパ各国のゆるい連帯の状態がベストなような気がする。

May 26, 2005

Google買い増し

先週末、Google株を買い増したのだが、今週の月曜から火曜の午前にかけて株価がフィーバーしてまたラッキーなことになった。
そんなに大きな材料は出ていないようなので、不思議な上げである。でもここのところ上げ続けていることは確かだ。ほんの1ヶ月で30%ぐらいのプラスである。

強いて挙げるとすると、個人でカスタマイズ可能なポ-タルサイトについてのニュースとか、S&P500に採用されるのでは?というニュースぐらいか?
ポータルサイトについては、以前から少し情報はあったので、そんなに目新しいものではない。S&P500についても、まだ上場して1年も経っていないが、いずれは採用されるはずであるから、時期が早まるかどうかだけの問題である。

Google株は、企業の成長ペースに比べると株価がそれほど上がっていないように思えたので、買い増ししてちょっと勝負に出てみた。外国株に割り当てている資金の3分の1を超えてしまったが、ストップを入れて保険は掛けてある。

Googleについては、まだほとんどの人が全貌を理解できていないのが実情のような気がする。
アナリストの予想や株価の方が後追いで追いかけているような感じだ。
単なる検索サイトと思っていると判断を誤ってしまう。
かなり頭が良い人が集まっているように思える。

Googleのニュースサイトに関する配信側の新聞社の権利に絡むトラブルや図書館などの書籍の電子データベース化に関する著作権問題など、ネガティブな話題もあるが、今のところ致命的なものではなさそうだ。

Google買い増しの続きを読む

May 25, 2005

バークシャーが電力会社を買収

ウォッチリストに残っているバークシャー・ハザウェイが急騰していると思ったら、企業買収のニュースが出たらしい。
バークシャー傘下のミッドアメリカエナジーがパシフィコープを買収するようだ。最近は電力会社に力を入れている感じである。
お金はたくさん持っているのだろうけど、今の規模では何を買うかの判断は難しそうだ。

よく考えたら、バークシャーが持っている企業って身の回りにある必需品関連の企業がほとんどのような気がする。今となってはIT関連も必需品なのであるが、まだこちらには手出ししないようである。

Internaxxのインターフェース

ところで、Internaxxのウェブのインターフェースが4月にリニューアルされ、デザインが少し変わっている。
でも基本的なインターフェースはほとんど変わっていない。

今回、一番大きな改善点は、オンラインでEUR,USD,GBP,CADの各通貨間で両替ができるようになったことだ。今まではオンラインで両替ができなかった(電話で指示する必要があった)ので、とても不便であった。
両替時の買いと売りのスプレッドはEUR/USDで1%近くあり、決して安いわけではないが、海外銀行のレートとしてはこんなものかと思う。基本的に、ルクセンブルグの金融機関は手数料商売なので、この点は割り切る必要がある。

あと、いつの間にか、NY市場やロンドン市場の株取引では、ストップオーダー(逆指値注文)ができるようになっている。少なくとも今年の冬頃は、マーケットオーダー(成行注文)とリミットオーダー(指値注文)しかできなかったと思う。
日本のオンライン証券会社に比べると、インターフェースはかなり遅れている感じである。

Internaxxのインターフェースの続きを読む

May 24, 2005

ユヴェントス セリエA優勝!

わが贔屓チームのユヴェントスがイタリアリーグのセリエAで、2年ぶり28回目の優勝!!

20日の金曜日の試合でACミランが引き分けてしまったため、22日の日曜日の試合の前に優勝が決まってしまった。
イングランドなども同じような結果になったが、欧州のチャンピオンスリーグと自国リーグの両方の優勝を狙って獲ることはかなり無理がある。

ユヴェントスの場合、今季はACミランとの一騎打ちの様相がずっと続いて苦しいシーズンであったが、チャンピオンスリーグは準々決勝で敗退してしまったので、早めにセリエA一本に絞ることができて、最後の競り合いで力を出すことができた。
ACミランは今週の水曜日にチャンピオンスリーグ決勝という大一番があるので、両方に主力メンバーを使うことは不可能。実質的に5月8日の両者の直接対決(ミラノでのアウェー戦)で勝ったことでセリエAの結果はほぼ決まってしまった。
この試合は、デルピエロの意表を突くオーバーヘッドのセンタリング→トレセゲのヘッドで競り勝ったもの。デルピエロは一時の輝きは薄れたものの、こういう大一番で何かやってくれる才能はまだあるようだ。

しかし、カペッロはACミラン、ローマ、ユベントスと、監督をしたチームで必ず優勝しているような気がする。ある意味これは驚異的なことだ。たしかスペインのレアル・マドリーでも優勝しているはずだ。

ユヴェントス セリエA優勝!の続きを読む

May 22, 2005

KENさんのセミナー受講

今日は有意義な日曜日の午後を過ごせたと思う。

KENさんのセミナー、テキストが充実していて、これだけで元がとれそうだし、価値がある。
収益バリュー投資については、まともな話を聞いたのは初めてだったのだが、方法論としては納得のできる内容がほとんどで、参考にしていきたいことが多くあった。
収益バリュー投資の安全域の考え方というのが、意外に新鮮に感じられて、自分的にはポイントの一つであったと思う。これ以上はネタばれになるのでこの辺で。。

結局のところ、投資するかどうかは、自分の品定めに対して株価が割安か?というバリュー投資の原点に帰ることになるので、基本姿勢が重要だということを再認識した一日であった。

日本株は一部の株が売り指値にヒットして少しキャッシュができたので、ここらでちょっといろいろ検討してみることにするか。

May 19, 2005

債券高

ここ最近、米国や欧州では、投資資金が原油などのリスクの高いものからリスクの低い債券に流れ込み、国債などが高くなっているようである。
これにより、米ドルやユーロの長期金利がかなり下がっている。

株価については、3月ぐらいまでは上昇基調であったのに、上がり切る前に下降気味になってきている。
近頃の景気サイクルはどうもよくわからん。

う~む、自分には、このバカ高く、利回りの低くなった国債などに手を出す人の心理がどうも理解できない。社債などはGMショックの影響で不安定要素があるし。
思ったほどリスクが低くないのではないだろうか。
結局、行き場のない資金が消去法の結果で債券に集まってきたような感じなんだろうか?

債券高の続きを読む

May 17, 2005

海外投資用の資金

海外投資用の資金については、自分の場合、以前にも書いたが、野村の外貨MMFを利用して小遣いなどを地道に仕込んでいる。たまにはスポットで資金を投入することもある。

ここ1,2年は、米ドルが不調だったこともあり、海外送金する際の資金は、米ドルを外して、ユーロ中心で英ポンドを加える形にしていた。だが、最近は、米ドル中心にして、しばらくはユーロを外すように戦略変更した。

仕込みの際は、為替レート的に弱いトレンドの通貨を持っておく方が、後でその通貨が強くなってきたときには有利になる。例えば、2003~2004年あたりは米ドル、ここ最近はユーロを仕込んだ方が、後になって美味しいかもしれない。ただし、為替のトレンドがどれぐらい続くかはわからないので、判断が難しいし、結果論的にそうだったと言えるケースが多い。

特に、送金して投資用のベース通貨として使う場合は、弱いトレンドの通貨をベースにすると、株やファンドの購入などで他の通貨に両替する際に、相対的に目減りしていく可能性が高くなる。
そこで、現状では、ある程度為替のトレンドに乗っかって、強めの通貨をメインにする戦略をとっている。ただし、マネーファンドなどで蓄積する用途の資金には弱い通貨を入れることもある。
しばらく米ドルをメインにして様子を見てみることにする。

May 13, 2005

FXの考察(中長期投資になるか?)

tagayuさんのブログにコメントしたことをきっかけに、FXについてちょっと考えてみた。
このエントリの主題は、FXが外貨預金よりも有利な投資対象になるか? である。

FXの経験が豊富な人ほど、スワップ金利狙いについて強く否定する人が多いような気がしている。
それは、理論的に、スワップポイントは得でも損でも無いからだ。
スワップポイントは、二通貨間の金利差や先物市場との関係などによって決まるようである。
まあいってみれば、取引の中立性を保つためのハンデみたいなものだな。
でも、為替王さんのように、どちらかというと肯定派のような人もいる。

ここではそのような理論的なことはさておき、儲かりそうかを独自の考えでみることにする。
自分は天邪鬼なので、逆にどこかの歪みをついて儲けることができないか?と検討してみたりしている。

やはりFXのプレーヤーの大多数は、短期売買でキャピタルゲインを狙う人だと思う。
結局のところ、その同じ土俵の上で、インカムゲインを狙って、多くの人の間隙を突いて儲けることができるかどうかだ。
たとえるなら、短期売買をしている投資家が大多数である超大型株を、配当の利益を狙ってじっと買い持ちしているようなものに近いと思う。

短期売買では、上昇にしろ下降にしろどちらかに値が大きく動かないと、多くの利益が得られない。一方向のトレンドが形成されると、それに乗っかっていくのが正攻法である。逆張りでは、かなり資金に余裕が無いと、討ち死にする可能性が高い。
これとは逆に、スワップ金利で儲けるには、高金利通貨を買い持ちして、為替レートが狭いボックス圏にとどまっている(理想的には為替レート一定)必要がある。

FXの考察(中長期投資になるか?)の続きを読む

May 12, 2005

欧州株の配当

そういえば、5月に入って欧州株の配当が少し入っている。
5月4日にはLloyds TSB株の配当が、5月11日にはING株の配当がそれぞれ口座に入金されていた。配当はオンライン証券会社の口座に直接キャッシュで入金されるので便利である。

Lloyds TSBの配当は、1株あたり23.5ペンスで、5/4の株価(終値)461.5ペンスで配当利回りを換算すると、5.09%である。Lloyds TSBは半期の中間配当があるので、1年分の配当は1株あたり34.2ペンスであり、年換算の配当利回りは7.41%となる。
以前にも書いたように、Lloyds TSBの配当は高い方だと思うし、銀行口座の手数料をまかなう意味であてにしている。最近は株価が低めなので、配当利回りはさらに高くなっている。

INGの配当は、1株あたり0.58ユーロで、5/11の株価(終値)21.22ユーロで配当利回りを換算すると、2.73%である。INGも半期の中間配当があるので、1年分の配当は1株あたり1.07ユーロであり、年換算の配当利回りは5.04%となる。

欧州株の配当の続きを読む

May 6, 2005

英国下院選挙結果

5月5日は子供の日であったが、英国では下院選挙が行われている。
日本ではほとんど話題になっていないが、結果は事前の予想通り、ブレアの労働党の勝利。とは言っても、議席数は大幅に減らしたみたいだけど。

結局のところ、あまりインパクトの無い結果なので、マーケットはあまり反応なし。
自分の場合、FT.comを毎日のように巡回していることもあり、また、英ポンド相場やロンドン市場の結果はポートフォリオにある程度影響を受けるので、英国の事情はそれなりに見守っている。

英国は経済が依然として好調を持続しているので、イラク問題でマイナスポイントが大きかったとしても、ブレアが信任されるのは当然なのかもしれない。
でも、EU憲法の批准の国民投票の結果によっては、政権交代はあるだろうけど。あと、経済の好調がいつまで続くかはわからないしね。

英国でEU憲法が批准されるかどうかはかなり興味がある。
ユーロの導入は当面しばらくは無さそうであるし。結果論としては、ユーロに加わらずに自国通貨の英ポンドを維持していることが、英国経済にプラスになったと思う。
自分は一時期、欧州の主要国で英国だけポンドなのは面倒くさいので、早くユーロにならないかなと思っていた。が、今現在では、しばらくはポンドのままでいてくれた方が個人的にはいいかなと思っている。

もし将来的に英ポンドもユーロに変わるときが来るのなら、その時期の見極めはとても重要になってくる。

May 3, 2005

ワールドカップ予選の第三国開催

ワールドカップアジア予選の北朝鮮とのアウェイ戦がFIFAの裁定により第三国で開催することになった。

以前から知り合いとの話で半分冗談で言っていたことが本当になってしまった。

欧州の各国リーグ戦などでは、サポーターの騒動などに対する罰として中立地で開催することはたまにある。
ワールドカップの予選ではそんなに多くの例は無いのではないだろうか。

自分は生観戦からはしばらく遠ざかっているけど、知り合いには北朝鮮観戦ツアーに一応仮申し込みしていた人がいる。まだ正式に値段も発表されていなかったようだったので、どうなっているんだろう?と話していたところだった。
個人的には、たとえ自由に観戦に行ける状況だったとしても、北朝鮮には興味が無いし、欧州ツアーよりはるかに高そうなツアーに行く気は全く起こらない。
だが、好きな人にとってはせっかくの貴重な体験ができる機会が無くなってしまって残念だったかな。

今のところ、北朝鮮の協会からは上訴の動きは無いようである。
まあどこでやっても結果として勝ってくれればOKなんだけど。

しかし、今どきのプロ選手にとって、観客なしで試合をするというのはどういう感覚なんだろうか? ホームの応援も、アウェイのブーイングも、どちらも無いと気持ちの盛り上がりに欠けるだろう。大昔の日本リーグではそれに近い状況はあったと思うけど。

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.