July 31, 2005

永遠の旅行者

橘玲の永遠の旅行者 (上) (下)をようやく読んだ。

どうしても前作のマネーロンダリングと比べてしまうが、ストーリー的には前作よりは進化があるかな。キャラクタ的には前作と似たような感じだ。
自分的には、もう少しカット(場面)を省略して1冊にまとめた方が良かったと思う。単行本2冊にするような大作ではないだろう。
言いたいことがいろいろとあるような気持ちはわかるんだけど、もっとポイントを絞ったほうが好感が持てる。

前作を読んだ人は、途中で同じような展開を想像してしまうけど、その点では最後の方で裏切られる。前作のイメージがある人はこれに引っ掛ってしまうが、純粋にこの作品だけを読むと、よくある結末なのかもしれない。
橘玲の小説は、サスペンスとしては楡周平のテイストに似ているように思う。

次回作ではモナコやスイスを舞台にしたものを希望。
作者はまだその域までは資産を築けていないのかな。欧州のこの世界は金だけの問題では無い面もあり、敷居が高そうだが、ぜひチャレンジしてほしい。

昨年ぐらいからAICでやたらハワイ関係の本やサポート業務の話が出てきたと思ったら、ハワイを舞台にしたこの小説が刊行されたりなど、かなりベタな関係のようである。

結局のところ、相続税などの難しい問題を含む租税を回避するポイントは、小説のタイトルであるPTに行き着いてしまうという、やっぱり(ガッカリ)という結果になるようである。まあこれはある意味仕方ないかも。
小説の場合のように、相続人や被相続人の死亡時点など、タイミングに左右されるところもあり、絵に描いた餅的なところもあるが、頭の体操には良さそうな感じだ。

永遠の旅行者の続きを読む

July 29, 2005

株価は人気投票

ある意味、株価は人気投票だなということを再度実感。

プラップジャパン(2449)は完全に失敗。
というのも、ここまで人気が無いことは想定していなかったので、指値を高めに置いたままにしていて即日ヒットしてしまったのが原因。
IPO銘柄に手を出してしまったのが、そもそもダメなところだけど。

IPO銘柄は良さげに思えても株価が落ち着いてから再検討すべし、というのが鉄則であるな。
こういうのは頭でわかってはいても、一度身をもって失敗しないとアホな頭には刷り込まれないようだ。
いい経験だったということにしておこう。

人気が上がれば、株価がかなり高くても買う人はいるが、人気が無くなると、どんなに安くても買う人は少ない。
これは自明のことなんだろうけど、ついやってしまう人は絶えない。
市場のカモになっている自分にイエローカード。

株価は人気投票の続きを読む

July 28, 2005

負けない投資

ごく個人的な思いとして、

  過去において「負けない投資」は、将来においても負けない確率が高い。

  過去において「勝つ投資」は、将来において負ける投資になり得る。

というのがある。

July 27, 2005

データの呪縛?

最近、天気予報が当たらなくなったと感じるのは自分だけだろうか?

週間予報などは見事に外れるし、明日の予報なんかも結構外したりする。ひどいものだ。
昨日の関東地方への台風の進路予測も外れてしまったし。
昔の気象庁だけが大雑把な予報をしていたときの方が、有用だったような気がする。

これはナゼなのか?
素人が勝手に推測すると、
 (1)いろんな気象予報士が独自に予報すること
 (2)局地予報などの細かな予報をしすぎること
 (3)データがたくさんありすぎて予測結果のバラツキによって結果的に外れること
 (4)過去データが手薄な事象の予測は信頼度が落ちること
などがまずは思い浮かぶ。

今なら、多くのデータをスーパーコンピュータなどにぶち込んでグリグリ計算させれば、いろんなシミュレーションができると思う。
結構(3)あたりが一番の理由だったりして。。。

異常気象という言葉で片付けてしまうのは、予報士が自ら負けを認めているようなものだと思うし。

データの呪縛?の続きを読む

July 24, 2005

東急ハーベスト

自分の勤務先が法人会員になっているので、東急ハーベストクラブの施設はたまに利用する。
大人が1泊1人3,360円、子供(4~6歳)が2,100円、3歳以下は無料である。いい施設がかなり安価な料金で利用でき、とてもお得である。

しかし、これを個人で購入して会員になろうとすると、新規のところだと1口400~500万円するし、年会費などが10万円弱ぐらいかかり、さらに上記の宿泊料が必要になる。

お金が余っていても買う気にはなれない。
以前このブログでふれた安間伸のホントは教えたくない資産運用のカラクリ (3) 「錬金術入門」篇にも書かれているが、小口化の錬金術において、一棟所有>区分所有>タイムシェアリングの順で不利になる。
自分的にはどう見ても年に何回か高級旅館や高級リゾートホテルに泊まったり、海外のリゾートに行った方が割に合うと思う。

オーナーになったという満足感もそんなに得られないだろう。
法人会員や株主優待券で利用するわれわれと特に区別はなさそうだし。お盆や年末年始はホームの会員でも希望通りの予約は簡単にできないみたいだし、そもそも自分らはそんな激混みの時期にリゾートに行こうと思わない。

いや、でも施設はいいところが多いので、悪くはないんだけど。購入は特におすすめできない。

東急ハーベストの続きを読む

July 22, 2005

中国人民元の切り上げ

昨晩の一番の話題は中国人民元の切り上げのニュース。

って言っても、各所でずっと語られていたことだし、想定の範囲でないのか?
その時期がきただけだ。
切り上げ幅はとりあえず2%ぐらいなので、これも中国の戦略からすると思ったとおりか少ないぐらい。
とりあえず裁定が働いて、ほぼ自動的に2%ぐらい米ドル安円高に振れた。これは自明の結果。
これからどこまで円高が進むかがマーケットの注目ポイント。

人民元(英語ではrenminbi、略称RMB)の切り上げは、中期的には米ドル買いではないかと思う。
最近、円安がずっと進んでいて、外貨の仕込みができなかったが、絶好の米ドルの仕込み時のようなので、まずは中国政府に感謝。

そういえば、いつのまにかユーロも対米ドルでかなり戻している。英ポンドはまだ安いみたいだが。

中国人民元の切り上げの続きを読む

July 21, 2005

Googleは↑か↓か?

米国市場では、先週から今週にかけて第2四半期の業績発表ラッシュである。
Yahooは好業績にもかかわらず、株価は急落。
Googleも20日はYahooにつられて下げかけたが、引けにかけて急に上がりだして高値を更新、$310を突破した。時間外でも上がり続けている。$316あたり。

さて、現地21日の夕方にGoogleの第2四半期の業績発表があるが、株価は上がるのか? それとも下がるのか?
20日の動きをみているとそのまま上がりそうな気はするが、そうなると3ヶ月前と同じ祭りの始まりである。
逆に、市場の期待よりも悪い結果だと急落する可能性もある。

Googleは↑か↓か?の続きを読む

July 18, 2005

理論株価

最近自分がよく訪れているブログに株価変動総合研究所という所がある。

ここは、近頃注目されることの多い不動産流動化関連やデジタルコンテンツ関連などの銘柄についての話題が多く、ファンダメンタルズベースで考察したコメントが読める。
7月17日のエントリに不動産流動化関連の理論株価予測について書かれている。

理論株価については、特に成長株では、将来の業績予測をどう見るかによって、どのような結果にもなり得るが、ここで算出された理論株価はそれなりに妥当性がありそうにも見えて、興味深い。

理論株価の続きを読む

July 17, 2005

子供の1歳誕生日

うちの子供もようやく1歳になったのでお祝い。
昔に比べて乳児の死亡率が減ったとはいえ、やはり1歳まで無事に育つとなんだかホッとする。
生まれたばかりの頃はすぐに壊れそうなぐらいに小っちゃくて弱そうだったのに、今では少し憎たらしさを見せるほどになっている。

一升餅とケーキを買って誕生日のお祝いをした。
おじいちゃんおばあちゃんからはバンビのガールフレンドであるファリーンのぬいぐるみをもらって、さっそくタグなどをかじっていた。


一升餅は、名前の通り一升のもち米でついた餅で、直径20cm弱、重さ2kgぐらいある。子供が持つととても大きく感じる。
誕生祝餅、一生餅、背負い餅、踏み餅などとも呼ぶようである。
この餅を子供に背負わせたりして祝うらしい。
まだちゃんと立てないし、おすわりの状態でも重さでひっくり返りそうになる。

CIMG0622.jpg


1歳まで無事に成長したことをお祝いするとともに、一生健康に育つように、一生食べるのに困らないように、などの願いもこめているようだ。

お餅にお願いするだけでなく、経済面では自分の本業プラス投資の実績と子供への教育が鍵になってくるかな。あとは感謝の気持ち。
ちなみに、うちでは学資保険などはやらずに、さわかみファンドを本人名義で少しずつ積み立てている。

子供の1歳誕生日の続きを読む

July 13, 2005

橘玲の新刊

また本の話題になってしまうが、橘玲の新作の小説が出るらしい。

永遠の旅行者 (上) (下)

7月25日に幻冬舎より発売予定で、アマゾンでも予約中である。
上下巻に分かれていて、ちょっと大作のようだ。1冊1680円といい値段してるし。
正確なタイトルは「永遠の旅行者 The Perpetual Traveler」のようである。

Perpetual Traveler, これはPTと略して言われることも多く、定住地をどこの国にも置かずに永遠に旅行している状態にする生き方である。
つまり、居住者としてどこの国にも住所を持たないので、どこの国に対しても非居住者となり、税金を納めないことになる。逆にいうと、どこの国にも義務を果たさないので、何かあったときに権利を主張することができないが、お金をたくさん持っていればおいしい生き方ではある。

マネーロンダリングの続編ということになっているが、主人公は変わっているようだ。

橘玲の新刊の続きを読む

July 11, 2005

優待と配当

最近、消費欲があまり無い(投資欲はあるが)ので、自分的には、株主優待についてはあまり魅力を感じない。
金券などを使うのが面倒くさいと感じてしまう。オークションで売るなんてもっと面倒くさい。
株主優待を出すぐらいなら、まだ配当でもらった方がマシだと思うが、税金を引かれてしまうので、あまり嬉しくない。

そういうわけなので、まだまだこれから資産増大を遂行中の自分としては、利益を内部留保して有効活用してもらって1株あたりの価値を高めてもらうのが一番良いと思っている。
とはいっても、利益が毎年積み上がっていって、それを有効活用して殖やしていける有能な経営者がいるような、そんなに都合が良い企業はあまり無いとは思うが。

それで自分の場合、現段階では配当や優待にはあまりこだわっていない。

優待と配当の続きを読む

プラップとダヴィンチ

先週ちょっと書いたプラップジャパンは今日も大きく下落。ここまで簡単に落ちるとは思っていなかったので、買い注文は約定した(1590円)が、ちょっと高値掴みになってしまったかもしれない。
ちなみに、先週の終値が1721円、今日の始値が1732円、高値が1774円、安値が1521円、終値が1530円(前日比-11.10%)である。公募価格が910円で、初日の最高値が2100円。

しかし、寄り付きあたりで買った人、まさか今日になってから日経のニュースで上方修正を知って成行買いなんかしたのかな? そうだとしたら、かなりオメデタイ。
Y掲示板などを覗いてみると、何も考えずに株売買をしている人が結構多そうなのでビックリする。
自分の方がまだマシなカモであることが認識できたので、少しはおこぼれにあずかれるのではないかと淡い期待。
でもここは中長期でホールドのつもりだけど。

プラップとダヴィンチの続きを読む

July 8, 2005

ロンドン爆弾テロ

イングランドは爆弾テロが多い、というのが個人的な印象である。「またか」と感じたのは自分だけだったのだろうか。

IRAが活発に動いていたときは、ロンドンの地下鉄爆弾テロはよく起こっていたような印象がある。
自分も、96年にイングランドで開催されたサッカーのヨーロッパ選手権(EURO96)を観に行ったときに、マンチェスターの市街地で起きた爆弾テロでちょっと足止めをくったことがある。
リバプールからマンチェスター経由でリーズまで列車で移動中に、マンチェスターに着く手前で起きたようだった。マンチェスター駅で列車は止まり、全てのダイヤが一時運休。駅から市街地までは少し距離があるようだった。構内放送で何度も繰り返されるアナウンスの語尾の「cooperation」という単語が耳に残っている。
1時間程度だったか、しばたく時間が経って運転再開になり、当日観戦予定の試合会場にはちょうどキックオフ時間直前に滑り込むことができた。

自分の意識の中では、こういうのは天災と同じ類のもので、遭遇したら運命として受け入れるしかないかと思っている。
日常生活でも、旅行中でも、いつどこで災難に巻き込まれるかわからない。なるべくリスクが少ないようにするのがベストであるが、生きている限りリスクゼロはありえない。

ロンドン爆弾テロの続きを読む

July 7, 2005

資産運用のカラクリ

一部の投資家の間では有名な安間伸 氏の著書、資産運用のカラクリのシリーズは、全て購入して読んでいる。

少し前に出た3作目、ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (3) 「錬金術入門」篇も楽しんで読み進むことができた。

この人、ウェブの内容はちょっとつかみどころが無いところがあるが、本の内容はタイトルのイメージとは違ってマトモなことがいろいろ書いてある。
読む人によってはふざけた感じに受け取れるかもしれないが、投資において重要な考え方が各所に示されている。決して回し者ではないが、3冊ともぜひ読んでみた方がいいと思う。
結果的に投資で利益を残そうと思ったら、必要となる要素がいろいろとわかり易く書かれているから、タメになることが多い。

3冊目では、「錬金術≒資産運用≒裁定取引」というのは、全くもってそのとおりだと思う。ただし、実際に実行するためにはそれなりのハードルがあると思うけど。
また、後ろの方にある「裏目じじいの逆を張れ」はすごく的を射ていて、笑いながらも参考にできるテーマである。自分にも当てはまっていないか振り返ってみるのもいいかもしれない。
あと、「投資は長期的に逆張りが有利」というのは、現在順張り方向にいる自分には耳の痛いところであるが、確かに納得できる。結局、順張りだとオッズ(収益率)が小さくなるのでたとえ勝率が高くても期待値が小さくなるということである。

資産運用のカラクリの続きを読む

July 4, 2005

月次パフォーマンス

個人投資家のブログで、月毎のパフォーマンスを開示しているところが多い。
自分の場合、月次のパフォーマンスを気にしたことが無いし、何かと面倒なので公開するつもりは今のところない。
いちおう、大まかなパフォーマンスの把握はしているけど。

個人投資家の場合、月毎のパフォーマンスなんてほとんど意味が無いと思う。しかし、自分の好パフォーマンスを誇示したいとか、他人様のパフォーマンスが気になるとか、ニーズはそれなりにあるようには思う。

逆のデメリットとして、心理的に、どうしても短期のパフォーマンスが気になってしまうということがある。
月毎のパフォーマンスを気にするあまりに、短期で手っ取り早く儲かりそうな銘柄を追ったり、短期売買に走ってしまうなど、愚かな手法をとってしまう危険がある。
また、無意識のうちに、全期間に渡って、全銘柄で勝たなくてはいけないなどと、勝手に変なプレッシャーをかけてしまう危険もある。
また、投資において失敗の元になる横並びの意識を持ってしまうこともあると思う。

これは自戒を込めてやってはいけないことだと思う。
個人投資家は、四半期毎などで評価を受ける機関投資家とは違い、あまり投資期間にとらわれる必要が無いという大きなメリットがある。自分の想定した投資期間で目標とするパフォーマンスが得られれば良いわけで、途中で少しぐらい失敗しても、結果がよければすべてOKである。

月次パフォーマンスの続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.