August 31, 2005

日経新聞の威力

日経新聞は一応ほぼ毎日見ている。
新聞記事は参考程度にしてあまり真に受けない方が良いのであるが、他の新聞に比べれば読むところは少しあるし、何かと利用価値がないわけではないので、定期購読している。
掃除やゴミ出しで新聞紙やチラシが重宝することもあるし。

日経新聞の記事によって株価が動くことがあるが、かなり威力はあるのだろうか?
例えば、ダヴィンチの場合、先週の8月27日土曜日の朝刊に例の1兆円ファンドに関する記事が出た。
1兆円ファンドのことは、ホルダーやウォッチしている人にとっては特に目新しい情報は無い。

ダヴィンチの最近の株価の動きは以下の通り。
8月中旬頃から下降トレンドが続いていた。

8/24(水)  333000  -9,000  -2.63%
8/25(木)  311000 -22,000  -6.61%
8/26(金)  330000  19,000  6.11%
8/27(土)  <日経朝刊に記事掲載>
8/29(月)  352000  22,000  6.67%
8/30(火)  350000  -2,000  -0.57%

いかにもな感じの株価の上昇ぶり。
記事を見て買った人がいるのだろうか? これだけ反応があるのは興味深い。
やっぱり買い増ししようかと先週から資金の準備を始めていたが、タイミングを逃してしまった。
だが、まだ弱気の方が優勢な雰囲気があるので、もうひと押しあってもおかしくはない。

日経新聞の威力の続きを読む

August 25, 2005

銀河高原ビールが無くなる?

今日のGoogleニュースで一番気になったのが、日経新聞の「東日本ハウスが銀河高原ビールを清算へ」の記事。

ところで、銀河高原ビールって東日本ハウスの子会社だったんだね。ずっと愛飲していたけど、不覚にも全然知らなかった。
1996年の創業以来、ずっと赤字が続いていたようだ。
12月後半から清算手続きに入って半年程度で終了する予定らしい。
採算を取るには中途半端な規模なのかもしれない。

ここのところ、銀河高原ビールのヴァイツェンを家に常備して飲んでいたのに、来年はもう飲めないのかな。
最近は白系のビールが好きなので、近所のスーパーで買える手頃なヴァイツェンが無くなってしまうのは、本当に本当に惜しい。

銀河高原ビールが無くなる?の続きを読む

台風

今年は関東地方によく台風が来るなあ。

自分は福岡育ちなので、台風や雷は結構慣れている方だと思う。
でも、福岡の場合、あまり直撃コースには当たらないので、南九州のように毎年どこかで被害を受けるようなことは無かった。

今年は水不足の四国に分けてあげたいのだけど。。。

幸い、我が家は災害には強い方かもしれない。
先日の地震でも、それなりに大きく揺れたが、人形の一つも倒れなかったようだし。
周りはほぼフラットな地形なので、土砂崩れするようなところも無い。
もし浸水したら、、、そのときは東京の何割かが水没しているだろう。

一番恐れるのは、地下鉄を毎日利用していること。
地下鉄は地震にも大雨にも弱い。ときどき駅や線路が冠水することがある。
テロにも弱いか。。
まあ、電車が止まっても職場から家までなんとか歩いて帰れないこともない距離だ。

台風の続きを読む

August 23, 2005

次世代DVDの規格統一断念

今朝のロイターのニュースで、次世代DVDの規格統一に向けての協議が事実上決裂し、新規格による方式統一が困難となったという報道があった。
現状では、ソニー、松下などのブルーレイディスク陣営と、東芝などのHDDVD陣営とに分かれており、これを統一するために両陣営が歩み寄る協議が進められていたが、どうも無理だったみたいである。


恐れていたことが現実に。。。 かなり落胆。

次世代DVDの規格が並立すると、ユーザにはデメリットばかりで何のメリットも無い。
見たい映画の配給会社の系列によって、別のプレーヤが必要になったりする。

技術的には、ブルーレイの方が良いと個人的に思う。
次世代というからには、何かブレークスルーがほしいところ。HDDVDでは限界がすぐに見えてきそう。

ブルーレイディスクは光学的にハイスペックが要求されるので、ブルーレイ用のピックアップやディスクを作れるところは限られてくる。このため、光学系の規格にブルーレイが採用されると、企業の選別と寡占化がかなり進んでしまう。
逆に、HDDVDでは、プレーヤ側で高密度化対策がいろいろ必要なため、プレーヤの開発が難しいようだ。

資本的には、既存の設備をある程度流用できる方が良いのはわかっているが、技術の進歩が変な方向へ進むのは大きく反対。

次世代DVDの規格統一断念の続きを読む

今ごろ中国株、インド株 <2>

前回の続き。

インドは判断が難しそうだが、様子を見て好調持続ならついていきたい。

インド株は、タタモータース(Tata Motors Ltd.)[TTM]やヴィデシ・サンチャ・ニガム(Videsh Sanchar Nigam Ltd.)[VSL]などを物色。どちらもタタグループの企業で、NY市場のADRである。これも踏み上げ太郎さんからのパクリ。
インフォシスなどのIT系は高すぎて手が出ない。

VSNLはインドの国際通信会社であり、国内には競合が無いともいえる。7月に株価が急騰していて、一般的には売り推奨の状況だが、逆に少し下がったところでちょっと買ってみた。確かに急落の可能性もある。
しかし、世界最大の海底ケーブル網を持つタイコ・グローバル・ネットワークを買収し、その後にカナダ系の通信会社のテレグローブを買収したりなど、かなりファンダメンタルに変化があるので、そんなべらぼうな高値とは思えないし、これからの収益に期待を持ってもよさそうな気がした。腐っても世界の通信網の根っ子の部分を持っているのだから。
タイコ・グローバル・ネットワークなどの重要なインフラ企業を、外国企業へ売却することを許可した米国という国は、かなり度量が大きく、太っ腹だ。

今ごろ中国株、インド株 <2>の続きを読む

August 22, 2005

今ごろ中国株、インド株 <1>

今ごろになって、中国株やインド株にも投資することに。

中国株については、一時のブームは完全に過ぎ去り、今年に入ってペトロチャイナなどは堅調に推移していたが、最近は原油価格も一段落してペトロチャイナを始めとして石油関連株が下がり気味である。

個人的には、通信関連は好みであるし、これからもまだ有望に思えるので、チャイナテレコム[CHA]あたりを買ってみた。チャイナモバイル[CHL]はちょっと高めだし、中国国内での第三世代の携帯電話網の再編を見込むと、固定系の方が上昇余地がありそうな感じである。ちなみに、NY市場のADRでの取引。
チャイナテレコムはチャイナモバイルの好決算につられて株価が上がっているので、ちょっとヤバそうなところもあるが、まずは年末ぐらいを目処に様子を見てみようかと思う。

エマージング市場については、踏み上げ太郎さんのブログなども参考にしている。ブログに書かれていることを参考にしながらも、その逆をやってみたりもして。
市場全体の状況や個別銘柄の情報はかなり参考になる。


中国の保険や不動産関係は傍観するだけ。また、現地市場の中小型株は自分には怖くて手を出せない。
NY上場企業なら公開されている数字にはそれなりに信頼性があると思うので、買ってもいいかなと。
タイミング的には、まだこれから市場全体が下がりそうな気もするが、Google売却分をあまり長い間キャッシュで置いておくのは主義に反するので、ギャンブル要素があるところを敢えて手を出してみた。
こういうときは、自分の直感とは逆方向に戦略をとってみたりする。

今ごろ中国株、インド株 <1>の続きを読む

August 16, 2005

不動産流動化の続き

今日はダヴィンチが大きく下げた。といっても、-21,000円(-5.77%)で死ぬほどではない。含み益はかなり減ったけど。


やっぱりそう来ましたか。一見地味な中間決算だったので下がるかとは思ったが、売りがさらに売りを呼んだ感じ。
今日の市場の結果しか見ていない人の感想はこんなもん。

さわかみファンドを一部解約して買い増し資金作ろうかなどと皮算用するもう一人の自分がいたり。

また改めて中間決算短信や説明会資料を見たけど、ダヴィンチの収益の柱は不動産ファンドのアセットマネジメントフィーといってもよい。
これは、一般の投資信託の信託報酬と似たようなもので、ファンドの運用額に対して何パーセントかの運用手数料をとっているもの。例えば、川上戦略で挙げられている私募の一任型ファンドではエクィティ金額(出資金額)の1.5%。
つまり、ファンドの運用額が大きくなればなるほど、利益が生まれることになる。

よって、基本的には、不動産をいっぱい仕込んで多くのファンドを組成し、投資家に投資してもらえれば、ダヴィンチの収益が上がる。
ファンドを組成して売り続けることができれば、ダヴィンチの勝ちである。
不動産をどれだけ仕込めるか、投資家をどれだけ確保できるか、などの見極めが重要になりそう。
そのうち限界が見えるので、その後の戦略なども聞いてみたいものだけど。

結局のところ、金子社長の手腕にかかっているというありきたりの結論か?

不動産流動化の続きの続きを読む

August 15, 2005

不動産流動化

自分も不動産流動化銘柄としてダヴィンチ・アドバイザーズに少額ながら投資している。
不動産流動化って、錬金術っぽくってなんだか少し怪しげな雰囲気があり、こういうのは自分的に結構好きである。

なんかよくわからないけど、儲かりそうで、株価が上がりそうでしょ?

それだけで投資している訳ではないが、そういう一面があることは否定しない。
でもインターネットをいろいろ見ていて、不動産流動化の内容について本当に理解している人って、あまりいないのではないかと思っている。自分も理解しているとは到底言えないのだが。。。
社長と少数の幹部しかわかっていなかったりして。
でも結果として、利益が大きく成長し、株価が上昇しているのは確か。

ところで、今日は引け後にダヴィンチの中間決算発表があったけど、好決算ではあるものの、特にサプライズは無し。明日株価はどっちに動くかは不明。

最近、不動産流動化銘柄は軟調であるが、その理由の一つとしてJ-REIT指数が下落しているというのがあるようだ。

ここでよく考えると、REITってそもそも、不動産を証券化してオフバランスさせることに意味がある。投資家にリスクを負ってもらっているわけだ。その代わり、不動産の有効活用、不動産投資機会の創出、リスク分散など、双方にとっていいことはある。
だから、REITの価格が少しぐらい下落しても、発行体はほとんど傷を負うことはないはず。自分の持分は少し減価するけどね。
また、都心の地価が下落傾向に転じたとか、オフィスの空室率が上昇しているといった話は今のところ無さそうである。

不動産流動化の続きを読む

August 11, 2005

トレーダーにはなれない

著名で優秀な個人投資家の方が、それも複数の方が、四半期決算ごとに市場が過剰反応する世知辛い時代に対応して、投資戦略を立てるというようなことを書かれている。
たしかにごもっともな話であるが、自分には無理そうだ。

だって、それじゃあ一般のトレーダーのやり方とほとんど同じになってしまうから。
相当うまくやらないと勝ち目は少なそうだ。時間もとられそうだし。
単純にモノマネすると痛い目にあうかもしれない。


<以下は、自分のような凡人に関しての記述であり、達人の方には当てはまりません。為念。>

3ヶ月ごとの四半期決算では、よほどのことがない限り、冷静に見ると大きなサプライズというのは起こりにくい。何かその前に兆候が見えるはず。一企業が3ヶ月で急変するのは難しい。
そこでサプライズがあったら、自分の分析、見込み、皮算用が間違っていたということ。素直に負けを認めて退散するというのはアリかもしれない。
また、四半期決算などのあまり短期の数字を追いかけ過ぎると、大きな流れを見誤ってしまう危険もある。
自分の分析に間違いがないとしたら、急落なら買い(資金がなければ静観)、急騰なら売り(欲が突っ張っていたらもう少し待ち)が正解だろう。
で、これにいちいち反応するのはしんどいので、大きく動かなければ基本的にスルーでいいと思う。
だって、そのために中長期の視点で判断し、いちおうリスクなども考えたりして投資するわけだから。

忙しく動かないと負けてしまうようなら、そのような銘柄は基本的に投資対象から外すのが賢明だろう。
常に全銘柄でプラスを目指す、とか、毎月必ず結果(利益)を出さなければいけない、とかなら別だけど。
季節要因による変動が大きな銘柄は、それを利用して儲けるというのもアリだろうけど、毎年同じようにいかないのが世の常である。

トレーダーにはなれないの続きを読む

August 8, 2005

郵政民営化法案

大方の予想通り、参議院で郵政民営化法案は否決。臨時閣議で衆議院解散を決定。

実は、政局の混乱を嫌気して、日本株が大きく下げたりしたら、日本の個別株は全部清算して、さわかみファンドだけにしようかと思っていた。
先日、さわかみファンドが最善手みたいなことを書いたが、半分冗談で、半分本気だった。

今日の日本の新興市場は、前場で下げたものの後場になって持ち直し、高めで引けた。やれやれ。
だって、企業の業績は好調なところが多いのに、こんな理由で株価が崩れる市場には付き合ってられないかと。
日本の場合、政治の茶番と優良企業の業績とはあまりリンクしないと思う。
投機的には美味しいところが満載かもしれないが、自分にはそんな頻繁に株価に対応して売買するための時間を割くことができない。

郵政民営化法案の続きを読む

サウジの国王

先週書こうと思って時間が取れずに書けなかった話題。

8月1日にサウジアラビアのファハド国王が死去した。後継には異母弟のアブドラ皇太子が新国王になることに。実際の権限は生前にかなり委譲されていたようなので、大きな混乱は無さそうである。
年齢は諸説あるようだが、日経の記事によると、死去したファハド国王が84歳、後継のアブドラ新国王が82歳と、かなりの高齢である。また、新皇太子はスルタン国防航空相で、この人も81歳と高齢だ。

サウジアラビアって、1932年に建国されているのだが、建国者であるアブドルアジズ初代国王の後は、その息子たちの第2世代でずっと国王を継承しているのである。
ちなみに、アブドラ新国王は第6代である。

う~む、この状況って、また戦争でも起きなければ、若い世代に権力が移るまでにかなりの時間がかかりそうだ。っていうか、国王になる前に死んじゃう王族も多そうである。
アラブの王族って子孫が多いし、生き延びて国王になるには多くの困難を乗り越える必要がありそうだ。王族に生まれてもそれなりに大変なのかもしれない。
でも権力にこだわらなければ、お金は使い放題だろうし、悠々自適に暮らせそうだ。


ここしばらくは石油の値上がりで国際市場は沸いているが、サウジ国王のニュースはあまり大きく取り上げられていない。
OPECの力は相対的に落ちてるとはいえ、サウジなどの影響力は無視できないだろう。
体制が変わらないということで、今は扱いは小さいけれども、現在の権力者層の構成はそう長くは続かないことは明らかであるから、大きな変化は起こり得ることかもしれない。

サウジの国王の続きを読む

August 4, 2005

潮目が変わった?

日本の株式市場は潮目がちょっと変わってきたかな?

日経平均の上昇のニュースがあったと思ったら、新興市場の中小型株は昨日から軒並み下げている感じ。
中小型株に関して、昨年の終わりごろから今年の前半にかけて上がりつづけていたトレンドは一旦終わるのかもしれない。

こういうときはバーゲンセールでめぼしいものを拾うのが良いのだが、特に予定が無かったし、無理してキャッシュをかき集めるのも主義に反するので、このまま特に何もしないというつまらない戦略になりそうだ。
これでメシを食っているわけでもないし、ちょっとパフォーマンスが下がるとしても、自分のような立場では相場にいちいち反応しないという手もアリなのではないかと思う。

潮目が変わった?の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.