September 28, 2005

SONY製品とソニー株

以前のエントリーの続きでソニー製品の話。

前にも書いたように、自分はソニー製品は嫌いではない。特に昔は好きな方だった。
実際に、我が家にあるテレビは2台ともトリニトロンである。広い家ではないが、フラットテレビにしなければいけないほどスペースに困ってないし、そんなに大画面も必要ない。省エネ??長時間見ないで消せばいいのでは。。
テレビはあればあったで見てしまうが、無くても特に困らないかも。PCは無いと非常に困るけど。
VHSが嫌いで、再生用しか持ってなくて8mmビデオをずっと使っていたし。

ソニーの場合、昔から独自路線の規格を推し進めて市場を開拓するような手法がメインだったと思う。このような方法はもう時代に合わなくなってきているのかもしれない。
つまり、ハイテク製品でも販売サイドや買い手が主導的になって値段が決まるし、買い手の支持が得られなければ売れずにマイナーな存在に成り下がってしまう。

あと、クオリアシリーズなどを始めたりした頃から、ちょっとヤバイ方向にいってるかもと思っていた。
トヨタがレクサスを始めたのを見ても、考え方としては間違っていないと思う。
問題だったのは、始めた時期と商品ラインナップが悪かったのかなあと勝手に解釈。
高級なAV製品というのは、なかなか成立しにくい。すぐに内蔵している技術が陳腐化してモノの価値が無くなってしまうから。例えば今ならお金持ちが大金払って買ってもいいと思っているのは大画面フラットテレビぐらいだろう。これも1,2年でどう状況が変わるかわからない。
しかも、今どきテレビなどでは高級感にはお金は出さないと思う。そういえば大昔に家具調テレビってあったんだよね。確か。

ハイエンドオーディオの世界では、昔から狭い世界ながらもずっと高級品の市場が成立している。しかし、ソニーの規模では市場が小さすぎる。
ソニーもオーディオのESシリーズなどでいいモデルがあったりしたのだけど。

アップルのiPodみたいに、新しいスタイルや市場を創造できる力はまだ持っていると思うのだが、なまじ成功体験が大きかっただけに復活には時間がかかるかも。
小さい子会社でいろいろ好き勝手にやらせてみるのもおもしろいと思う。


それで、ソニーの株価って今どれぐらいなんだろう?と興味を持ってみてみたら、思ったほど下がっていない。ソニーショックで急落したときよりもジリジリと上がっている。どうみても割高に思える。3500円はなかなか切りそうにない。

SONY製品とソニー株の続きを読む

September 27, 2005

最近の様子

ダヴィンチは40万を突破して祭りに入ったかもしれない雰囲気。
TOPIXや日経225とは動きが逆なのはよくあること。そういえば今日は権利落ちや配当落ちで下がる株が多いんだっけ。
あまり急に上げすぎるときつい下げが来るかもしれない。
しばらくは何も考えずにホールドするのが結果的には最善策に思える。

自分の場合、資金が少ないのでこの関連はダヴィンチ1点買いである。
不動産流動化銘柄にいくつか分散している人も多いようであるが、あまりリスク分散にはならないと思うし。
よくわからないけど不動産関係は上がりそうだからと、とりあえず分散して買うのは少し危険かもしれない。

ダヴィンチを選択した理由は、
 (1)収益率の高さ
 (2)一任勘定ファンドの内容や規模
 (3)社長の能力や経験値の高さ
 (4)自社株買いをしているし、資金にそんなに困ってなさそう
 (5)1単位が安く、上がるときは上昇率で有利(これは数字のマジック)
などである。
他はそんなに買いたいという魅力を感じられなかった。まあ、買うお金も無いんだけど。

今のところ、この選択はそんなに間違っていない様子。


先週のインド市場では、ある日突然全面的に急落(平均で3%ぐらい)して、次の日にほぼ元に戻るまで回復するなど、なかなか楽しませてくれる出来事があった。

最近の様子の続きを読む

September 26, 2005

VAIOと格闘

先週末からの3連休は、ひさびさにPCと格闘して1日以上の時間がつぶれてしまった。

我が家では、VAIOノートのAシリーズを使っている。これは去年の夏ぐらいに購入したもの。
4,5年ぐらいCompaq(懐かしい)のB5サブノートを使っていたが、調子が悪くなってきたし、デジカメデータの整理などでスペック的に苦しくなってきたので、子供の誕生も理由にして家庭内稟議を通したものだ。

SONY製品は基本的に嫌いではない。どちらかというと好きな方かも。
このVAIOノートを選んだのは液晶モニタがキレイだったことが一番の理由だった。フラットTVでは苦戦しているみたいだが、PCのモニタはいいように思う。
このPCを外に持ち歩くことはほとんど無いので、省スペースだけどモニタは大きいものを考えていた。モニタ解像度は画面が広く使えるSXGA+だし、手頃な値段だったのでこれに決めた。VAIOを買ったのはこれが初めて。


今回初めてDVDを作成してみようかと思ったら、見事にハマってしまった。

話はビデオカメラを買うところから始まる。
子供が1歳の誕生日を前にして、いろいろ動くようになってきて、デジカメでは撮りづらくなってきたので、そろそろビデオかなあと思ってビデオカメラを買うことにした。
実はビデオカメラを買うのは初めて。今まで必要性を感じたことがなかったし。
最初はビクターのハードディスク記録型のにしようかと思ったが、ハードディスクタイプはまだ出始めで製品や出力環境がこなれていない気がしたし、スペックに比べて割高なので、無難なところでパナソニックのDVタイプにした。3CCDで手ぶれ補正付き、値段も手頃だし、画質は・・・本体液晶やPCで見る限りは悪く無さそうだ。実のところはよ~わからんというのが現実。
購入は、カメラ関係では贔屓にしているキタムラにした。値段が安かったし、三脚やテープなどのオマケがついてお得だった。

まずはDVビデオからPCに動画像を取り込むのが手間だった。
パナソニックのビデオカメラにはPC接続用にUSBケーブルしか付属していない。SONYのVAIOには付属でDVDをおまかせで作成できるソフトなどが付いているが、IEEE1394(iLink)でビデオと接続しないと使えない。
わざわざケーブルを買いに行くのも面倒だし、お金もかかるので、パナソニックの付属ソフトをインストールしてUSB経由で取り込むことにした。ちょっとユーザインタフェースが使いにくくて、よくわからないが、なんとかAVIで取り込めたようだ。


さて問題のDVD作成ソフト。VAIO付属のClick to DVDというもの。

VAIOと格闘の続きを読む

September 22, 2005

さわかみファンドの良いところ・悪いところ

自分がさわかみファンドを選んだ理由などをちょっと整理してみる。

さわかみファンドの購入を開始してから、3年ちょっと経っている。他の投資に回すために一部解約などをしているが、現在保有している分の損益は+44%ぐらいである。年利回りに換算すると1年複利で+13%ぐらいか。

自分がさわかみファンドの存在を知ってから、実際に投資するまでに1年以上時間がかかっている。これは、今よりももっとアホだったので、良さがうまく理解できなかったことが大きい。あとは、独立系でほとんどが直販であり、口座開設が少し面倒な感じがした点もあった。
サッカー仲間に証券関係の人がいて、そいつが「知り合いにさわかみの人がいるよ、今度一緒に球蹴りやるんだけど、どう?」という話を聞いたこともあったが、なぜか心は動かずに保留状態だった。

そんな感じで重い腰を上げて02年の夏頃から投資を始めたが、確か当時はまだ日本市場が底を打つ前で、9千円台からずっと8千円ぐらいまで下落し続けた記憶がある。上昇を開始したのは03年の春頃からで、水面上の1万円を超えたのは03年の夏頃。現在は1万5千円ちょっと。
まあ、早く投資していても基準価格は下落していたわけだから、結果オーライな感じである。

自分の場合、さわかみファンドに貯まってきた資金を少し解約して日本や海外の証券会社に投入するような感じになっている。


<さわかみファンドの良いところ>

 ・手数料が安い(売買手数料は無し、信託報酬は年率1.05%、信託財産留保金は1.5%だが50万円以下の解約では控除無し)
  -解約するにしても50万円ずつ解約すれば信託財産留保金は引かれないので、個人の場合は実質的に売買の際に手数料がかからず、信託報酬が年1.05%と、利益が出たときに解約時に税金が引かれるだけである

 ・長期投資を志向していて、その方針にブレがなく続いていること
  -澤上さんの言うことはずっと一貫している

 ・ファンド購入者も長期志向であり、株価下落時の仕込みたいときに資金が集まること
  -これはファンド運用サイドにはありがたいことだと思う

 ・下げ相場での耐性が強く、上げ相場での感度が悪くないこと
  -バリュー志向なので、下げるときはインデックスに比べてマイルド
  -銀行株が全然組み込まれていないので、最近のような上昇相場では少し置いていかれるが、全般的には上げるときのパフォーマンスは悪くない
  -日経平均の大底の前後を経験したが、この期間では並みの日本株ファンドにはほとんど勝っているんじゃないかな(並よりは上)

さわかみファンドの良いところ・悪いところの続きを読む

September 19, 2005

フィナンシャルジャパン

先日、フィナンシャルジャパンの定期購読を申し込んだ。
今月号(11月号)の発売は21日(水)であるが、早くも17日(土)に家に届いた。

定期購読した理由は、第1に、読みたいと思っても書店でなかなか見つからないことだ。
何件か探して、平積みの奥のバックナンバーやマイナー誌などが立てて並べてあって背表紙しか見えないようなところにポツンと置いてあることが多い。
年間購読すると安くなるというものある。1冊1000円で年間購読料は10,000円、2冊分は得である。

最近は金融関係の雑誌はこれしかまともに読んでいない。
編集長の木村剛氏のキャラクタが結構出ていて、好みが分かれるところがあると思うが、編集方針には一本筋が通ったものが感じられる。

雑誌のサブタイトルに「1億円をめざすビジネスセレブのための金融経済誌」とあり、ちょっと背中がムズムズする感じがするが、全体のコンセプトとしてはすごくマトモである。
長期の視点で億以上の資産形成を目指し、幸せな億万長者になろうというようなコンセプトである。

よくある金融雑誌のように、株の推奨銘柄や短期トレードの方法などは全く書いていない。
だが、成功した企業のトップのインタビューは毎号載っているし、いろいろなビジネスモデルに関する記事もあり、結構ヒントになることは多い。

フィナンシャルジャパンの続きを読む

September 17, 2005

旬なテーマ

とある本屋で月刊 旬なテーマという雑誌が平積みされていて、ふと目に入ったのでちょっと立ち読みしてみた。

どうやら創刊号らしい。
表紙に大きく書いてある「内藤忍さんに資産運用のやり方をちゃんと教えてもらう」というのが目に付いた。
内藤さんのブログはときどき見に行っている。最近はいろんな雑誌に登場していて、売れっ子のようだ。
特に投資初心者にとって必要な基本知識について、いろいろとセミナーや書籍で伝道していっているようである。
この特集の部分しか読んでないけど、ちょっと感想を。


旬なテーマの特集で書かれていることは、自分にとっても同意できることが多い。

 個人投資家は日本株のウエイトが高すぎること
 個別株投資中心でリスクをとりすぎていること  などなど

大多数の一般人を対象にすると、この方向の考えで間違いないと思う。

また、ポートフォリオの配分について、日本株、日本債券、外国株、外国債券、流動資産の各アセットクラスへの配分の仕方は、考え方に近いものがある。
いやこれはたまたま自分の今の方針がちょっと似ているだけであり、プロが推奨するものとは中身がぜんぜん違うけど。
なお自分の場合、今のところ債券は短期のマネーファンド以外は持っていない。これは債券というより流動資産に近いものだけど。
現在の景気サイクルでは、まだしばらくは株だけでいった方が良さそうに思える。


あと、FXについてもちょっと書かれていて、概ね好意的な雰囲気である。

旬なテーマの続きを読む

September 14, 2005

個人的な当面の投資スタンス

低PBR投資をメインとしたバリュー投資の戦略をとる場合、自分的には、以前のエントリーに書いたように「バリュー株インデックス投資」という一つの解が出たことになる。

そこで、今の資産を殖やす「資産運用」よりもこれから資産を貯めていく「資産形成」を重点に考えた場合、バリュー株インデックス投資を一つの柱にすることによって、リスク-リターンの面からも好結果が得られそうな気が勝手にしている。

日本株の場合、さわかみファンドをメインの一つとし、残りは趣味的に個別株で有望と思われるものをいくつか投資する方針でいこうかなんて考えている。
そんなわけで、現状とはあまり変わらないスタンスを継続することになる。

外国株の場合はいろいろ検討の余地がありそう。

個人的な当面の投資スタンスの続きを読む

September 11, 2005

楽天証券へ移管

日本株のダヴィンチ・アドバイザーズについては、先週、イートレードから楽天証券に移管した。

移管の一番の理由は、楽天証券が売買手数料を大幅値下げして、イートレードとあまり変わらなくなったこと。
イートレードの場合、10月約定分から50万円までは税込472円、楽天証券も10月からワンショットコースで同じく50万円までは税込472円である。
当初は楽天が525円に値下げしたところ、イートレードが競って472円に値下げしたら、楽天も追従して472円になった。

イートレードは特に悪くはないのだけど、注文方法が成行と単純な指値しかないので、自分的には使いにくい。スクリーニングツールなどは良いと思うけど。
楽天は逆指値注文や逆指値付通常注文(カブドットコムでいうW指値注文)ができるので、局面によっては便利である。
逆指値注文ができてこの売買手数料なら何も文句は無い。

楽天証券へ移管の続きを読む

September 8, 2005

バリュー株のインデックス投資 <3>

バリュー投資の目で見て、バリューインデックス投資のパフォーマンスは結構良さそうだという1つの結論から、

それじゃあ日本株でどうすればいいのか??

という話になると、意外に難しそうである。


日本株のバリュー指数というと、Googleでサッと検索した感じでは、RUSSELL/NOMURA日本株インデックスのTotal Market Value インデックスやSmall Cap Value インデックスぐらいしか見つからなかった。MSCIもあるのかもしれないが、よくわからない。

そこで、このRUSSELL/NOMURAのSmall CapなどのバリューインデックスをトレースするETFやインデックスファンドがあるのかというと、Googleでサッと検索した感じでは、無さそうに見える。
日本の投資信託って、過去の良い経験があるために、あまり真剣に探す気が起こらない。

RUSSELL/NOMURAのチャートをちょっと探してみたものの、バリューインデックスのチャートはすぐには見つからなかった。

バリュー株のインデックス投資 <3>の続きを読む

September 7, 2005

バリュー株のインデックス投資 <2>

前回のエントリーを書いてから、インデックスファンドと言えば、Vanguardを忘れてはいけないことに気が付いた。

前回と同様、USのYahoo! Financeのチャートを拝借して、iSharesのRussell 2000 Value Index Fund (IWN)とVanguard Small-Cap Value Index Fund (VISVX)とを比べてみる。
Vanguardの方は、MSCI US Small Cap Value Indexをトレースしているようだ。

バリュー株のインデックス投資 <2>の続きを読む

バリュー株のインデックス投資 <1>

前回のエントリーの続きを考えてみる。
本業がなぜか少し暇なので、こんなことを書く時間があるみたいだ。

現在の価値に対して割安な株を買い、市場での評価が見直されて適正な株価に上がったところで売る。

ただし、どの銘柄がいつ見直されるのかはわからない。これは神頼みに近いところもある。市場がある程度効率的であることを信じなければならない。銘柄選択は他の投資戦略と同様に難しい面がある。
そのため、ある程度多くの銘柄に分散しないと、期待する利益が得られない場合がある。

こういう考えを採用すると、バリュー株のインデックス投資が最強という結論になってしまう。

自分の一押しの投資本に「投資4つの黄金則」がある。この本は各所で取り上げられているので読んだことがある人は多いと思う。
ちなみに、投資に必要な基礎知識として、「理論」、「歴史」、「心理」、「ビジネス」の4つについて書いてある。
この本の良いところは、投資の歴史や基本理論をニュートラルに近い立場で書いているところにあると思う。
基本的にはインデックス投資を推奨する内容であるが、最後のポートフォリオの実例になると、複数のインデックスファンドを組み合わせる例がいくつか載っている。

そもそも、インデックス投資が最強なら、S&P500を1本とかで充分なはずではないか?
小型株とかバリュー株を選択する根拠はいったいどこにあるのか。そこに明確な論理は書いて無いんだよね。
ただ過去のパフォーマンスが良いというだけでいいのか? インデックス投資理論に選択という行為を許容すると、論理に自己矛盾を孕んでしまう。だから、読んだ後にモヤモヤしたものが少し残ってしまう。


で、話は戻って、バリュー株のインデックスが最強だとすると、米国株の場合、中小型株までカバーするRussell2000のバリューインデックスなんかが良いんじゃないかという結論になる。

バリュー株のインデックス投資 <1>の続きを読む

September 5, 2005

バリュー株の利益

自分の頭の中でモヤモヤしていたものをずっと考えていて、ようやく少し晴れてきたことがある。それについては最近のsupさんのブログでコメントに似たようなことが書かれていて、後出しになってしまうので躊躇するが、いちおう自分の頭の整理としてメモしておきたい。

バリュー投資の基本として、市場で割安に放置されている企業の株を買い、市場の評価が見直されて適正価格になったところで売る、というのがある。

現在は市場が非効率で割安に放置されている。そのうち市場が効率的になって株価が適正価格に近づく。

こんなに自分にとって都合良く、市場が非効率な状態から効率的になったりするのだろうか?

上の考えが大体当てはまる状況としては、市場がほぼ効率的であるが、何らかの理由で少し歪みが生じてしまい、裁定取引によってすぐに適正な状態に戻るような場合などかな。
このような歪みを利用することができれば、ほぼ確実に利益を上げることができる。しかし、一般の個人にはかなり難易度が高いことである。

バリュー株の利益の続きを読む

September 4, 2005

Bank Abroadさんのページ復活

Bank Abroadさんが運営されている海外口座情報交換のページ(BAI: Bank Abroad Information)が先月末ごろに急に閉鎖されていた。

どうやら、コンテンツを置いていたUKのLycosの無料ホスティングサービスから一方的な通達があって強制閉鎖させられたらしい。

ご本人にも応援メールを送っていたが、今朝メール連絡があり、新しいサイトで復活したとのこと。
新しいURLは、
http://roachhost.com/bankabroad/frame.html
このページのリンクも修正。
ここはマイナーなブログサイトであるが、わずかながらでも告知に貢献したい。

すばやい対応に感謝。どうもありがとうございます。
このような有益な情報が充実している貴重なサイトは、無くなったときの喪失感には計り知れないものがあることがわかった。

September 3, 2005

常識は一度疑ってみる

自分の場合、世の中にあるいろんな投資理論について、どれも盲信しないようにしている。
投資においては、どのような考え方であっても、適合するような状況になれば正解になることがある。
だから投資というのは奥が深いし、「あがり」に到達することはなかなかない。

テクニカルはあまりよく知らないし、ほんの参考程度にとどめている。
バリュー投資ですら、100%は信じていない。例えば、成長バリューなんて話になると、少し論理に曖昧さが出てきてしまうから。やはりバリューとグロースはアプローチがちょっと違うように思うし。

成長って一体なんだろう。
例えば、過去の株価の結果を示したチャートから将来の株価を予測する(占う)ことと、過去の実績と現在のポテンシャルから将来の業績を予測する(占う)こととは、根本的な思考回路としてはそんなに大きな差は無いように思う。さらに業績と株価がリンクするとは限らないし。
将来の価値を見積もるときには、過去の常識が将来も続くという前提が根底の意識としてあるはず。


前にも少し書いたけど、個人的には確率論や期待値についても信じていないところがある。

簡単な例で、サイコロで6が出る確率は1/6だけど、果たして本当なのだろうか?
学問的には確かに正解だけど、実践においては本当にそうなのか。
人生において判断すべきことは数多くあるけど、理論的な確率に収束するほど何回も試行するような機会はまずありえないと思っていいのでは。

常識は一度疑ってみるの続きを読む

September 1, 2005

China Telecomの評価は?

昨日(8月31日)の中国市場の引け後、チャイナテレコム(中国電信、CHA)の05年上半期中間決算の発表があった。

結果はまあまあ。純利益で前年同期比約7.8%の増益。
なんとなく漏れ伝えられていたような感じではあるが、自分が思っていたよりも良かった。
アナリストの予想よりは悪かったようであるが。。
特に、ブロードバンドなどのインターネット事業やPHSのショートメッセージサービス(SMS、auのCメールみたいなもの)などが利益に貢献。
固定の音声通話事業は少し伸びてはいるものの、ARPU(Average Revenue Per User、1ユーザあたりの平均収入)は減少しており、あまり好調とは言えない。

最近の株価はだらだらと下げていたのだが、このニュースを受けてかどうかわからないけど、NY市場のADRは+1.73%と上昇。
昨夜のNY市場の好調さに助けられた面もある。

NY市場の結果を受けて、香港市場がどうなったかというと、
寄り付きからずっと無反応だったようで、前日の終値から変化なし、引けにかけて下落して終値は-1.74%。

う~む、中国市場はよくわからん。

China Telecomの評価は?の続きを読む

最近の状況など

原油価格が上がりつづけているので、米国株やアジア株は難しい展開である。

このため、状況を傍らから眺めているだけで、手出しできることがほとんど見つからない。

いっそのこと、石油関連のワラントかETFあたりに乗っかって遊んでみようかなという悪魔のささやきが聞こえてくる。


ハリケーンのパワーもすごすぎる。
衛星写真の映像を見た感じでは、ハリケーンの目の部分だけで関東地方ぐらいがすっぽり入りそう。全体の直径は日本列島の何倍もありそう。
スケールが全然違うのは、国土の大きさに合わせているのか?

最近の状況などの続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.