November 30, 2005

構造計算書偽造問題

少し問題が落ち着きそうなところで、ちょっと独り言をだらだら。


結局、悪いのは構造計算書を偽造したことだし、関係者はほぼ同罪だろう。

これは構造的な問題だと思うので、真の問題解決はかなり難しいと思う。(そのへんは後で述べたい)
この件の表面的な問題解決はいろいろと手はあるかもしれないけど。


マスコミの報道はと言えば、いつもと同じ調子。
相変わらず、エンターテイメント仕上げである。

犯人探しをしてみたり、責任のなすりつけ合いの茶番を見せつけたりなど、本質が全く見えてこない。
基本的に視聴者のレベルに合わせて作られるものなので、自分らもこの程度のレベルなんだと思うと、情けなくなってしまうが、まあ仕方がない。


しかし、木○建設の取引先銀行は素早い対応だったなあ。当座預金と債務の相殺で即死状態になってしまったけど、よかったのかなあ。
そして、ここに責任を全てかぶせるようにすれば、死んだ者には責任をとれないので、シャンシャンで終わり。
まあ、一番中心的なプレーヤーであったことは間違いないみたいだけど。こんな感じで処理してしまっていいのかなあ。


ヒュー○○の社長はほんとタヌキだなあ。だてに不動産業界で生き抜いて社長をやっているわけではなさそう。あそこまでやれるともう怖いものは無さそうだ。

問題のマンションを買い取る場合の契約内容もしたたかな感じ。買主の頭金分は106%として+6%のお詫び料などを乗っけて支払い、残り分は売主である会社がローン債務を肩代わりするが、所有権は会社に移転して債務は会社と買主の連帯の形になるみたい。会社がつぶれると債務だけが残って買主が負担しなくてはならなくなる。
まあ、現実的なところを考えると、会社が物件の買い取り総額を現金で用意できない限り、このような方法をとらざるを得ないかと思う。だって、この物件を担保に融資を借り替えられるとは思えないから。

構造計算書偽造問題の続きを読む

November 29, 2005

オフィス賃料の上昇

日曜日の日経新聞の記事で、東京の既存ビルのオフィス賃料が上昇に転じたことが報道されていた。ちなみに、新築ビルの賃料は3年連続で上がり続けている。

2005年9月末の全国賃料統計でも、全国平均でオフィス賃料が上昇に転じたみたいである。これは、東京圏や名古屋圏の賃料が上昇して、全国平均を押し上げる結果となったようである。


ダヴィンチの株価に関しては、しばらく50万円台前半でうろうろしていたので、今週は少し上がるかなあ、上がればいいなあ、と思っていたら、特に材料が無いのに月曜、火曜と2日連続で急騰。軽く60万円を突破してしまった。
月曜日に上げ過ぎたので、今日は一休みするかと思ったが、強すぎる。
先週までの弱気の雰囲気はどこに行ってしまったのだろうか。


月曜日はたまたま休みをとっていて、午前は家にいたので、信用分の一部は利確。実はもっと低いところに入れていた指値を慌てて上げたのだった。
午後は外出予定だったので、59万円あたりで指して外出。後で確認してみたら、終値は599000円。先週の終値に対して+41000円(+7.35%)である。

初めてマーケットスピードで板情報をリアルタイムで見てみたが、とても楽しかった。
売り板が面白いようにバクバク食われていき、どんどん歩み値が上がっていく。
こんな光景は滅多に見られないだろう。
かなり力強い大人買いの雰囲気だった。

オフィス賃料の上昇の続きを読む

November 26, 2005

Mechelのその後

25日の米国市場は、現地時間で9:30-13:00の半日間の立会い。


Mechelはどうなったかというと、23日の引け値から+8.35%と急騰。
事故処理の手際の良さに好感したのだろうか。

ははは、笑っちゃうぐらいの曲がりっぷりにあまり言葉も無い。
まあ、逆に-10%ぐらい急落する可能性もあったし、2日前はその可能性の方が高かったのは確かなので、結果だけで判断するのは難しい。
徹夜でニュースを追っていくわけにもいかないしね。全財産かけているわけでもないし。
かといって、放置しておくほど太っ腹にもなれなかった。

こういうときは資金量の少なさを痛感するとき。

November 25, 2005

Mechelのプラント事故

24日の米国市場はThanksgiving Day(感謝祭)のため休場。


インターネットをブラウズしていて、保有していたロシアの鉄鋼&鉱山株のMechelのプラントで事故発生のニュースに気がついたのが、23日の22時頃。まだNY市場が開く前だった。
ニュースはまだロイターの速報のみ。メインの製鉄工場の一つであるChelyabinskで地元の給水設備が故障してプラントが一時停止しているらしい。フランクフルト市場では-3.8%も下落しているみたい。
体調もいまいちで疲れていて眠かったので、裏を取る前にストップロスを入れた売り注文を出して就寝。
最近株価が軟調になってきていたし、ニュースに気づいたのも何かの知らせかと思い、わずかのロスが出るところで思い切って売却。

案の定、次の朝見てみると約定していたようだ。
NY市場では、事実関係が判明するまで売買を停止していた模様。売買開始後はフランクフルト市場の下落を受けて安値で寄り付いた後、少し上げる場面もあったようだが、引けにかけてずるずる下がって前日比-3.62%で引けた。そんなに大した下落ではなかった。

製鉄工場の溶鉱炉が停止したら、炉に大きなダメージを受けるのは素人でも知っている。
Mechelからもオフィシャルのニュースリリースが出ており、生産ラインは明日までに復帰して2日後までにはフルに再稼動するだろう、とのこと。プラント設備に悪影響が出ないように最善を尽くしているので、特に大きな心配は無いという論調である。

Mechelのプラント事故の続きを読む

November 24, 2005

PEGレシオって??<2>

PEGレシオの続き。

PEGレシオとは、結局のところ、EPS成長率が20%だったらPER20倍以下なら割安、EPS成長率が40%だったらPER40倍以下なら割安、EPS成長率が100%(倍々成長)だったらPER100倍以下なら割安といっているだけである。

ダヴィンチは社長がEPSの年40%成長を公言しており、現在の達成度からみるとしばらくは裏切られそうにないので、PERが40以下だったらバーゲンセールということになる。
これはあながち全く的を外れている話ではないと思うが、結論がかなり乱暴すぎる。


ここで、一例として5年後のEPSとPEGレシオを計算してみる。
簡単にするため、現在のEPSを1(万円)とし、他の要因は省略する。
PEGレシオ=1が妥当な株価とする。現在、EPS成長分が全て株価に織り込まれていて、株価が5年後も不変だとする。
かなり乱暴な設定だけど、まあ厳密にやる意味はないのでこんなもんでお許しを。

(1)EPS成長率が20%の場合

 現在の妥当な株価は20(万円)

 5年後のEPSは
 (1.2)5≒2.49(万円)

 現在このEPS成長分が全て株価に織り込まれていて、株価が5年後も不変とすると、PERは
 20÷2.49=8.03

PEGレシオって??<2>の続きを読む

November 22, 2005

PEGレシオって??<1>

成長株の株価水準をみるときの指標の一つとして、PEGレシオというものがある。
これは、PER Grouth ratioのことであり、株価収益率成長率などとも呼ばれるようである。

少し前にGoogleの株価水準が実際のところどうなのか?をみるために、PEGレシオをみてみようと思い、使えなさそうで挫折したことがある。
ダヴィンチなどの成長企業の株価水準をみる際に、そういえばPEGレシオってあったなあと思い出し、ここで改めてその「使えなさ度」について考察してみようかと思ったので、メモとして残しておく。


PEGレシオは、以下のような式で求められる。

 PEGレシオ=PER÷EPS成長率

ここで、PER(Price Earnings Ratio)はよく知られた指数であり、株式時価総額÷純利益とか、株価÷EPSなどで求められる。EPS(Earnings Per Share)は純利益÷発行済み株式数で求められる。


アメリカなどでは、PEGレシオが1以下なら割安だとかいう目安があるらしいが、特に根拠は無いらしい。

PEGレシオって??<1>の続きを読む

November 21, 2005

楽天証券の手数料値下げ再延期

そういうわけで、今日楽天証券のウェブを覗いてみたら、社長からのお知らせがあり、12月に延期された楽天証券の新手数料導入は再延期とのこと。
再延期の期日は今のところ不明。


ほとんどオオカミ少年状態に。。


いま持っている信用ポジションを適当なところで閉じたら、速攻でカブドットコムに現物を移管して戻ることにしよう。手数料もだいぶ安くなってきたし。個人的には使い勝手は一番しっくりきて自分に合っているみたい。

カブドットコム→イートレード→楽天→カブドットコムと渡り歩いてみたが、まあどこも一長一短なので、自分に合っているところがいいと思う。
楽天で外国株などはやる気はしないので、手数料が安くなければ使うメリット無い。強いてあげればマーケットスピードぐらいか。

November 19, 2005

モビアスファンドは下落に強い?

先月(10月)の外国株は全体的に調整が入った感じであり、日本株だけが好調なイメージであった。
特に、エマージング市場は調整幅が大きめだったと思う。

こんなときに、自分が持っているテンプルトンの東欧株ファンドと中国株ファンドがどんな調子であったかを、ちょっと確認してみることにする。


Franklin Templeton Investmentsのウェブでは、毎月中旬ぐらいに先月分の月次のファンドレポートがリリースされる。PDFで1ページの簡単なものだけど。

この月次レポートには、ファンドマネージャーの言い訳のような対象セクター市場の概況を語るテキストは無く、データのみである。
ファンドのサイズなどの基本スペック、パフォーマンスなどと共に、保有上位10銘柄とそれらの割合、PERやPBRなどの指標、国別の保有割合、業種セクター別の保有割合などが書かれている。

東欧株ファンドはMSCI EM Europe Index、中国株ファンドはMSCI Golden Dragon Indexをベンチマークにしているようである。

モビアスファンドは下落に強い?の続きを読む

November 16, 2005

出口戦略

投資を行うにあたり、出口戦略というのがかなり重要だと思っている。

ポートフォリオ全体のポリシーを考える際に、出口戦略をどうするかによって結果が大きく変わってくるはず。
日本株か、外国株か、債券はどうするか、個別銘柄か、ファンドを用いるか、などもこの範疇で考えられると思う。


1年間でフルに収益を上げたい場合と、20年後までに年利回り10%ペースで資産を殖やしたい場合とでは、戦略は全然違ってくるだろう。

あるモノに投資をするときに、出口はどうするかを考える必要がある。考えずに漠然と儲けたいだけでは、結果的には失敗する可能性が高くなると思う。
未来のことは誰にもわからないので、最初の想定とは状況が異なってくることも多々あるだろう。その時々で戦略を適宜修正していく必要があるが、このとき出口や通過点が決まってないと、目指す方向が定まらないんじゃないだろうか。
出口や通過点は大まかなもので良いと思う。自分は大雑把な方なので、そんなにキッチリ設定していない。あまり細かくしてもすぐに変わっちゃうしね。

いつ、どこで、何にお金を使うのか、その目的に向かって、よりベターな方法を考える必要がありそう。
なお、自分にとっては、お金は「効果的に使うもの」だと思っている。決して「貯める」や「殖やす」が目的ではない。これらはあくまで手段の一過程だ。


世界的にみて、現在は日本株式は好調な状況にあるといえるかもしれない。少し調整局面にはあるけど。
前にも書いたけど、外国株で苦労するよりは日本株の方がはるかに儲けやすいんじゃないかと思う人も多いだろう。

たとえ現在日本株にフルインベストに近い状態で投資している人であっても、この状態が10年以上続くと本気で思っている人はいないだろう。
日本市場が2001年~2003年のように下落が長い間続く状態になったらどうする?

出口戦略の続きを読む

November 13, 2005

とりとめもなく

先週後半ちょっとインターネットから離れていた間に、リンクさせていただいているとあるサイト近辺で少しバトルがあったようである。ネット上のコミュニケーションの難しさから、たまに起こる類のものだとは思うが。。
この点でちょっとだけひとこと。

基本的に、そこに書かれている少ない情報量だけで判断するのは難しい。
親しくしていてバックグラウンドを知っている人なら、無意識のうちに周辺の情報を付加することでうまく理解できるが、そうでない場合はかなり困難である。
こういう場合で起こりがちなのは、本質的な部分から少し離れたところで感情的になって話がこじれること。宗教戦争に近いものになる。

このとき、相手の人格を否定したり非難するのは最悪である。これは自分にもよく言い聞かせていることであるけど。
本人は全く思っていなくても、相手を軽蔑しているように受け取られてしまうから。
さらに周りが無自覚に批判を始めると、もう手をつけられなくなる。
些細なことから争いごとが起こり、埋められない溝ができてしまう。


自分の場合は、ブログの名前の通り、Gabbiano=カモメなので、ふらふらと海の上を飛び回っているだけではあるが、ちょっと気になったのでとりとめもなくコメントしている。


まあ、基本的に、インターネットであれ何であれ、あらゆる情報は吟味する必要がある。
個人が発する情報であっても、権威ある機関が発する情報であっても、盲目的に鵜呑みにするのは問題がある。

とりとめもなくの続きを読む

November 8, 2005

Google AdSenseの収益

先日、Google AdSenseからの振り込みがあった。
支払いを日本円で銀行口座振込に設定していてため、自分の新生銀行の口座に振り込まれていた。

以前のようなUSドルの小切手では、換金に手間がかかる。シティバンクに口座があるので、支店に持っていって入金してもらうことはできるが、支店に出向くのはちょっと面倒だ。
本当はUSドルのままもらいたい気はするが、サイトの運営費用の足しにする意味では、日本円でもらって使うようにしてもいいかなと思っている。電子決済で自動振込されるのはすごく便利である。

このサイトは、広告やアフェリエイトでたくさん儲けるつもりは無い。コンテンツによる広告の変化や、アクセスの傾向を見て楽しむために、趣味的な意味合いが強い。
もともと、Google AdSenseはGoogle株の研究のためでもあった。
広告はあまり邪魔にならない位置に置いているし、そんなにアクセスが多いサイトではないが、わずかばかりの収益は得られていて、少しはサイトの運営費用の足しになっているようだ。

この収益はブログを続けるモチベーションを保つことにもかなり役立っている。


Google AdSenseの支払い履歴を見ると、日本円への両替レートは、10/26付で115.147である。

Google AdSenseの収益の続きを読む

November 7, 2005

米ドル高の傾向?

ここのところ、USドル高(円安)が進んでいる。
1ドル/120円は超えそうな勢い。

個人的には、現状では円安要因の方が円高要因よりも強いと思うので、しばらくはこの傾向がまだ続くのではないかと勝手に思っている。
日本の長期金利の上昇や量的緩和の解除などの影響を大きく受けると思うが、多くの人の意見と同じように、これからある程度円安に振れてから円高方向にリバウンドするという考えに一票。

自分の場合、一貫して外貨建て資産のウエイトをそれなりに高めており、特に外国株はUSドルの割合が高いので、現在の傾向は好都合である。USドルは去年に104~105円ぐらいで仕込んだものが多いと思う。
当面継続して得られる見込みの本業の安定収入は円建てのため、外貨建て資産のウエイトを高めるというのは、個人的には理にかなっていると思う。

日本円ベースで考えると、円安の影響は外貨建て資産のベースに効いてくるので、利益は増幅される。
なお、逆も真であることは言うまでもないので、外国での生活をメインにしない限り外貨オンリーは危険である。円高に大きく振れると利益が相殺されたり損失が増幅される。

米ドル高の傾向?の続きを読む

November 4, 2005

金融や会計の英語

どのような分野でも専門用語というのは、素人にはよくわからなくて困ることが多い。
金融関係についても、日本語でもよくわからない単語は多いと思うが、ましてや英語になるとチンプンカンプンである。

海外の銀行に口座を開いたりすると、いろいろな金融英語に遭遇する。普通の辞書では、自分が昔から使っているリーダーズ英和辞典クラスでも載ってないことが結構多い。
何か一つぐらい金融関係の辞書は持っておいた方がいいかなと思い、いろいろ見比べた結果、バロンズ金融用語辞典を買ったりした。この辞書はちょっと高めだけど、解説は丁寧に書いているし、なかなか使えるので良いと思う。


最近、RNN時事英語辞典にアクセスしてみたが、金融や企業経営などのカテゴリーは結構使える。
以前、何年か前に訪れたことがあったが、そのときは単語数が少なくてあまり使えない印象があり、ブックマークからはいつの間にか消えていた。

少し前にNordstromの業績などを見ていたときに、例えば "same-store sales" という言葉がよく出てくる。
このような単語は、家にあるLongman の英語辞書でもズバリの表現は載っていない。

金融や会計の英語の続きを読む

November 1, 2005

ポートフォリオ(日本株) 2005/10

現在の保有日本株 (Nov 1, 2005)

<個別株>
  ダヴィンチ・アドバイザーズ (4314) <+77.2%, 4m (JPY)> *1 *2

<ファンド>
  さわかみファンド <+49.9%, 3y2m (JPY)> *3

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 さわかみファンドは定期定額購入継続中。一部解約あり。平均取得単価による評価損益。


現在、日本の個別株はダヴィンチのみ。信用口座でも少し遊んでいる。
自分的には、守り(笑)がさわかみファンドで、攻め(^^)がダヴィンチ。
安定した収益をベースにしつつ、リターンの上積みを狙っている。

ダヴィンチが好調を持続しているし、他を検討する余裕もあまり無いので、一点勝負状態が続いている。
短期の値動きも体に馴染んできているので、しばらくはこのまま続けるつもり。

ポートフォリオ(日本株) 2005/10の続きを読む

ポートフォリオ(外国株) 2005/10

現在の保有外国株 (Oct 31, 2005)

<個別株>
・米国株
  Nordstrom Inc. (NYSE [JWN]) <+7.4%, 0m (USD)> *1 *2

・東欧株
  Mechel (NYSE [MTL]) <+6.5%, 0m (USD)>

<ファンド>
・東欧株
  Templeton Eastern Europe Fund <+28.5%, 9m (EUR)> *3
  (Franklin Templeton Investment Funds)

・中国株
  Templeton China Fund <-6.0%, 2m (USD)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のTmは運用期間で、Tヶ月。
 *3 テンプルトンの東欧株ファンドは一旦利益確定した1月以降の損益。


インド市場や中国市場の雰囲気があまり調子良くなさそうだし、今のところ自分のリズムと合っていない感じのため、個別株は10月に一旦リセットして頭の中を整理することにした。
ちょっと中途半端な状態ではあるが、VSNL(VSL)に続き、タタモータース(TTM)も-5%ぐらいで一旦売り切り。チャイナテレコム(CHA)も-10%強でとりあえず清算。
自分が売ったら上昇する可能性もあるが、買いの理由がいまいちだったので、損切りして喝を入れることに。

一部はUSDのキャッシュで置いておき、一部はMechel(ロシアの鉄鋼&鉱山)とNordstrom(米国の小売)に乗り換え。
米国株のバリュー系インデックス投資として、iSharesのRussell 2000 Value IndexのETF(IWN)を、そろそろ組み入れようかと思っている。

テンプルトンの東欧株ファンドは、10月の調整で含み益が減っている。中国株ファンドも調子がいまいち。


ここ3ヶ月の投資行動について反省中。

気になっている銘柄を整理すると、とてもスッキリする。
損益がマイナスの銘柄も無いと落ち着かないが、増えすぎるのもストレスが溜まる。

ポートフォリオ(外国株) 2005/10の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.