March 30, 2006

ダヴィンチの株主総会

この時期になんとか休みをとれたので、ダヴィンチの株主総会に行ってみた。

会場はホテル銀座ラフィナートの宴会場で、社長の議事進行で淡々と進んで1時間あまりで終了。
出席者が多く満席で大盛況の状態。
普段のIRの姿勢と同じく、必要最低限で、無駄なことをしたり、無駄なお金はかけない雰囲気が総会でも感じられた。

社長を見たのは初めてだが、実年齢よりも若く見える。開始直前に着いたので席が後ろの方になってしまったが、遠目で見た感じは40代後半から50代前半に見える。
まだまだエネルギーがあふれている感じ。
どこかで見かけたような既視感があったけど、気のせいかな。


簡単に社長の話の内容を挙げてみる。

今後の業績や戦略については、まだまだ余裕がありそうな雰囲気だった。
今期計画の+70%以上の成長はかなり自信ありの様子。
1兆円ファンドのマネジメントフィーが大きく寄与しそう。
今後は、成長性をコントロールして+40%前後の安定した成長を目指したいとのこと。
普通の企業なら、+40%成長はかなり高い数字なのだが。。。

取締役の報酬額改定(増額)の理由の一つとして、役員よりも従業員の平均給与が高くなってしまうからという回答があった。ここはかなり給料は高いから、そういうこともあり得るかもしれないなあ。
ストックオプションについては、社長自身が反対派なので、やることは無いみたい。
従業員は、ファンドへの投資の収益でインセンティブが得られているらしい。これからも運用ファンド規模の増大などで増員が必要なので、良い人材を獲得していきたいとのこと。

ダヴィンチの株主総会の続きを読む

March 23, 2006

オセアニア通貨の調整

ニュージーランドドル(NZD)が急落しているらしい。
オーストラリアドル(AUD)も連れ安しているようだ。


ずっと放置しているマネーファンドの豪ドルの分を動かす必要があるのかなと、今頃になって為替レートを確認してみた。
タイミングとしては遅すぎなのだが、なかなかこちらに目を向ける余裕が無かったというのもある。


ニュージーランドは、経常赤字の拡大などが嫌気されたようだけど、日本の量的緩和の影響もあるのかな。
といっても、量的緩和って、効果があったのかどうか疑問を持っている人も多そうだし、まだゼロ金利は続いているので、現状では気持ちの変化の部分がほとんどだと思う。

日本の長期金利が上がりかけているけど、これだってこのまま一本調子で上がっていくほど単純なものではないだろう。


ニュージーランドドルは、市場規模などからいってもリスクが高めなので、自分は手を出したことは無いが、結構派手に下がっているようだ。
といっても、対円で去年の1月頃の水準ぐらい。
去年の後半からNZDをロングした人は大きくやられているかも。

豪ドルはあまり大きく下落していない。
対円で去年の9月頃の水準である。
豪ドルの場合、まだ下降トレンドに入ったかどうかもよくわからない。短期ではリバウンドする可能性もある。
3~5年のスパンでみると、上昇トレンドの中での揺らぎの範囲を超えていないようにも見える。

でも、そろそろ打ち止めの気配はありそうだけど。

オセアニア通貨の調整の続きを読む

March 21, 2006

WBC

ワールドベースボールクラシックは、準決勝、決勝と休日の昼間にやっていたので、思わず観てしまった。

最近、休日の午後などは、TVをつけても番組予告宣伝や再放送などが多く、ちょっとTV局の手抜きなんじゃないかと思っている。
あまりTVは見ない方だが、奥さんがTV好きなので、付き合うこともある。
休日で家にいるときは、子供とじゃれながら暇つぶしに見ていることもそれなりにある。

今回再認識したのは、野球って、少しラフな気分でマッタリと観戦するにはうってつけのスポーツだと思う。ゲームの切れ目がはっきりしているからかな。


そして、日本が優勝。
準決勝の組み合わせなど、ハテナ?な部分が多かった大会だったけど、最高の結果で満足。
韓国の方が勝率は高かったけど、最後の肝心な試合を落としてしまい、悔いが残るだろうなあ。

ちょっと棚ボタ的なところはあったけど、実力はそれなりにあったように思う。
普段は野球を見ていないので、知らない選手が多いのだけど、若手でいい選手が揃っていたようだ。
あんなチームを監督できると面白いんだろうな。
サッカーみたいに、負けた試合でも代表監督がボロクソに批判されないような雰囲気だし。

チームスポーツのボールゲームの世界大会で、日本チームが優勝するというのは、最近はあまり無かったように思う。
だから、かなりの快挙と言ってもいいのかもしれない。

WBCの続きを読む

March 16, 2006

日本向けManファンド

今年の初めぐらいから日本国内で販売されている日本の投資家向けのManファンドはお買い得なのだろうか?

これは某掲示板でも話題になって、賛否両論あったようだが、お得かもしれないという意見の方が多かったように思う。
日本の投資者に向けた商品だからといって、特に客をナメたようなボッタクリ仕様にはなっていないようだし。


基本的には、どのようなものであっても、源流に近い所で買った方が中間コストを負担しなくて済むのでお得である。
ただし、一般消費者が元売りに買いに行っても小ロットで売ってくれないので、小売から適当な量を買うようなことは普通であり、需要に応じてケースバイケースなこともある。

ファンドの場合も、コスト面をみると、ファンドオブファンズよりも元のファンドに投資した方が、中間コスト分は有利になるはずである。


最近銀行などから販売された日本向けManファンドは、上の理屈からすると、日本の販売業者が乗せる中間コストの負担がある分だけ不利であり、IFAなどを通して本家から購入した方がいいということになる。


はたしてそうかというと、一概に言えない面もある。
これは日本の摩訶不思議な税制にある。

日本向けManファンドの続きを読む

March 15, 2006

Man Group

何日か前になるが、ロンドン市場に上場されているMan Group plcの株式をちょっと購入してみた。

Man Groupは、有名なヘッジファンド運用会社であるMan Investmentsなどを持つ企業グループである。
グループとしては、大きく分けると、オルタナティブ投資用商品の組成、運用を行うアセットマネジメント部門のMan Investmentsと、先物やオプションの売買仲介を行うブローカー部門のMan Financialとが傘下にある。


Manのファンドは人気があり、日本でもファンド保有者は結構いると思う。
オルタナティブ運用のヘッジファンドといえば、Manのファンドが一番に思い浮かぶ人も多いだろう。
メジャー度では世界一なのかな?

Man社はもともとは穀物などを扱う商社であった。
日本の三菱商事フューチャーズなどと同じように、商品の売買を取り扱ううちに、運用部門が伸びてきた形である。


昨年あたりは運用成績がぱっとしなかったので、話題に上ることも少なくなっていた。
世界的に株式の上昇率が高くて絶好調だったせいもあると思う。

しかし、商品市況の好調が続いているせいもあり、ここのところ復活してきたような気がする。


Nordstromの一部利確による売却分の投資先を考えていて、ちょっと商品関係も見てみようと思ったのが発端である。
商品関係のETFあたりもいいかなあと考えていて、ふとManのことを思い出した。

Man Groupの続きを読む

March 13, 2006

東欧株の調整

先週あたりに、BRICsを始めとして新興国市場の株価が調整に入っている。

以前のエントリーで、そろそろ早めに東欧株ファンドの一部を利確しようかなんて言っていた矢先のこと。
最近、思っていたことを実行に移さずにいて、結果として少し失敗することが多かったので、今回はちゃんと行動しようと思って、実は売り注文を出すことを計画していた。

これで調整前に売り抜けていたら、ドンピシャの神がかり的な相場観ということになるのだけど、オープンエンドファンドの売却には2,3日かかるので、結局、調整の波にもまれてしまった。
まだハッキリとした約定価格がわかっていないが、そこそこ下落したあたりで売却されていると思う。
含み益から考えると、そんなに大きな割合の下落ではないので、まあ仕方ないかなというレベル。

売らずに残した部分は、春から夏の初めにかけていずれまた上昇局面がくると皮算用しているので、そのときに一旦利確して様子見をすることにしよう。


東欧株に関して言えば、昨年10月にあった調整は多くの人が覚えていると思うけど、だいたい、3月あたりに調整することが多いと思う。

東欧株の調整の続きを読む

March 8, 2006

外貨建て資産

以前より何度か書いているが、自分の場合、現在では外貨建て資産の方にウエイトを高く置いている。

外貨建て資産をどう捉えるかということは、突き詰めると、天動説を信じるか、地動説を信じるか、ということになる。
つまり、何を基準にして、どの種類のものさしを使って資産を見ているかということ。

自分が絶対に揺らぎのないと思っている地面が、実は動いているかもしれないのであるが、その人の物事の捉え方しだいなので、絶対的な評価はできない。


これは宗教に近いものがあるので、一つの正解は無いように思う。

自分としては、現在は円ベースで生活しているが、今後もしばらくは安定的に続くと思われる定期収入が円ベースであること、将来定職につかない状態になったら、日本より外国で過ごす期間の方が長くなることも十分考えられること、などを考えると、外貨建て資産を持っている方が合理的に思えるので、そうしている。

また、現状では、外貨建ての方が無リスク資産をベースにした期待利回りが高いわりに、ここしばらくは外貨建て資産の減価が少ないように思えるので、外貨を持って日本円ベースでリスクを取っても十分にリターンが得られそうだとの判断もある。
実際に、ここ2,3年のスパンでみると、外貨建て資産は銀行にマネーファンドなどでそのまま置いていても儲かっている。


あと、漠然とした日本円に対する不安というものがある。

外貨建て資産の続きを読む

March 6, 2006

ワイパー修理

車のワイパーが不調になり、近々修理予定。

グランデコの帰りから、ワイパーの動きがちょっとおかしいなと思っていたが、先週末はワイパーを動かすと踊りだしてフロントウインドウの外まで飛び出してしまう始末。
見ると、ワイパーの根元の部分がぐらぐらしてる。


ディーラーのサービス工場に持っていったら、ワイパーの駆動部のリンクが折れているとのこと。この車種ではたまにあるらしい。リンクはプラスチックの部分もあるみたいで、その辺が弱いみたい。なんでこんな設計に?
パーツ代が35000円、工賃が12000円、税込みでトータル49350円也。

スキー場のホテルの駐車場から出るときに、立てていたワイパーを戻したはずだが、どういう状態だったかハッキリ覚えていない。
このとき、雪は全然降っていないので、誰かがワイパーに大きな力を加えたりしない限り、リンクが折れるような負荷はかかるはずがない。不思議だ。


まあとにかく、直さないとワイパーが使えないので困る。
自動車の走りの本質から見ると、つまらないところであるが、とても重要である。

ワイパー修理の続きを読む

March 2, 2006

ポートフォリオ(外国株) 2006/2

現在の保有外国株 (Feb 28, 2006)

<個別株>
・米国株
  Nordstrom Inc. (NYSE [JWN]) <+17.8%, 4m (USD)> *1 *2
  Las Vegas Sands Corp. (NYSE [LVS]) <+32.7%, 2m (USD)>

<ファンド>
・米国株
  iShares Russell 2000 Value Index (AMEX [IWN]) <+9.2%, 3m (USD)>

・東欧株
  Templeton Eastern Europe Fund <+79.8%, 1y1m (EUR)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

・中国株
  Templeton China Fund <+11.3%, 6m (USD)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


Nordstromは、一部売却して利確した。利確用のストップオーダーに引っかかったかたちになった。
最近株価が下がってきているが、このままさらに下落していくのかどうか様子見。
収益の伸びが鈍化するというニュースがあり、これに反応して軟調傾向になっている。

ポートフォリオ(外国株) 2006/2の続きを読む

March 1, 2006

ポートフォリオ(日本株) 2006/2

現在の保有日本株 (Feb 28, 2006)

<個別株>
  ダヴィンチ・アドバイザーズ (4314) <+150.8%, 8m (JPY)> *1 *2 *3

<ファンド>
  さわかみファンド <+69.6%, 3y6m (JPY)> *4

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 個別株は現物分のみ。(現在の信用ポジションはゼロ)
 *4 さわかみファンドは定期定額購入継続中。運用期間中に一部解約あり。平均取得単価による評価損益。


先日のエントリーで書いたが、フィンテックは一旦ロスカットして様子見。
また50万円台で買えるときがくるかもしれないと思い、安めの指値で待機中。

ポートフォリオ(日本株) 2006/2の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.