April 30, 2006

ポートフォリオ(外国株) 2006/4

現在の保有外国株 (Apr 28, 2006)

<個別株>
・米国株
  Nordstrom Inc. (NYSE [JWN]) <+18.9%, 6m (USD)> *1 *2

・欧州株
  Man Group (London [EMG]) <+8.3%, 1m (GBP)>

・中国株
  51Job Inc. (Nasdaq [JOBS]) <+31.2%, 0m (USD)>

<ファンド>
・米国株
  iShares Russell 2000 Value Index (AMEX [IWN]) <+10.9%, 5m (USD)>

・東欧株
  Templeton Eastern Europe Fund <+77.9%, 1y3m (EUR)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

・中国株
  Templeton China Fund <+18.6%, 8m (USD)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


Las Vegas Sandsは、先月の利確の後、ほどよく上がったところで売却。また短期の売買になった。
手数料が安いブローカーだと、手数料を気にしなくて済む代わりに、自分の場合は短期で売買しがちになる傾向があるようなので、ちょっと注意が必要かも。
その後も株価は上がったりしているが、乗り換えに関しては満足が行く結果のようである。

Las Vegas Sandsの売却後の資金の一部は、先日のエントリで少し書いたように、51Jobに飛び乗ってみた。
もし反落したら素直に負けを認めて撤退してもいいかと思っていたが、株価などが予想以上に好調なようで、このまましばらくホールド銘柄になりそうな気配である。
このあたりの回転売買らしきものは、ラッキーが続いて今のところうまくいっている。
51Jobはまだ全然売る気はないけど、もしもの急落に備えて適当なところでストップは入れておこうかと思う。

Man Groupもまあまあ順調にきていると思う。決算発表後に織り込み済みで急落というパターンはあまり考えにくい。


全体的には、外国株の持ち株は順調だといえるのだが、4月下旬のUSドルの急落のために、日本円ベースでみると少し含み益が相殺されている。
ちなみに、ユーロや英ポンドなどに対してもUSドルは下落しているので、USドル建て以外の部分はあまり影響ないといえる。

ポートフォリオ(外国株) 2006/4の続きを読む

April 29, 2006

ポートフォリオ(日本株) 2006/4

現在の保有日本株 (Apr 28, 2006)

<個別株>
  ダヴィンチ・アドバイザーズ (4314) <+43.2%, 10m (JPY)> *1 *2 *3
  フィンテック グローバル (8789) <+25.4%, 1m (JPY)>
  アイフィスジャパン (7833) <+14.4%, 1m (JPY)>

<ファンド>
  さわかみファンド <+76.7%, 3y8m (JPY)> *4

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 個別株は現物分のみ。(現在の信用ポジションはゼロ)
 *4 さわかみファンドは定期定額購入継続中。運用期間中に一部解約あり。平均取得単価による評価損益。


保有銘柄は先月から変更なし。

ダヴィンチの調整が月の後半からかなりキツめになってきた。含み益はかなり減少。まあここは耐えるところだろう。
先週は一瞬ストップ安まで下落した謎の取引があったりしたし、信用規制も強まり、放置してあまり見ないようにしておかないと、すぐにでも叩き売りたくなるような地合いである。
といっても10万円台などになったりしたら、追加投資を考えたくなってしまう。

フィンテックは中間決算の上方修正などの関係で、急騰した日もあったりしたが、まだ本調子には遠い感じ。
中旬にあった調整時に一部利確して逃げたが、1株のみ継続保有。
5月に中間決算の好決算の発表があったり、通期の上方修正などが出たりしたら、まだ上がる可能性はありそう。
まあ、そこそこ安い値段で買えているので、今の保有分は放置しておき、状況によっては買い増しも考えるときが来るかな。

ポートフォリオ(日本株) 2006/4の続きを読む

April 28, 2006

ポケットカード

以前のエントリで触れたポケットカードは、昔はマイカルカードといっていたところである。
前身はニチイ・クレジットで、マイカルグループのクレジットカード部門であったが、マイカルグループの破綻にともなって福岡に地盤を持つ消費者金融業の三洋信販がTOBで買収し、子会社化している。伊藤忠なども出資している。
少し前まではマイカルカードを発行していたが、これはP-oneカードというものに変わっている。あと、プロパーのポケットカードがある。


ポケットカードは、カードデザインのダサさと親会社が消費者金融の三洋信販ということで、あまり人気が無いのか、マイナーな存在みたいである。
デザインはP-oneカードになってだいぶマシになったみたい。

このカードの一番のウリは、一部例外はあるみたいだが、ほとんどのカード利用金額について請求時に1%割り引いて請求されることである。つまり、支払い時に現金で1%割り引いてもらうのと一緒である。同率のポイント還元よりもかなりお得。
さらに、還元率は低いけど、これに加えてポイントがたまるようになっている。

支払いを後日に延ばすことができて、しかも現金払いよりも割り引いてくれるという、とんでもなくお得なカードである。
このしくみは、加盟店から受け取る手数料の一部をカード会員に還元していると考えればいいのだろうか。
普通のカード会社なら儲けはあまり出なさそうだが、キャッシング、リボ払いなどからの収益で十分まかなえるのだろう。親会社の消費者金融も順調なようだったし。
三洋信販は投資対象としてそんなに悪くなさそうに思っていたが、今はあまり手出ししないほうがいいかな。でもPER的にはかなり割安みたい。


でも、自分的には、いくらお得でもこのカードを作る気にはなかなかなれない。

ポケットカードの続きを読む

April 27, 2006

シェルスターレックスカード

以前のエントリにも書いたが、今のところ、うちではシェルスターレックスカードをメインで使っている。
これは昭和シェル石油のカードであるが、発行自体はUFJニコスが行っている。国際ブランドはVISA。
NICOSカードのサービスをベースに、シェル独自のサービスが追加されているものだ。
ちなみに、日本信販→NICOS、ミリオンカード→UFJカードで、これらが合併してUFJニコスになった。三菱UFJグループの中でいずれDCカードとも一緒になる予定。

昔はシェルXカードと呼ばれていたもの。利用度に応じたガソリン代の割引率の高さに定評があった。
現在のライバル会社のカードと比べて優位なのかどうかはよくわからない。


2年前ぐらいにシェルスターレックスカードになり、しばらくしてゴールドカードが新規発行されてから、ゴールドカードにしている。ゴールドカードは、通常のNICOSゴールドカードと同等のサービスが受けられる。電話でのサポートや空港ラウンジの利用、海外&国内の傷害保険、月刊誌の無料送付などである。
利用額の還元のシステムとしては、利用度に応じた☆の数によってガソリン代が割引になるスタープライズコースと、他のカードと同様にポイントがたまるゴールドポイントコース(一般カードはわいわいポイントコース)がある。
スタープライズコースでは、一般カードとゴールドカードで特に割引率は変わらないみたい。ゴールドポイントコースは、NICOSゴールドカードと同様に一般カードと比べて2倍のポイントがたまる。

うちはそんなにたくさんガソリンを消費しないので、ゴールドポイントコースにしている。
NICOSゴールドカードのポイント還元率は、自分が調べた範囲では国内トップクラスだと思う。NICOS商品券などの現金同等の金券で1%の還元率になる。交換商品で1%程度のところは多いかもしれないが、金券で1%の還元率のところはあまり無い。0.5%のところがほとんどである。
1万円ちょっとの年会費を払ってもまあ割りに合うんじゃないかと思っている。

ちなみに、どうしてもJCBのサービスが必要なときがあるとか、ワールドカップ関連でマスターカードが無いと困るとか、小遣い消費用に別のカードが必要とかの事情で、JCBカードやセゾンカード、UCマスターカードなども持ってはいるが、どれも年会費無料のカードである。

現在は電気代、ガス代、電話代など、日常にかかる費用でカード支払いできるものはほとんどシェルスターレックスカードに集めている。
でも、家計の管理上や奥さんの主義などの関係で、毎日のスーパーなどの買い物はニコニコ現金払いである。
どうしても必要な支出や一般の買い物などは、1枚のカードに集めると結構ポイントがたまってくる。
そして、そこそこポイントがたまったら商品券に交換して、奥さんの洋服代などに充当されるしくみである。
なお、ビックカメラでの買い物はビックカメラSuicaカードを使った方が還元率が高くなるので、こちらを使うと思う。

分割払いやリボ払い、キャッシングは厳禁である。カード会社にとってはおいしくない客ではあるけど。

シェルスターレックスカードの続きを読む

April 26, 2006

ビックカメラSuicaカード

お金がらみということでクレジットカードの話。


ちなみに、最近の株式市場の調整やドル円の急落では特に動いていない。
あまり追加資金が無いし、ホールド銘柄との絡みでもタイミングが自分に合っていない雰囲気があるので、
いちおういくつかの銘柄にはかなり下の方に指値はいれてあるけど。
また、場合によっては一部利確するのもアリかもしれないので、動く準備や検討は続けている。


最近、ビックカメラSuicaカードと言うクレジットカードを作った。
このカードは、発行がJR東日本で、いわゆるビュースイカカードがベースになっているもの。JCBの提携カードである。
エンボス(カード番号や氏名の刻印の凸凹)が無いクレジットカードは初めて持った。Suicaにクレジットカード部分が印刷されたようなイメージである。

つまり、カード機能としては、「VIEW加盟店&JCB加盟店用のクレジットカード」「Suicaカード」「ビックカメラポイントカード」の機能を持っている。

まだあまり活用していないが、結構便利そうである。メインでは使わないだろうけど。
そのうち、モバイルSuicaなども使うことになるのかな。


通勤は地下鉄だけなので、JRに毎日乗ることはないけど、Suicaを利用する機会はまあまあある。そのうち、私鉄も非接触ICカードを導入してSuicaと共通で利用できる時代はいつか来るだろうし。
家電量販店は、昔はヨドバシカメラをよく利用していたが、最近はビックカメラで買うことが多い。子供の遊具なども含めて、我が家のニーズに合った品揃えが多いのが大きな理由かな。

このカードは最近新規発行されたものであり、ビックポイントが3%アップの発行記念キャンペーンにもつられて申し込んでしまった。
年会費は初年度無料で、翌年から500円かかるが、1年に1回でもクレジットカードの利用があると無料になる。このため実質年会費無料と考えてもいいと思う。


このカードの特徴は、ポイントをSuicaのチャージに交換できること。

クレジットカード決済でSuicaにチャージをすると、ビューサンクスポイントがたまる。このため、クレジットでSuicaチャージすれば翌年の年会費も無料になり、一石二鳥である。

ビックカメラのポイントは、通常のケースでは、現金払いだと10%、クレジットカード払いだと7%のポイント還元だけど、このカードで支払うと現金と同様に10%のポイントが付く。このため、クレジット払いで支払いを後日に延ばす効果が有効に使える。
でも、後で請求されると支払いの負担が大きく感じるのはなぜなんだろうか?

ビューサンクスポイントは、ビックポイントに交換できるし、Suicaのチャージに交換することもできる。400ポイントが1000ビックポイントになる。
ビックポイントも、Suicaのチャージに交換できる。1000ビックポイントがチャージ1000円分なので、ビックカメラでの買い物と同等にJRの運賃や売店での買い物に利用できる。

なお、ビックポイントなどは、経済原則からすると、あまり貯めずにすぐに使ってしまう方がお得である。

ビックカメラSuicaカードの続きを読む

April 20, 2006

灰色金利

出資法では、貸金業者の貸付金利の上限金利を29.2%としている。
これを超える金利で貸し付けて利息を徴収すると、刑事罰に問われる。

一方、利息制限法では、貸付金額に応じて上限金利を15~20%としている。

このため、出資法では合法だが、利息制限法では違法となるいわゆるグレーゾーンの金利が存在する。


このところ、上限金利は一部の例外を除いて利息制限法の水準へ一本化し、グレーゾーン金利を撤廃すべきとの方向に進みそうな気配である。

個人的には、法律であまり厳しく取り締まるのは反対で、大きなお世話という気持ちである。
まあ、年利50%とかの高利だったらかなりヤバイとは思うが、基本的に、貸付金利というのは貸し手から見た資金回収リスクに見合った金利になるはずである。

上限金利をあまり厳しく取り締まると、今まで合法だった業者が違法になってヤミ金業者が増えてしまい、大きな収益が裏社会に回ってしまうだけである。

なぜなら、上限金利が法律で低く抑えられると、その金利で採算ベースに乗るように優良顧客を選別する必要が出てきて、与信管理が厳しくなることが容易に想像がつく。
このため、合法業者から借りれなくなった人がヤミ金に回る率が高まる危険がある。

灰色金利の続きを読む

April 18, 2006

少し反発

昨日のフィンテックは、1株残すようにしていたことを全部売却と勘違いしていた。

よって、お付き合いは継続中。


今日は少し反発して戻したみたいだが、フィンテックは出来高も少ないので、上下どっちに行くかは風にでも聞くしかなさそう。


昨日は、ロンドン市場は休場だったが、ニューヨーク市場は開いていた。

どういうわけか、先日飛び乗ってみた51Job Inc. が急騰。
前日比で+12.84% (USD 21.53)
先週までプラスとマイナスの間を行き来していたが、含み益が増えて少し安心。

ダウやS&Pなどが少し下落し、株価が下がった銘柄が多かったようだが、BRICs関連の株は好調だったみたい。

ここは、中国の人材情報サービス関連の企業である。NASDAQ市場にADRを上場している。
踏み上げ太郎さんのブログの情報から注目していたところ。
先日のニュースによると、日本のリクルートが約15%の株式を取得し、資本業務提携する模様。
リクルートの買値からすると、まだまだ株価は安い。つまり、リクルートとしては、これからかなりの業績拡大を狙っていると推測されるし、市場規模も拡大が見込まれるのだと思う。


最近、外国株の売買の方が楽しめるし、安心して注文できる感じがする。
今の心理状態では、マザーズやヘラクレスの株よりも、NASDAQの中国株ADRの方が落ち着けるということになる。

少し反発の続きを読む

April 17, 2006

また調整か?

欧米諸国がイースター休暇のうちに、先週金曜日は↑で月曜日の今日は大きく↓
SQを挟んで多少の波乱は予想されたが、思ったよりも深めに調整に入ってしまったかな。


アイフルの処分の影響とかもあるのかな。
最近、長期金利の上昇で不動産関係はあまり調子よくないし、金融関係も投資家マインドからすると下がり気味なのかもしれない。


フィンテックは利益確定ラインに引っ掛かり、また短期で売却することに。
まあまあの利益を取れたが、本音としては、良くも悪くもMSCBの効果が現れるまで、もう少し付き合いたかったところだった。
また下値で拾えたら、お付き合いを再開できるけど。

自分との相性では、75万あたりがどうも鬼門になっている。


逆に、アイフィスを買い増しするチャンスが来るかも。

少し下の指値で待機中。

また調整か?の続きを読む

April 12, 2006

アイフィスジャパン

現在保持しているアイフィスジャパンは、出来高も少なく、3月の間はずっと低迷していたが、先週、4月に入って株価がストップ高などで急に騰がりだした。原因は不明である。

今週は市場全体の地合もあまり良くないようで、じわじわと下げて落ち着いてきた。
あまり急に上がり過ぎると、利益確定などのために急落することが多かったりなど、いいことはないので、これぐらいがちょうど良いかも。


金融情報提供関連の企業には、ここの他に、モーニングスター、ドリームバイザードットコムなどがある。
事業内容はそれぞれ異なっているので、単純に比較するのは難しいが、業績、株価水準などをみて、アイフィスジャパンの可能性にかけてみることにした。


主力の事業は、投資情報事業、IR事業、証券ドキュメント事業、投信ドキュメント事業の4つ。
取引先は、機関投資家、証券会社、上場企業などだが、今後はメディアを介して個人投資家や海外投資家向けのサービスも拡大する方向にある。


まだまだ買い増しもできそうだなと思う。資金があれば追加投入も検討してみるか。

アイフィスジャパンの続きを読む

April 6, 2006

ご利用は計画的に

最近は、海外市場、日本市場共に、株式市場は大きな変化が無く、どちらかというと上昇傾向で順調に推移しているようである。
こういうときはあまりやることが無い。次に向けての検討をのんびりやっている。

ただし、自分の保有銘柄や監視銘柄をみると、一時期に比べて出来高はそんなに多くないので、まだまだ本格的な上昇かどうかはハッキリしない面もありそう。
油断は禁物である。
過去の失敗例を思い出して気を引き締めておこう。


投資を積極的にやっている人には縁が無いと思うけど、テレビCMや電車の広告では消費者金融関係が目立つことが多い。
テレビCMなどは、少し前までは深夜しかできなくて、深夜番組になると消費者金融のCMだらけになっていた。
最近は四六時中やっていて、目障り度合いとしては、保険CMと双璧をなす。
潜在意識の中にどんどん刷り込まれているような気がして、気持ちが悪い。


「ご利用は計画的に」

この言葉は、「投資は自己責任で」と同じぐらい、自分が大嫌いな言葉である。


まさかこれらの言葉を書くことによって免罪符になるとは思っていないだろう。
そうだとすると、全く意味の無い言葉であり、無い方がマシだと思う。
逆に、何か後ろめたいことがあるのではないかと、勘ぐってしまう。

注意を喚起するためだとしたら、近頃の商品の注意書きにあるように、いろいろな場合を想定して細かく書かないと、抽象的な言葉では効果が無いと思う。

ご利用は計画的にの続きを読む

April 2, 2006

ポートフォリオ(外国株) 2006/3

現在の保有外国株 (Mar 31, 2006)

<個別株>
・米国株
  Nordstrom Inc. (NYSE [JWN]) <+21.5%, 5m (USD)> *1 *2
  Las Vegas Sands Corp. (NYSE [LVS]) <+5.3%, 0m (USD)> *3

・欧州株
  Man Group (London [EMG]) <+5.6%, 0m (GBP)>

<ファンド>
・米国株
  iShares Russell 2000 Value Index (AMEX [IWN]) <+13.3%, 4m (USD)>

・東欧株
  Templeton Eastern Europe Fund <+67.6%, 1y2m (EUR)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

・中国株
  Templeton China Fund <+11.2%, 7m (USD)>
  (Franklin Templeton Investment Funds)

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 Las Vegas Sandsは一旦利確した後に買い戻し。


Las Vegas Sandsは、一旦利確して、その後に少し買い戻した。以前より量は少な目にしている。
また最近上がってきているので、買い戻しは正解だったのかな。

Nordstromの残した分はそのままホールド中。また少し上がってきているので、そろそろ手仕舞うかどうか考え中。


少し地味ではあるが、Russell 2000 Value Indexは安定して好成績である。
たくさん個別株を検討するよりも、米国株はとりあえずこれを持っておけば、そんなに悪い結果にはならないように思える。
今のところ、少量の資金追加の場合はこれを買い増すようにしている。

ポートフォリオ(外国株) 2006/3の続きを読む

April 1, 2006

フィンテックのMSCB

フィンテックのMSCB発行について

この間やったばかりなのにまた?という印象は少しある。

現在はMSCB=悪というイメージが定着してきたけど、MSCBは条件の設定しだいで、かなり性格が異なってくるものであるとは思う。
フィンテックの場合、極悪ではない感じ。
条件が複雑であまりちゃんと理解できていないけど。

前回のときは、株価にはあまり影響がなかったようだが、今の地合いからすると、来週から少し調整することも覚悟しなければならないかも。
せっかく上向いてきたのに、腰を折られる形にならなきゃいいのだが。


プリンシパルファイナンスのための資金確保の手段として、かなり難しい選択ではあったのだろう。
タマイノキモチ(社長のブログ)をみると、社長の現在の考えが多少なりとも書かれている。

フィンテックのMSCBの続きを読む

ポートフォリオ(日本株) 2006/3

現在の保有日本株 (Mar 31, 2006)

<個別株>
  ダヴィンチ・アドバイザーズ (4314) <+80.4%, 9m (JPY)> *1 *2 *3 *4
  フィンテック グローバル (8789) <+38.6%, 0m (JPY)>
  アイフィスジャパン (7833) <-0.5%, 0m (JPY)>

<ファンド>
  さわかみファンド <+76.3%, 3y7m (JPY)> *5

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 個別株は現物分のみ。(現在の信用ポジションはゼロ)
 *4 ダヴィンチは一部利確した後に少し買い戻し。
 *5 さわかみファンドは定期定額購入継続中。運用期間中に一部解約あり。平均取得単価による評価損益。


ダヴィンチは2月の調整で一部利確した分を3月に入って少し買い戻し。以前の量には戻っていない。
フィンテックを50万台後半で買い戻したが、これは今のところ成功。現在はダヴィンチよりもフィンテックの方を主力に考えようと思っていたが。。。

アイフィスを少し新規に購入してみた。投資情報の配信をメインにしている企業。
まだ下落トレンドから抜けきっていないのか、月末に浮上しかけたけどマイナスに沈んでいる状態。
これは某ブログからのパクリに近いが、前から投資情報関連企業には興味を持っていて、ここが良さそうに見えたので、そろそろ手を出してみようかと。少し様子見に近い。

ポートフォリオ(日本株) 2006/3の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.