August 31, 2006

オプションの検討

実は、年初より増田丞美著の「オプション売買入門」をボチボチと読んでいる。
少し硬くなってしまった自分の頭には内容がなかなかスッと入っていかないので、かなり時間をかけて何度か読んでいる。

この本は、オプションの基礎を一応説明してから、個人投資家がどう実践につなげるのかについて、それなりによくまとめて解説しているので、良著の部類だと思う。
というか、オプションに関する本で個人が投資or投機をするにあたって参考になる本というのは、あまり無いみたい。高い本ばかりだし。

もし「オプション売買入門」の本に興味がある人は、今年の3月に「最新版 オプション売買入門」が出ているので、こちらの方がいいかもしれない。
5千円もする本なので、それなりの動機がないと読む人はあまりいないかもしれないけど。


なぜ、今頃オプションを研究したりしているのか?

自分の場合、ここのブログでは新興国の株や日本の新興市場の株に投資(投機)してジェットコースターを味わっているのがメインにみえるけど、外貨建てのマネーファンドで置きっぱなしにしている割合の方が多いのは事実である。
だから、日々の投資用資産が毎日数%も上下していたりすることにはなっていない。
でも、株式投資の部分ではちょっとリスクを取りすぎている(無謀)かなあと思うこともよくある。
また、資産が大きくなってきたら、今のままではヤバそうだなあと思ったりもする。


そこで、オプションをちょっと研究してみて、リスク減少のために使えないかなあと思ったのが最初のきっかけ。
また、オプションの概念がわかっていた方が、なにかと投資に役立つことがあるかもしれないと思ったのもある。

と、上のように書くと聞こえが良さそうだけど、本当はちょっと首を突っ込んでみようという好奇心と研究心が芽生えたのが一番の理由かもしれない。


そろそろオプションに関するエントリを書こうかなと思っていながら、なかなか進まなかったが、最近Losin'Boyさんのブログでオプション口座のことが書かれていて、そこにコメントしたりしているうちに、ようやく実現に至るようになった。

オプションの検討の続きを読む

August 24, 2006

メールの暗号化

先日のエントリでGmailのことを書いていて、ちょっと補足したくなったので、またまたEメールについての話題。


今となっては、Eメールは仕事でもプライベートでも欠かすことができない存在になっている。
もしメール禁止などになったら、仕事ができなくなる人も多いだろう。


通常のSMTPなどで送受信するインターネットメールは、秘匿性が無いことは周知の事実。ハガキと同じようなイメージだ。

個人的には、Eメールを全て暗号化してやり取りしたいぐらいである。書留とはいかなくても、封書ぐらいにはしたいと思う。
仕事ではPGPで暗号化してやり取りすることはある。
うちのPCにもいちおうGnuPG(PGP互換のオープンソース版)をインストールしてあるけど、個人でPGPやGnuPGを使っているマニアックな人は周りにほとんどいない。


Gmailを使ってみて思ったのは、メールデータを暗号化して蓄積するようにして、読むときにその都度復号化してブラウザで表示するようにすれば、メールデータのストレージはどこにあっても気にならなくなる。
むしろ、サーバのどこかに置いてもらっていた方が、いつでもどこでもアクセスできるので都合がいい。

Googleのエンジニアなら、これぐらいの実装はやろうと思えばできるんじゃないかと思ったりした。

メールの暗号化の続きを読む

August 23, 2006

Gmailを使ってみる

Gmailの日本語版が一般公開されている。
以前は、紹介がないとGmailのアカウントをとれなかった。
ネット上の友人は少ないので、使ってみたかったけど使えなかった。
早速ユーザ登録してアカウントをとってみた。


他のウェブメールと異なり、フォルダ管理機能は無い。
ラベルというもので分類して管理したり、メールを振り分けたりできる。1つのメールに複数のラベルを設定できる。
あとは、Googleの検索機能を使って必要な情報を取り出すような仕様である。

意外と、昔のメールのどこかにある情報をサッと取り出したいときに、苦労することがある。
その点、Gmailはいいかもしれない。
ただ、プライベートな情報がGoogleのサーバにあるというのは、ちょっと気になったりするので、Gmailをメインで使うには心理的な抵抗がある。


メール容量は2.5GB。充分すぎる量である。例えば、Infoseekのウェブメールの容量は50MBだったりする。
正規の利用で上限に近づくと、拡張してもらえるみたい。
Google全体でストレージの容量はどのぐらいになるのだろう?
そのうち天文学的な数字になるだろう。

このようなメールシステムを無料で公開する裏側をどうしても考えてしまう。
性善説で考えれば問題ないのだけど。

Gmailを使ってみるの続きを読む

August 18, 2006

VAIOノート不調

最近の暑さのせいか、うちで使っているVAIOノートのハードディスクがグズりだした。
何日か騙し騙し使っていたが、とうとうダメそうだ。
やはりPCには暑さは大敵みたい。


ハードディスクから軽い異音がして、アクセスランプは点きっぱなし、カタッカタッとアクセスを試みながらもなかなか目的地に到達しないような感じで、動作が止まったようになる。CPUのクロックを1/1000に落としたような感じである。
しばらくすると正常に戻ったりするが、また少しして止まったようになる。
長時間かかってチェックディスクをかけても異常なし。ディスク自体のセクタなどは無事みたい。ピックアップの方がイカレているのかな。

バックアップを最重要データから先に最新のデータへ更新していっている途中。
できれば残しておきたいデータのコピーとかはまだ終わっていない。
そうこうしているうちに、恐怖のブルー画面が出てきたりして、そろそろヤバい雰囲気に。


もうしばらく様子をみようかと思っていたが、早急に修理に出さないと壊れる寸前。
このマシンはビックカメラで買って延長補償をかけているから、3年間の補償期間がある。
購入してから2年ちょっと。まだ無償で修理してもらえる。

いっそのこと、大容量で高速のハードディスクに換装した方がいいかなという考えもあったが、タダの方がいいので、納得がいく範囲でデータを捕獲できたら修理に出す予定。
こういうときに、全データのバックアップをこまめにとっていなかったことを悔やんだりして。
でも、60GBとかのハードディスクのデータを完コピするのって、それなりに大変である。
いちおう外付けのハードディスクも持っているけど、重要なデータだけを月ごとに最新状態にバックアップして、あとはたまにコピーするようにしていた。

まあ、取り残されているデータは最悪無くなっても諦めがつくものだけど。なんか悔しい。
電話で簡単に問い合わせたら、修理には2,3週間かかるなんて言われたので、予備のマシンを復活させなくては。

VAIOノート不調の続きを読む

August 15, 2006

Man group株の分割

昨日、夕方にFT.comに登録している自分のポートフォリオを見て、ちょっとビビッた。

株価が前日比で-83%近くも下落している。
たまにある計算ミスかと思ったが、そうではなさそう。
心臓が弱い人だったら、発作で倒れてしまうかもしれないぐらい、一瞬ドキッとした。


少し落ち着いて冷静にニュースなどを確認すると、8月14日付けで普通株の分割が行われている。
株式分割の話をすっかり忘れていた。(^^;

1対6の分割なので、計算通りで問題無し。
まさか、ビックリして投げた人はいないだろうなあ。
でも、1対2ぐらいの分割だったら、株価急落と勘違いして投げ売りする人がいたりして。日本と違って値幅制限が無いから、半分に急落することはあり得るので、おっちょこちょいな人は要注意。

Man group株の分割の続きを読む

停電

停電になると、電気が無いだけでほとんど何もできないことを身をもって体験した。

昨日の朝は、出かける準備で洗面所にいて、歯ブラシに歯磨き粉をつけているところで電気がストップした。
電灯が一瞬ふっと暗くなってまた明るくなった後、真っ暗になった。
うちの洗面所は自然光が入らないところにあるので、灯りがつかないと結構苦労する。
ブレーカーを見ても正常だし、周りも電気が止まっているみたい。停電だ。
夏の停電というと、エアコンなどの電力の過剰使用で昼過ぎぐらいに落ちてしまったことが昔あったが、お盆の朝に停電とは原因があまり思い浮かばない。クレーン船が送電線を引っ掛けたことはしばらく経って知った。


テレビなどは当然として、ネットもモデムやルータがダメなので繋がらない。電話機もファックス兼用機なので電源が無いと使えない。使えるのは、携帯電話と非常用のラジオのみ。
ガスもコンロぐらいしか使えない。給湯器などはコントローラが止まっているからNG。
朝から蒸し暑いし、あまり長引くと冷蔵庫の中身がやられてしまうのでイヤだなあと思っていたが、うちは30分ぐらいで復旧し、元の生活に戻った。

で、やれやれと家を出るが、さて交通機関はどうなっているか状況がわからない。
得られたわずかな情報では、電車はかなりの路線が影響を受けているみたい。

普段の通勤には、徒歩+電車で職場まで行っている。駅まで15分ちょっとを往復歩くことで、最低限の体力維持を図っている状態。
うちの近くには、バス停があり、ここから職場の近くまで1本で行けるバス路線がある。でも本数が少ないし、バスは高い(特に定期券)ので、普段は雨が強いときぐらいしか利用していない。あと、夜はかなり本数が減るし、終バス時刻が早いので、帰りに利用しづらいというのもある。

通りに出ると、車は正常に流れているし、付近で信号が止まっている雰囲気は無い。
自分がいつも利用する電車の路線はたぶん動いていることはわかっていたが、こういうときは総合的に考えるとバスの方がリスクが少ないと思い、バスで行くことに。少しぐらい時間がかかってもいいやという気持ちでバスを待つ。
程なくバスが来てほぼ時間どおりに運行。道も空いているし、お盆休みのせいか客も少ないので、快適な状態で到着できた。ラッキー。

停電の続きを読む

August 11, 2006

ヒースロー

ヒースロー空港は、何度か利用したことがある。

96年にサッカーの欧州選手権(キャッチフレーズはFootball come homeだった)を観に行ったときなどは、ツアーが手配したホテルが空港の近く(かなり不便)だったので、ロンドン中心部に出るにはヒースローからピカデリーラインで遠征するような形になり、ヒースロー空港は毎日のように通過していた。
10日ほどして帰る頃には、どこのターミナルにどんな店があるかをなんとなく覚えてしまったほどだ。

ちなみに、チェックインして中の免税店エリアにあるワインショップは、結構いいワインが揃っていて、値段も安めなので、行ったときは立ち寄るようにしている。イタリアワインもまあまあ揃っている。ミラノのマルペンサ空港内などよりは質と量が充実しているのではないだろうか。
今後は米国行きの便は機内へ液体物を持ち込めなくなったみたいなので、免税店で酒を買って持っていくことができないなあ。ハワイやグアム、サイパンも含むみたい。米国在住の人は、酒類をお土産に買って帰ることができないので気の毒だ。いちいち別送するのは大変だしね。


で、ヒースローといえば、いつも人が多くてザワザワしたイメージで、あまり好きな空港ではない。
ビジネスクラスのラウンジに居られる身分なら、また違った印象かもしれないけど。


昨日は欧州市場が軒並み下落。
ニュースを見ると、英国で爆弾テロ未遂があったらしい。
地下鉄の爆弾テロだとかつて何度か聞いたフレーズだが、航空機での爆弾テロというと、9.11が思い出されて市場もちょっとパニックぎみだったのかもしれない。
いずれにせよ、未遂で終わってよかった。

ヒースローの続きを読む

August 9, 2006

英国銀行の不良債権

先週、Lloyds TSBの中間決算の開示があった。
収益は増益だったにもかかわらず、不良債権が増加していることによって、株価が下落した。

そして、ECBとBoEがそろって政策金利を上げて、 ユーロとポンドの短期金利が上昇し、これによってさらに欧州の銀行株が軒並み下落した。


今週は少し落ち着いたが、自分のイメージより逆方向に大きく株価が動いたので、ちょっとここに書き留めておこうかと思う。
不良債権の話題に関しては、バークレイズ銀行のことで去年の5月のエントリーに書いていた。


Lloyds TSBなどは、ロンドン市場で比較的出来高が多く、メジャーな銘柄だ。自分のようなシロウトの取引は少なく、プロの売買がかなりの割合を占めるように思われる。実際はどうなのかよくわからないけど。
だから、株価の動きはセオリー的な動きに近いのだと思う。


まず、不良債権についてであるが、少なくとも1年以上前から話題になっていたことなので、これぐらいはとっくの昔に織り込み済みだと思っていた。
しかし、株式市場は敏感に反応したので、みんなもっと少なく見積もっていたのだろうか。
自分的には想定の範囲だと思った。

英国銀行の不良債権の続きを読む

August 8, 2006

今更ながら...

先週話題になったボクシングの世界タイトルマッチ、あまりみんなに触れられていないことで、今更ながら書いてみようかと思った。まあシロウトの戯言だけど。


一言で言うと、世界戦をナメていたのかなあという印象。
普通、世界王者決定戦なら、それなりのスタッフを揃えてチームを結成したりする。

他のスポーツでも、トップ選手には優秀なコーチやスタッフが集まってくる。というか、そういう環境を構築できる運や能力、人脈を持つことは、世界のトップクラスでは必須になると思う。


父親は幼少の頃からずっとついてトレーニングしているのだけど、プロのトレーナーとしての実績も無いし、世界タイトルマッチの経験も無い。大手のジムに移籍したのに、人材はいないのだろうか。
ラスベガスあたりのプロモーターとか、経験豊富な相手陣営から見ると、ビギナー集団に見えても不思議ではない。実際に敵地とはいえ相手陣営はかなりの自信があったと思う。

それでも試合結果は見ての通り。
なんか興行的な印象が強すぎる試合だった。


新チャンピオンは、パンチ力、テクニック、試合運び、どれ一つとして世界チャンピオンとしての格はまだ持っていないように思える。一つでも光るものが感じられれば、ボクシングファンの支持が得られるはず。これからの振る舞いにかかっている。
だから、誰にも文句を言わせないように、もっとボクシングの各要素を磨いて欲しいと思う。勝負の結果なんて、どっちに転がるかわからない面は大きい。内容が伴っていれば見ていても楽しめるが、今の状態では茶番みたいで見ていてつまらない。


ボクシングに限らず、どのようなスポーツでもバックの力が結果に影響することはある。
ルール変更とか、判定基準の変更とか、会場やスケジュールの設定とか、いろいろな要素がある。

今更ながら...の続きを読む

August 4, 2006

さわかみファンドはフルインベスト状態

ふと気がつくと、さわかみファンドが日本株をかなり仕込んでいる。
今年の5月頃から純資産額のうちの国内株式の割合が急増していて、7月末時点で国内株式がほとんどになって、ほぼフルインベスト状態になっている。

さわかみファンド的には、6~7月は絶好の仕込み場だったということなのだろうか。
これが吉と出るか凶とでるか。
たぶんいい方向に結果が出そうな予感はする。


今年の初め頃は、キャッシュポジションが大きく、パフォーマンスもインデックスに負けていて、キャッシュで置いておくことに批判があったりしたが、現状ではさわかみファンドの方が正しかったことが証明された。
さわかみファンドの戦略としては、当然のことをしたまでかもしれないが、当時は市場の誰もがイケイケで強気になっていて、株を買わないのは愚かだというような風潮だった。


大衆は常に間違うということなのかな。

さわかみファンドはフルインベスト状態の続きを読む

August 1, 2006

ポートフォリオ(外国株) 2006/7

現在の保有外国株 (Jul 31, 2006)

<個別株>
・欧州株
  Man Group (London [EMG]) <+5.1%, 4m (GBP)> *1 *2
  Lloyds TSB Group (London [LLOY]) <+1.3%, 0m (GBP)>
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+10.0%, 2m (EUR)>

・中国株
  51Job Inc. (Nasdaq [JOBS]) <-28.9%, 2m (USD)>
  Kongzhong Corp (Nasdaq [KONG]) <-32.3%, 1m (USD)>

<ファンド>
・米国株
  iShares Russell 2000 Value Index (AMEX [IWN]) <+5.8%, 8m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


7月は、チャイナモバイルが直接携帯コンテンツ事業にも進出するというニュースを受けて、コンゾンなどのモバイルコンテンツ企業が急落。その後は小康状態か。
日本で例えると、チャイナモバイルはドコモやauで、コンゾンはそれらのキャリアにモバイルコンテンツを供給するコンテンツプロバイダである。
コンゾンに関しては、チャイナモバイルを買うよりはマシとの判断が全くの裏目に出ている。7月はチャイナモバイルは上昇していて、コンゾンは急落。笑うしかない状態だが、最低半年~1年は見てから最終判断したい。
かなり安い状態からさらに下がったわけで、ここで全部売って手放す判断はあまり考えにくい。でも買い増しは慎重にした方がいいかも。買い増すぐらいなら素直にチャイナモバイルに投資した方が良さそう。

ここまで下がると気持ち良いが、コンゾンや51Jobは少しずつでもホールド継続する方針により、一部はそのままにしている。
51Job は先月下がった後はぐずぐずしてあまり動いていない。ここ2,3日少し動きが出てきたような雰囲気もあるが、ここで特に自分から動く必要はなさそう。

ポートフォリオ(外国株) 2006/7の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.