October 31, 2006

ポートフォリオ(日本株) 2006/10

現在の保有日本株 (Oct 31, 2006)

<個別株>
  フィンテック グローバル (8789) <+22.7%, 3m (JPY)> *1 *2
  アイフィスジャパン (7833) <-4.2%, 7m (JPY)>

<ファンド>
  さわかみファンド <+66.5%, 4y2m (JPY)> *3
  レオス 日本成長株ファンド <-4.9%, 3m (JPY)>

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。
 *3 さわかみファンドは定期定額購入継続中。運用期間中に一部解約あり。平均取得単価による評価損益。


今月は先月から特に変わりなし。
全体的にほぼ横ばいの雰囲気。

フィンテックは少し持ち直したが、アイフィスは少し低迷。3Q決算の結果はまあまあ。特に売りも買いもする水準ではないのでそのまま。
さわかみファンドもあまり動きなし。レオスファンドは思ったより良くない。あと半年ぐらい様子を見て、地合に比べてダメだったらこのアクティブファンドに投資する理由が特にないのでTOPIX ETFにでも乗り換えるかな。

ポートフォリオ(日本株) 2006/10の続きを読む

October 29, 2006

ソフトバンクモバイル

以前にも書いたかもしれないけど、うちの携帯電話はauで、もうかれこれ5年以上、IDO時代にCDMA Oneのサービスが開始されてからずっと使っている。

今のところ、携帯電話のキャリアを乗り換える気は全くない。
自分の場合、家族内連絡で使うことがほとんどで、携帯メールはほとんど使っていない。日々の通話以外にはCメールというショートメッセージサービスをたまに使うぐらい。
携帯電話で文字を打つのはかなりのストレスで、PCのキーボードが欲しくなる。

ウィルコムのスマートフォン(W-ZERO3 es)にはちょっと気持ちがぐらついたりしたが、そんなに外でネットに接続することもなさそうなので、そのままになっている。
こういうスマートフォンで高速アクセス&安いパケット定額ができたら、インターネットアクセスをメインにして、通話にはスカイプを使えば、そこそこのコストで自宅と同じ環境がモバイルで実現できると思う。


自分にとっては、もしキャリアを乗り換える場合、電話番号をそのまま引き継いで使えるかどうかなんて、あまり重要ではない。
それよりも、多くの人にとっては、電話番号よりも携帯メールのアドレスが変わった方が影響が大きいような気がする。
だから、今マスコミで騒いでいる番号ポータビリティについてはピンとこない。


ところで、タイトルに書いたソフトバンクモバイルだけど、ここ何日かシステムトラブルがニュースになっている。
予想外に人が殺到したのだろうか?
なんかヤフーBBの初め頃と同じ雰囲気である。
こういう顧客管理とかサポートのトラブルがまず最初に出ると、個人的には信頼度がかなり低下してしまう。
ソフトバンクは他社よりも電話がつながりにくいといううわさも聞いたりするし、様子見が正解かも。

なんでこんなことを書いているかというと、ソフトバンクに乗り換えたら安くなりそうな気がしたので、いちおう検討してみたから。

結論としては、思ったほど安くない。

ソフトバンクモバイルの続きを読む

October 22, 2006

フィナンシャルジャパン12月号

ひさびさにフィナンシャルジャパンの話題。


ここ何号かは、個人的にあまり読みたい記事が少なくて、少し遠ざかっていたが、今月号はまあまあ読むところがありそう。

と思ったけど、読み進めてみると、タイトルが気になったわりには記事は普通だったかも。


主なタイトルは、
 ジムロジャース商品投資を語る
 金利上昇を占う3つの視点
 外貨運用をどう考える
などなど。


商品に関しては、ロジャースファンドの宣伝のような雰囲気を感じたけど、彼の言葉とか辿ってきた道などにはそれなりの深みがあるので、ロジャース本を読まなくてもこの記事を読めばイメージは少し伝わってくるし、読んでおいて損はないかと思う。
基本的に大きく曲がったりしないタイプかと。なぜか彼の行く方向に市場が向かうことがあったりするので、不思議である。

ここ何年か彼がずっと繰り返し言ってきていることではあるけど、まだこれからも商品市場は盛り上がることがあると思う。
逆に少し調整した今はチャンスかもしれないので、様子見してみるのもいいかも。
ただし、エネルギー関係が下落しているところに、穀物関係は急騰したりしているので、注意は必要。


あと2つの金利と為替については、投資をする上で必須のテーマであり、根幹をなすものなので、意外に大切な事項である。
基本スタンスを考えるのに重要だと思うので、これらの記事を読んで現状の把握などをしておくのはいいと思う。

フィナンシャルジャパン12月号の続きを読む

October 12, 2006

YHOOオプションその後

先日取引したオプションのその後はどうなったかをちょっと書いてみる。
現状としては、まだオプション売買は初心者以下のレベルであるため、経過はあまり良くない。


米国のヤフー株の個人的な思惑は、次のとおりだった。
(1)減益予想のニュースで急落した後、25ドルあたりをサポートにしばらく踏みとどまる。
(2)10月17日の3Q決算発表後は株価が動くはず。決算の結果を市場が全て織り込み済みとは考えにくく、予想以上に悪くて急落するか、予想よりは良くて持ち直すかのどちらか。トレンド的には下がる確率の方が高そう。

このため、(1)をもとに10月限の権利行使価格25ドルのプットを売り、その後、(2)をもとに11月限の権利行使価格22.5ドルのプット買いと27.5ドルのコール買いを組み合わせて、ロングストラングル(ストラングルの買い)のポジションを仕掛ける。

(A)
   YHOO OCT 25 PUT 0.85 SELL
   (YHOOの10月限、権利行使価格$25のプット売り、プレミアムは0.85)

(B)
   YHOO NOV 22.5 PUT 0.45 BUY
   YHOO NOV 27.5 CALL 0.60 BUY
   (YHOOの11月限、権利行使価格$22.5のプット買い&$27.5のコール買い、
    プレミアムは0.45+0.60)


(A)は10月21日までの間、株価が上昇、そのまま25ドル以上のレンジ内で不動、25ドルよりちょっと下落のどれかなら利益になり、25ドルから大きく下落したら損失になる。
(B)は11月18日までの間、22.5ドル以下に下落または27.5ドル以上に上昇したら大きな利益になり、22.5~27.5ドルのレンジ内にとどまると価値ゼロになって損失になる。

我ながら、イマイチなポジションだなあと後で思った。ちょっと変な形になっている。ちなみに、本などには載っていない。

YHOOオプションその後の続きを読む

October 11, 2006

セキュリティソフトの入れ替え

投資関係の話題にはなかなか戻らず、またPC関係の話。
けっこうハマッているということですかね。


以前のエントリに書いたけど、
我が家のアンチウィルスソフトなどのセキュリティソフトは、ちょっと前にノートン→F-Secureと替えて使ってみていたところだった。

しかし、どうも動作が異常に遅くなるときがあって、使いづらい場面があった。
ハードディスクへのアクセスが激しくなるときもたまにある。
もしかしたら、夏場にあったハードディスクの不具合は、これがとどめを刺したのかもしれない。


やっぱり、タイミングによってすごく重くなったりしてストレスがあるので、他のにした方がいいかなあと思っていた。
先日メーラーをThunderbirdに替えてから、これが決定的になった。
Becky!でもメールをフォルダ間で移動する場合などは重くてつらかったのだが、Thunderbirdの場合、メールを表示するフォルダを切り替えたりするだけでも、何秒か待ったりすることがある。
もしかして、メールデータのリアルタイムスキャンの処理に時間がかかっているのかも。

もうアンインストールするのに躊躇は無かった。
ライセンスの出費は痛いがまあ仕方が無い。自分の判断が悪かったということだけ。
まあ、これもうちの環境だけの問題かもしれないので、真相はわからない。でも1ヶ月弱の試用だけでは相性の良否がうまく判断できなかったということか。


結局、修理期間中に予備のマシンにインストールして使ってみたウイルスバスターを入れてみた。最新バージョンの2007である。
これはそんなに動作が重くなったりしないので、良さそう。
評判も悪くなさそうだし。

セキュリティソフトの入れ替えの続きを読む

October 9, 2006

ブログデザインの変更

この週末に、ここのブログで使っているMovableTypeをVer.3.33-jaにアップデートしてみた。


最近1,2ヶ月は、サイトを再構築するときに原因不明のエラーが出たりして、かなり不安定になってきていた。
なんかテンプレートをいじろうとしてもエラーになったりするし。
そこで、セキュリティパッチも兼ねて、最新バージョンにしてみることにした。


が、ここで問題だったのは、バージョンアップするとインデックスページの再構築の時にエラーが起きるようになってしまうという、とんでもない状態にハマッてしまった。
これってメインページの更新ができないってことだよね?


もうこうなったら、最初からインストールしてブログを新しく作り直し、元のエントリーを読み込んで再現するという手段をとるしかなさそうだった。
ついでに、ブログのデザインを変更してリニューアルしてみた。


もうやけくそでハイな状態になってしまった。

ブログデザインの変更の続きを読む

October 7, 2006

Thunderbirdを使ってみる

先月ノートPCが修理から戻ってからは、メーラーをBecky!からThunderbirdに替えて使ってみている。


Thunderbirdは、ブラウザのFirefoxと兄弟アプリみたいなもので、Mozillaプロジェクトで開発されたメールクライアントである。
バージョン1.5以降はかなり安定してきているという評判だったので、インストールしてみた。
評判がいいスパムメールフィルタを試してみたかったのが一番の理由ではあるけど。

WindowsマシンではBecky!とAL-Mailしか使ったことが無かったので、Becky!との付き合いはかなり長い。
MacなどではNetscape(Mozilla)のメーラーを使っていたことはあった。


結論として、自宅のマシンで使う分にはThunderbirdは悪くないなという感想。そのまま使っている。
自宅の場合、メールを読むことがメインであとは検索するぐらい。メールを書くのはプライベートの相手だけだからそんなに頻度は高くない。
Becky!のようにかゆいところに手が届くような作りになっていないので、仕事で使うにはちょっとストレスがありそうだけど。


それで、Thunderbirdにデフォルトで実装されている迷惑メールフィルタだけど、これが結構優秀だ。
さすがに最初の1,2日は少し学習させる必要があるけど、その後はほぼ100%に近い確率でスパムメールを選別して迷惑メールフォルダに移動してくれる。

Gmailの迷惑メールフィルタが最強という評価もあるけど、Thunderbirdもかなりいい線いっている。
以前使っていたBecky!のプラグインのBkASPilは、それなりに使えていたけど、一定の割合でスパムメールを除去できなくて、ほぼ毎日新たにスパムメールを登録しているような感じだった。

しばらくはThunderbirdでいこうと思う。

Thunderbirdを使ってみるの続きを読む

October 4, 2006

ニューズウィーク日本版10/11号

今週のニューズウィーク日本版の特集は、「グローバル最強企業ランキング」である。

思わず買って目を通してみた。


世界の大企業の営業利益ランキング、株式時価総額やネットキャッシュのランキング、業種別の企業の勢力関係や営業利益ランキングなどが書かれている。
業種別ランキングのところには、前期比伸び率、売上高、営業利益率、ROEも併記されている。
国際分散投資を考える際に、参考になる点があると思った。


特に外国株に投資する場合、情報の取得の面ではどうしても大企業中心にならざるを得ない。
投資対象企業を選別する際に、その取っ掛かりとしてランキング上位の企業から調べてみるのはアリだと思う。

その材料として、ニューズウィークの今週号は使えそうだなと思った。


あとは、YouTubeの記事が気になったので読んでみたかったというのもあった。たった2ページだけど。

ニューズウィーク日本版10/11号の続きを読む

October 1, 2006

ポートフォリオ(外国株) 2006/9

現在の保有外国株 (Sep 29, 2006)

<個別株>
・欧州株
  Man Group (London [EMG]) <+15.2%, 6m (GBP)> *1 *2
  Lloyds TSB Group (London [LLOY]) <+1.4%, 2m (GBP)>
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+17.7%, 4m (EUR)>

・中国株
  51Job Inc. (Nasdaq [JOBS]) <-54.3%, 4m (USD)>
  Kongzhong Corp (Nasdaq [KONG]) <-21.8%, 3m (USD)>

<ファンド>
・米国株
  iShares Russell 2000 Value Index (AMEX [IWN]) <+9.1%, 10m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


先月買ったCentral European Equity Fundを早くも売却。わずかの損失で撤退。
結局、原油がリバウンドせず、ハリケーンの影響も無くてそのまま下降したため、当初の思惑が外れたし、東欧方面はあまり良いニュースを聞かないので、早めに方針転換した。

欧州の個別株は順調。
Manは好業績が見込まれるニュースが出たりして、中間決算は良さそうな感じ。


51Jobやコンゾンは株価が相変わらずダメダメだけど、このまましばらく小さいポジションで付き合っていくつもり。
コンゾンは株券オプションがあるので、期限が長めのコールをちょっと買って夢をみるのもいいかなと思っている。
半年以内にはなんか動きがあるんじゃないかと。

ポートフォリオ(外国株) 2006/9の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.