January 28, 2007

自宅≠収益不動産

先日のエントリーにさわりを書いたけど、自分は基本的に「自宅≠収益不動産」でいいと思っている。

理想的には、収益不動産と比較して損がないような物件を購入できればいいのだろうけど、特に日本では該当するケースはかなり限られると思っている。

だから、まず前提として、自宅を資産としてはカウントしない考えを持っている。


例えば、資産家は、自宅の土地を更地にしてマンションを建てたら年利回りどれぐらいでまわせるから、DCF法で計算した理論価格がどれぐらいで、それと比較して妥当なこの値段で買ったとか、考えているのだろうか? 大部分の人は考えていないように思われる。
先祖から受け継いだ土地でない限り、新たに土地を購入して、まともでしっかりした造りの建物を建てていたら、不動産事業として採算が取れないケースが日本では大部分じゃないのかなあ。なお商業地とかはちょっと性格が異なるのでここでは除外するけど。
だって、住宅用の収益不動産の建物は基本的に安請負のものがほとんどだ。

耐震偽装問題の根が深いことがこのことを証明しているように思える。
大元締めは別にして、当事者の彼らは、決してボロ儲けしてウハウハというような感じはしない。
せいぜい、小金を稼いでニヤニヤぐらい。つまり、建築コストを削らないと採算がとれないのだ。
その手間やリスクを考えると、割に合わないのが現状なのかなと、勝手に想像してみた。正直に造るとほとんど儲からないのだろう。
今までの日本の不動産業は、基本的に転売のキャピタルゲインがメインで成り立っていた。最近の傾向のように、米国と同様の収益中心に考えたら、採算はどれぐらいとれるのか、今後の業界の成り行きには注目しているけど。


あと、一般的に言われている個人ファイナンスの考え方で、自宅はどうして資産にいれて考えるのだろう。金額が高いからだろうか? 企業会計と同じにしないとダメなんだろうか?

自宅≠収益不動産の続きを読む

January 27, 2007

払える金額

PALCOMさんのブログに何度もおじゃましてマンション購入関連の話題にコメントしているうち、いろいろと昔のことが思い出されてきた。

自分は家を「買っちゃった人」なんだけど、その頃どういうふうに考えてたのだったかなあと。


でも、ネットをいろいろ見ていて、今改めて感じたのは、世の中では、「自分がいくら払えるのか」、払える金額を優先して判断する人がまだ多くいるという事実に、時代はそんなに変わっていないのかなあということだったりする。
月々いくら保険料を払えるから、何千万円の生命保険と日額何千円の医療保険に入っているとか、月々ローンをいくら払えるから何千万円のマンションを買ったとか。
良識あるアドバイスでは、これらは典型的にダメなパターンなので、絶対にしないようにということになっている。合理的な根拠が全く無いから。


自分も昔は近い発想を少し持っていたかもしれないけど、意識して判断材料に使ったことはないなあ。
家を買うときの最終的なトリガーになったのは、納得できる条件のローンがおりたからなんだけど、家賃とローンの支払額を比べて考えたことはない。結果的には当然ローン支払額の方が少ないのは事実ではあるけど。

自分の場合は、まあ大きく損をすることはないかなというとても消極的な考えだった。
自宅が収益が上がるかどうかなんて、端っから考えてない。どちらかというと耐久消費財的な考え。このへんについては別のエントリで改めて書こうかと思う。

家の購入にあたっては、よくあるパターンで、奥さんが主役として登場する。

払える金額の続きを読む

January 22, 2007

オプション売りで初勝利

ようやくオプションの売りで利益が出た。(^^)


去年の12/21にQQQQの07年1月限の41ドルプットを売って様子をみていたのだが、
約1ヶ月経過して期日が過ぎてゲームオーバーに。
自分の目論見どおり、ナスダック指数は大きく下がらず、逆に一時急騰したりして、そうこうしているうちに無事に満期になって価値がゼロになった。

これで、
売り・・・〇
のパターンも経験できたので、売り買いの勝ち負け全パターンを達成。
ほんのわずかな利益だけど、オプション売りについてなんとなくわかってきたものがある。

オプション売りで初勝利の続きを読む

January 19, 2007

円安の影響

雅さんのブログなどで、円安のせいか食料品の値段が上がったということが書かれていて、そういえば自分も最近ワイン価格で円安の影響を感じたので、そのことについてでも。


我が家は毎年ヴィニョーブル・ギョーム(Vignoble Guillaume)のワインを予約注文で買っている。
ここは、アンリ=グザヴィエ・ギョームという、あのDRCを始めフランスやイタリアの有名なワイン醸造者にブドウの苗木を供給している一部では有名な苗木家がやっていて、自分のところでもワインを造っている。
苗木の専門家だけあって、ワインはとてもおいしい。
ここの畑があるフランシュ=コンテ地方は、地域的にも気候や土壌的にもブルゴーニュの近くであるが、有名な地方ではないため、格付け的には高くない。
よって、素晴らしくコストパフォーマンスが高いワインができる。
ヴァン・ド・ペイ(Vins de pays)クラス(地ワイン)だけど、ヘタなAOCのシャトーものには負けないと思う。
シャルドネ(白)やピノ・ノワール(赤)などの単一品種ものがメイン。


今年の予約注文の案内がきたのだけど、なんか以前より値段が高い気がした。
調べてみると、全ての商品が昨年より8%ぐらい高い。ユーロ高円安が効いているようだ。
ちなみに、今年手に入るものは2005年物である。
ブルゴーニュのヴィンテージ評価は、2004年よりも2005年の方が良いみたいだけど、このクラスのワインではヴィンテージによってそんなに値段が変わるとは思えない。一律に上がっているので、為替レートの影響だと思う。

円安の影響の続きを読む

January 14, 2007

蓼科方面

今週の後半は蓼科方面へ今季初のスキー。
今回は蓼科のハーベストを利用してブランシュたかやまと蓼科東急に行ってみた。


平日の朝に出ると、首都高から中央道の下り方向はガラガラ。予定より早く諏訪まで到着。
よく考えると、中央道の大月以西を走るのは何年ぶりだろう。少なくとも2000年以降は記憶がない。

ブランシュたかやまは、昔に何度か行ったことがあって、コースは気に入っているところ。
いまだにスキーオンリーでやっている。ファミリーやキッズ向けのものを充実させていて、評判も良さそうなので、戦略としては悪くないかも。
諏訪インターから行くスキー場では一番奥に位置するので、アクセスのハンディはある。でも斜面はいいものを持っているし、北斜面が多いので雪の状態もいい。

東京は出たときに曇っていたが、こちらはドピーカン。
暖冬で積雪は少ないという情報だけど、思ったよりも雪はあった。道路も圧雪&凍結部分がそれなりにあって、5シーズン目のスタッドレスタイヤがまだ十分使えることが確認できた。


今季は初めて子供をゲレンデデビューさせて雪上で遊ばせる予定だった。
だけど、まだ2歳半で辺り一面真っ白の雪は初めての経験なので、こういう環境の変化に繊細で、初めてのものを受け入れない我が子にはすぐには馴染めなかったみたい。スキー場には何度か行っているけど、託児所がメインだったので。
最初は雪の上に立つことも嫌がっていて、抱っこしないとダメだった。そういえば、公園の芝生とかも最初は嫌がったっけ。
ようやく少し慣れて、雪の上を歩いたり、かまくらの中に入ったりはしたけど、最後まで雪では遊ばなかった。ソリにも頑として乗らなかった。ようやくソリ遊びができると思ったのに。
まあ、そのうち慣れて普段と同じように暴れ回るとは思うけど。

ゲレンデは、かなり空いていて、半日ぐらいでも思う存分滑れてかなり満足。
最近の平日のスキー場は、こちらが心配になるぐらい客が少ない。ARAIなどが破綻するのも無理はないかも。


ビーナスラインまでは全く雪が無かったけど、蓼科の東急リゾートタウン内はほとんどが圧雪&一部凍結路状態。ブランシュたかやままでの往復とハーベスト蓼科まで到達するのにかなり時間がかかったので、往復のドライブも趣味にしている自分としても、さすがに疲れてしまった。

そういうわけで、次の日は東急リゾートタウン内にある蓼科東急スキー場で済ますことに。

蓼科方面の続きを読む

January 10, 2007

Appleはやはりカッコいい?

マッキントッシュの世界では、ずっと昔から年初のこの時期にマックワールドエキスポという見本市がサンフランシスコで開催されて、そこでは毎年新製品の発表などの大きなニュースがあり、マックユーザやデベロッパーは注目していた。
iPodの方がメインになってきた今でも、アップル製品に関するこのイベントは続いているようだ。
たしか、MacWorldという雑誌が主催だったので、その名前が残っているみたい。
ちなみに、自分がマックユーザじゃなくなってから7年ぐらいは経っている。


発表があると噂されていたiPhone、やっぱり出てきた。
アップルらしくカッコいいかも。
基本的にはiPod+携帯電話かな。今日の携帯電話はメーラ&ネットブラウザは標準だから。あと、802.11b/g Wi-Fiの無線LANインタフェースもついている。
ボタンは無くて、全て液晶パネル&タッチパネルのキーから入力する仕様みたい。
昔、京セラかどこかから、白黒液晶&タッチパネルで入力する携帯電話があったと思うけど。

このタッチパネルキー、iPodで評判のインタフェースを進化させたもののようだ。
携帯電話のときはテンキーになるし、メールなどの入力のときはパソコンなどと同じQWERTY配列のキーが出てくるみたい。
自分の場合、携帯電話のキーで文字入力するのはイヤなので、自分からはほとんど携帯メールはやらない。
このようなインタフェースを待っていた。

惜しいのは、今のところGSM端末だけなので、日本じゃ使えないこと。
日本の携帯電話界が独自仕様路線で突っ走ってしまったのは、かなり大きな非関税障壁なのかもしれない。
いずれ日本で発売されることになっても、ソフトバンク端末になるのかな。


アップルの株価は、ここしばらくはグズグズしていたのに、昨日の昼ぐらいから急騰して1日で+8%以上も上がった。
今日も寄付きから高めをキープしている。
オプショントレーダーとしては、こんなわかりやすいイベントを逃してしまったのはちょっと不覚だったかな。
インザマネーにほど近いコールオプションを初夢くじの代わりに買っておけば、たぶん1日で倍以上にはなっただろう。

Appleはやはりカッコいい?の続きを読む

January 9, 2007

トラックバック問題解決?

昨年末に水瀬さんからこのブログにトラックバックが送れないとの指摘を受けていたが、
ようやく問題が解決しそうな雰囲気である。


自分自身にトラックバックを送って試してみたところ、
HTTP error: 403 Throttled というエラーが返ってきて、やはりトラックバックが送れないみたい。
エラーの意味がわからないので、とりあえず放置していた。(^^;


年が明けて落ち着いて、ようやくGoogleで調べてみる気になったので、調査開始。
ここここに有益が情報があった。

どうやらMovableTypeにはThrottling機能というものがあって、MovableTypeに設定されている環境変数中のThrottleSeconds, OneHourMaxPings, OneDayMaxPings によって、設定時間あたりのコメントやトラックバックの最大数を制限している模様。
つまり、スパムコメントやスパムトラックバックが大量かつ連続して送られてきた場合に、システムが過負荷状態に陥らないようにコメントやトラックバックの受付を行わなくする機能である。
Throttled というのは、コメントやトラックバックの受付制限を超えてしまい、受け付けられなかったということみたい。


最近はスパムトラックバックが異常に多い。
多いときは、1時間に5,6個やってくるときがある。特に年末年始以降は1時間に10を軽く超えるときがある。
つまり、1日に100を軽く超えるときがあったりする。ちょっと異常である。
そのほとんどはスパムフィルタ機能でブロックされて自動的にゴミ箱行きになっているけどね。
これを手動で削除しなくちゃならなかったら、とっくにキレてトラックバック受付を禁止していると思う。まあ、最近の状態でも事実上はトラックバック禁止になっていたわけだけど。(^^;
このブログを置いているサーバがどんどん重くなっているような気がするのだけど、スパムトラックバックが飛び交っているのかもしれない。

現象としては、どうやらスパムトラックバックが多すぎて制限値を超えてしまい、正規のトラックバックが来たときも制限値を超えているためにエラーとなっているみたいだった。

そこで、上の変数を調整してみることにした。

トラックバック問題解決?の続きを読む

January 3, 2007

Buon Anno

Buon Anno Nuovo 2007
あけましておめでとうございます。

今年も良い年でありますように。


年末年始はいつもどおりに何もしない日々。
また今年も年初の目標を手帳に書きとめておいた。

例年通り、奥さんの実家で年越し。
11月後半から12月前半にかけて、うちの一家全員で風邪が長引いたこともあり、約2ヶ月ぶりの再会だったが、子供の言葉が急に上達していたことに感心していた。
最近は何でもオウム返しのように繰り返して、話したい盛りなので、相手も大変だ。
適当に相手をするとそれを察知して機嫌が悪くなる。わざと間違ってそれを指摘させるような技も使うので、あなどれない。

あと、やったことといえば、年末にできなかったスキーのワックスがけの仕上げ。
昨シーズン末に久々にチューンナップに出していたので、滑走面のフラット具合がバッチリでワックスもかけやすい。

Buon Annoの続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.