March 6, 2007

ポジション縮小

とりあえず、現時点のメモの続き。


本業は相変わらずだけど、週末は斑尾に行っていたりして、忙しいながらもスキーも堪能して充実はしている。
ゲレンデは春スキーの雰囲気で、スキーウェアだと汗が出てくる陽気だった。ニュースによると、長野でも15℃ぐらいにはなったみたいだから、山でもかなり気温が高かったのだろう。
雪は昼頃にはシャワシャワっとした感じになって、ワックスも合わなくて全然滑らない。でも、今シーズンの滑り納めとしてはまあ満足できたかな。


やはり、調整は一時的なものではなく、少し長引きそうな雰囲気。
イヤな予感があるときは、悪くなる方向に進むのはいつもの通り。


KONGは06年度の4Qと期末の決算発表の後、利益が期待値よりも下回ったため、急落してストップオーダーに引っかかり、これまた強制売却となって損切りで手仕舞いに。
JOBSも決算発表の後にさらに下がっているので、先日の撤退は結果的には悪くなかったということになる。

KONGはコールオプションの買いで含み損の穴埋めをしたりなど、いろいろと勉強になったので、いい付き合いができたように思う。これもまた機会があったら投資してもいいかな。


あと、Lloyds TSB (LLOY)も一旦売却して様子を見ることにした。
これでさらにポジションを縮小することに。状況を少し見てからいろいろと買いの検討を始めるつもり。

 
LLOYは3月7日が期末配当の権利日なのだけど、相場の地合とか、不良債権関連の不安とか、金融関係はなんとなく不安要素があって、配当利回り以上に下がる気もするので、権利を取らずに一度降りてみることにした。
最近は、決算発表や権利日などのイベントを跨ぐと良くないことの方が多い気がするので、今回は初めて様子見としてみた。
中期的には銀行株に強気なので、また状況をみて投資することにしたい。


QQQQのオプションは、コール買いは瀕死状態。(^^; 少し前にポジションを落としておいて助かった。
苦し紛れで短期の動きを狙って建てたプット買いが今のところハマッているという、あまり喜べない状況ではある。なんかこのまま行くとコール買いの損ぐらいは十分に取れそうなところが怖い。(笑)

しばらくしたら、自分の戦略の一つであるプット売りができる状況になるかな。ボラティリティも少し上がって旨みが出てきそうな感じ。
 

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.