August 28, 2007

シティカレンシー買い納め

vox mundiさんのブログで知ったのだけど、シティカレンシー(現在の正式名称はレッグ・メイソン・グローバル・マネー・ファンズ・エフシーピー)がこの9月までで募集を停止するみたい。
以降は新規購入、追加購入、スイッチングができなくなる。解約のみを受け付ける。

現在保持しているものは自分で解約するかファンドの償還があるまでは持っていられる。ちなみに、信託期限はいちおう無期限となっている。


少し前からシティカレンシーを少し追加しようと思っていたので、これを機会に買い納めをした。
今回は、特に長期の塩漬けが前提でもあるし、米ドルやユーロは他にもあるので、英ポンドにしてみた。


まずは、先週の半ばに電話で目論見書を請求。
投資信託用のテレホンバンキングに電話したけど、特に問題なく請求できた。以前に購入していることもあるし、渋る様子は特に見られず。
ここでも9月までしか新規購入できない旨を確認。

この間にシティに少し資金を移動しておく。


しばらくして、今週の頭に目論見書が到着。
そして、投資信託用のテレホンバンキングに電話して購入の指示。

2003年の1月以来、シティでは投資信託を購入していない(このときもシティカレンシー)が、ずいぶんと勝手が変わっていた。
注文が完了するまでに30分ぐらいはかかった。フリーダイヤルだからまだいいけど、我慢の限界に近い感じだ。

シティカレンシー買い納めの続きを読む

August 20, 2007

サブプライム

米国のサブプライム問題で世界中が大騒ぎになっていて、
今後は個人消費などの実体経済への影響が懸念されているけど、

ところで、


日本のサブプライム層への信用供与の市場はどうなっているかというと、
先のグレーゾーン金利の撤廃によって、


もうすでに、
とっくの昔に崩壊している

ように思える。


だから、
個人的には、
日本の内需関連にはあまり強気になれないところがある。
単純にひとくくりにして判断するのは難しいと思う。

サブプライムの続きを読む

August 16, 2007

今週

株式市場は予想以上に面白い状況になってきた。(^^;


QQQQのオプションだけど、
ナスダックは自分が想定していたペースより、約1日分以上は下落幅が大きい。
つまり、大きく下げた日が想定より1日は多かったということ。

8月限の期日は今週の金曜の17日。
あと2日残っている。
プット売りポジションは1日だけだったら問題なく期限を迎えることができる。
しかし、もう1日あるので、今日の動向しだいでは買い戻して手仕舞う必要がある。
なぜ今すぐにでも手仕舞わないのかというと、今の状況では、クローズする注文の手が止まってしまうほど、あまり利幅がとれていないということ。
逆に言うと、期日まであと2日しかないのに、アウトのプットオプションにかなりのプレミアムが残っているわけ。
こういうのは勝負してみたくなるじゃない。


今日のNY市場は楽しめそうだ。(笑)
来週からはプット売りだけでなくコール売りやプット買いも少し検討するか。


こうやって小銭は少し稼げているけど、本体の現物株のロング分がやられているので、焼け石に水だったりするけど。
現物株は、持っているものは今のところホールドで、新規の買いの様子見状態。


そういえば、昨年の5月から開始された我が401K口座の残高を見てみたけど、
思ったほどには大きく下がっていない。
といっても最近は結構下がっているのだけど、それまでがインデックス中心の運用で年利回り+20%ぐらいと鬼のような成績だったので、頭が少し冷えてよかったのではないかと思っている。


あと、今週の頭に、日本株はとりあえず売ってしまった。さわかみファンドだけになった。

今週の続きを読む

August 7, 2007

最近の下落相場でやったこと

本業が多忙ながらも、NY市場の寄り付き前後は時間がとれるから、オプションや外国株はちょっと動かしたりしている。

備忘録的に最近やったことなどを列記してみる。
これが結構そのときの頭の中を表していて、後でみると自分自身で面白いと思ったりする。


(1)まず、持っていたQQQQのプット売りを薄利and損切りで一旦撤退。
今年の2月末の急落の場合は、最初の下げが大きくて、すぐに戻ったから、結果的にはプット売りをそのまま持って粘っていた方が儲かったような気がする。
このような経験も邪魔をして、次の手を打つのだが、少し傷を負うことになる。(^^;

(2)下落したところで、また新たにQQQQプット売りを建てる。
第2弾、第3弾の下げが大きくなければ、粘っていれば大きなプレミアムを得ることができる。
がしかし、今回は後の方が下げが大きく、すぐに損切りで再度撤退。

(3)(2)の撤退と同時にドテンしてQQQQプット買いにいく。
また大きく下げたところで売ってうまく手仕舞いできた。ある程度は取り戻すことができてラッキー。

(4)(3)の手仕舞いとほぼ同時に期限が近い8月限のQQQQプット売りを建てる。(今はこの状態)
最近はボラティリティがかなり上がっていて、オプション売買では利益がとれる可能性が高まったので、面白い状況ではある。
でも、ポジションを外しまくるとすぐにオケラになる可能性もある。

一つだけ言えるのは、期限までわずかのオプションは、原資産価格よりも少し離れたアウトのプットオプションについては、期限がくるまでに権利行使価格まで下がる確率はかなり低いと思えること。
ここまで結構下がっているし、これから連続して大きく下げることは、乱高下するよりも可能性として低い気がする。すぐにゲームオーバーの時がくる。
そこで、少し強気に売ってみた。さすがにプットは短期的に買われ過ぎているんじゃないだろうか。

最近の下落相場でやったことの続きを読む

August 1, 2007

ポートフォリオ(外国株) 2007/7

現在の保有外国株 (Jul 31, 2007)

<個別株>
・欧州株
  Diageo (London [DGE]) <+2.9%, 8m (GBP)> *1 *2
  Lloyds TSB Group (London [EMG]) <-2.0%, 1m (GBP)>
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+14.2%, 1y2m (EUR)>

・米国株
  eBay Inc. (Nasdaq [EBAY]) <+1.3%, 1m (USD)>

・中国株
  Tongjitang Chinese Medicines Co. (NYSE [TCM]) <+17.7%, 4m (USD)>

・南米株
  Gafisa SA (NYSE [GFA]) <+14.4%, 2m (USD)>

<ファンド>
・米国株
  iShares Russell 2000 Value Index (AMEX [IWN]) <+10.7%, 1y8m (USD)>

・欧州株
  iShares DJ Euro STOXX SmallCap (Amsterdam [DJSC]) <+11.3%, 9m (EUR)>

・中国株
  iShares FTSE/Xinhua China 25 Index (NYSE [FXI]) <+21.2%, 2m (USD)>

・南米株
  iShares MSCI Brazil Index (AMEX [EWZ]) <+34.2%, 4m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


こちらもとりあえずデータのみ。
ペトロチャイナはもう売ってしまった。(^^;
 

ポートフォリオ(日本株) 2007/7

現在の保有日本株 (Jul 31, 2007)

<個別株>
  フィンテック グローバル (8789) <-29.1%, 12m (JPY)> *1 *2
  ソネットエンタテインメント (3789) <+14.5%, 4m (JPY)>
  荏原実業 (6328) <-0.8%, 2m (JPY)>

<ファンド>
  さわかみファンド <+83.8%, 4y11m (JPY)>
  レオス 日本成長株ファンド <-11.8%, 1y0m (JPY)>

 *1 <>内の数字は損益で、時価による上昇率。配当、手数料、税金などは未計上。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


最近急に本業が忙しくなったので、とりあえずデータのみ。
特に変化なし。
 

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.