November 23, 2007

ボジョレーはありません!

うちの最寄り駅の近くの通り道に、今年の夏ぐらいにできたワインバーがある。
飲食店が集まっているビルの地下にあるから、店構えは外から全くわからない。
看板だけが地上の道端に出されている。

そのビルの地下は入りにくい雰囲気がちょっとあるし、看板のセンスは自分の好みの方向とは違うので、今まで訪れることはなかった。
上にあるインド料理屋やパブは何度か行ったことはある。


で、そこの看板に、最近は次のような張り紙が付いている。

「ボジョレーはありません!」

この言葉を見て、ワインバーとしてのスタンスにちょっと共感したので、今度いつか行ってみようかと思う。


季節柄、ワインを扱っている店では客から「ボジョレーはありませんか?」と聞かれることも多いのだろう。
だけど、信念がある(ちょっとへそ曲がりな)ワインバーなら、置いていない店があってもいいと思うから、店の本音がそのまま出たのだろう。


ワインバーでイタリアのシチリアやプーリアのワインを置いてないところはあると思うし、これと比べれば、フランスの一地域であるボジョレーが無くても不思議ではない。ボルドーを置いていないワインバーは無いかもしれないが。。

まともに造られたボジョレーはおいしいけど、ヌーボーだけはコストパフォーマンスが合わなさ過ぎるので、自分から進んで飲もうと思ったことは無い。
780円ぐらい(もちろんフルボトル)で酒屋で売っていれば、季節ものとして買ってみてもいいかなと思うけど、3000円も出すなら、そこまでして新酒を飲みたいと思わないし、敢えてボジョレーを買うとすればヌーボーよりもクリュデュボジョレー(Crus du Beaujolais)のどこかを買った方が絶対いい。

ここ何年もボジョレーは飲んでいないなあ。


でも、ボジョレーは、自分がワインに興味を持って飲み始めたのが、クリュデュボジョレーのワインに出会ってからだから、ちょっと思い出はある。

ボジョレーはありません!の続きを読む

November 18, 2007

ここ最近のQQQQオプション

最近、米国市場のボラティリティが大きくなっているので、今年の夏以降とそれより前とでは、オプション市場の状況がかなり変わってきている。


ボラティリティでいうと、代表的なS&P100指数オプションのボラティリティ水準を示すVIX指数(恐怖指数とも呼ばれるもの)は、先週末で25ぐらい。最近はだいたい20~30ぐらいだろうか。今年の春までは15以下ぐらいだったから、倍ぐらいの水準になったといえる。

最近の売買はどうしているかというと、1週間以内の短期のプット売りやコール売りで小銭を稼いでいる。
以前なら1ヶ月ぐらい前に仕込んでじっと待ってようやくモノにできたプレミアムが、2,3日で得られたりする。
1ヶ月に1度チャンスがくるかどうかの状態から、1ヶ月で2度や3度おいしい場面が来たりする。
つまり、期限日の3日前ぐらいでもアウトオブザマネーのオプションに結構なプレミアムが残っている状態なのである。

このチャンスを全部モノにできるわけではないけど、儲けられる可能性は増えたということ。
まあ、逆に言うと、それだけ損をする可能性も増えたということだから、世の中はそんなに甘くはない。


インザマネーからそこそこ離れた権利行使価格のアウトオブザマネーのオプションに、プレミアムが思ったよりも残っている場合に、売り建てて何日か経って見込み通りにプレミアムが減少すれば、そこで手仕舞いする。

基本的にボラティリティが高いから、長居をすると大怪我の元である。
プレミアムが高いということは、それだけインザマネーになる確率が高くなっているということ。
以前なら1ヶ月あってもインザマネーになる確率がほとんど無いレンジのものでも、最近は2,3日で到達してしまうことがある。
急騰or急落すると、IVの急変によりオプションのプレミアムは劇的に変化する。2倍3倍は当たり前の世界。

ここ最近のQQQQオプションの続きを読む

November 10, 2007

モーターショー

モーターショーに生まれて初めて行ってきた。


基本的に、あまり人が多く集まるところは嫌いなので、話題の場所でどうしても行きたいところでも時期を外して行ったりしていた。
今年のモーターショーはそんなに話題になっていないし、たまたまチケットをもらって平日に時間がとれたから、これは行くしかないかなと。


車も趣味で持っているので、ほどほどには車好きなはずなのだけど、この手のショーはどうしても見たいというものではなかった。
初めて行った感想としては、タダでこれぐらいの人混みなら、行く価値はあるかなと。

コンパニオンなどがたくさんいて、あちこちでポーズをとって写真を撮られている異様な雰囲気は、他で目にする機会はほとんど無さそうだし。


どうも、自分の感覚では、コンセプトカーって全然心に引っかからない。リアリティが無さ過ぎるからなのかな。
そんなものよりも、フェラーリなどの旧車とか、レースカーの現物を真近で見られた方が感動する。できれば動くと最高。


お金をとって見せるだけのものがどれだけあるのかというと、ちょっと微妙な感じ。
今のカーメーカーの立ち位置が中途半端なのかなあと思ったりもする。

東京はだんだん重視されなくなってきているという話も聞くしね。
フランクフルト、デトロイト、上海あたりか。
これは金融の世界と似ている。
一つ違うのは、メジャープレーヤーの本拠地が地元であるということ。でも、日本のカーメーカーも商売のメインは国外になっているから、空洞化が進む方向にはある。

モーターショーの続きを読む

November 4, 2007

ポートフォリオ(株式) 2007/10

現在の保有株式 (Nov 2, 2007)

<個別株>
・欧州株
  Diageo (London [DGE]) <+11.0%, 11m (GBP)> *1 *2
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+27.3%, 1y5m (EUR)>

・米国株
  eBay Inc. (Nasdaq [EBAY]) <+9.4%, 4m (USD)>
  VMware, Inc. (NYSE [VMW]) <+63.8%, 2m (USD)>

・南米株
  Gafisa SA (NYSE [GFA]) <+30.2%, 5m (USD)>

・中国株
  China Digital TV Holding Co., Ltd. (NYSE [STV]) <+29.4%, 0m (USD)>


<ファンド>
・欧州株
  iShares DJ Euro STOXX SmallCap (Amsterdam [DJSC]) <+9.4%, 12m (EUR)>
  iShares DJ Euro STOXX Select Dividend (Amsterdam [IDVY]) <-4.8%, 2m (EUR)>

・豪州株
  iShares MSCI Australia Index (NYSE [EWA]) <+19.2%, 2m (USD)>

・南米株
  iShares MSCI Brazil Index (AMEX [EWZ]) <+75.6%, 7m (USD)>

・中国株
  iShares FTSE/Xinhua China 25 Index (NYSE [FXI]) <+80.2%, 5m (USD)>

・日本株
  さわかみファンド <+75.8%, 5y2m (JPY)>


 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


先週はプライベートが多忙でほとんどネットに接続する余裕が無い状態だったため、遅くなってしまったけどポートフォリオの状況について。
これは10月末ではなくて、先週末の11月2日時点の状況である。


まあ、概ね好調というところかな。
一部で急騰して盛り上がったが、STVなどその後下がって落ち着いたものもある。

ポートフォリオ(株式) 2007/10の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.