April 17, 2008

プラレールにハマる

最近、ちょっとプラレールにハマッてしまった。

自分は決して鉄ではないのだけど、子供の頃は時刻表を見るのが好きだった。
いろいろとプランを考えるのはおもしろい。


3月頃、上の子になんとなく言っていたのだ。

「幼稚園に入ったらお祝いに電車のおもちゃ買ってあげようか?」
「うん」

ということで、約束は守らなければならないので、ちょっと研究してみた。


プラレールは我が家には初めて。
ていうか、おもちゃ買うのは誕生日とクリスマスぐらい。あとは貰い物。
お店のおもちゃコーナーでも、熱中してなかなか帰りたがらないことはあるけど、決してねだったりしないところだけはエライのかも。買わないことをわかっているからかな。
マイペースでとても扱いにくい子供だけど、どこかに才能は隠れているのだろう。


CIMG2042.jpg


最初は山手線(ドアが開閉する)とか、阪急電車(あずき色が好き)とか言っていたのだけど、いつからか、
「とうざいせんがいい~」
と、東西線をリクエストしてきた。
ライトが点灯するのと、車両の顔やブルーラインの感じが好みにマッチしたのだろう。


彼は東西線に乗ったことはない。
最小限のレール構成で東西線のイメージを組んでみた。
どういうパターンにしてどのレールパーツを買えばよいか、2晩は悩んだのだ。(^^;

プラレールにハマるの続きを読む

April 15, 2008

イタリアの政治

ひさびさのエントリーなのに、突然に政治の話題。


昨日イタリアの総選挙があって、ベルルスコーニ元首相が率いる中道右派が勝利。
前ローマ市長のベルトローニが率いる中道左派が敗れる形に。
ベルルスコーニは2年ぶりに政権に返り咲いて3度目の首相になる。
ここのところは2大政党っぽい展開が続いている。

まあ、中道左派のプローディ政権が行財政改革で国民の支持を得られず、さらに景気後退やナポリのゴミ問題などもあって崩壊した後だから、中道右派が勝つのは当然の結果かも。
だけど、中道右派が減税などをちらつかせて人気取りにいったことも大きく効いていると思われ。
前途は多難だろう。

なんかこのあたりは、近未来の日本の政治を映しているように感じられたので、ふとブログに書いてみた。
どちらも政治がダメな点は良く似ている。


フラッグキャリアであったアリタリア航空は瀕死の状態だし、国内はあまり景気が良い雰囲気ではなさそう。
そういえば、知り合いにアリタリアにいた人がいて、イタリア旅行の際にはお世話になったりしたけど、ちょうどタイミング良く昨年ぐらいに定年か何かで退職した。際どいところでセーフ。運が強い。


ベルルスコーニももう71歳になったのだなあ。月日が経つのは早い。
イタリアのメディア王でACミランのオーナー。

日本でいうと、ナベツネが政界の表に出て首相になるようなものだ。


ミランはイタリアのチームとしては今でも選手を集めている方だろう。
自分はユヴェントスファンなので、ミランはあまり強くなってしまうと困るが、弱すぎるのもつまらない。
ロナウジーニョが入って、シェフチェンコが戻ってきたりすると、結構豪華メンバーになる。

イタリアの政治の続きを読む

April 1, 2008

ポートフォリオ(株式) 2008/3

現在の保有株式 (Mar 31, 2008)

<個別株>
・欧州株
  Diageo (London [DGE]) <+5.7%, 1y4m (GBP)> *1 *2
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+21.7%, 1y10m (EUR)>

・米国株
  VMware, Inc. (NYSE [VMW]) <-41.0%, 7m (USD)>

・中国株
  China Digital TV Holding Co., Ltd. (NYSE [STV]) <-35.3%, 5m (USD)>
  Agria Corporation (NYSE [GRO]) <-36.5%, 4m (USD)>


<ファンド>
・欧州株
  iShares DJ Euro STOXX SmallCap (Amsterdam [DJSC]) <-8.0%, 1y5m (EUR)>
  iShares DJ Euro STOXX Select Dividend (Amsterdam [IDVY]) <-19.9%, 7m (EUR)>

・豪州株
  iShares MSCI Australia Index (NYSE [EWA]) <-8.9%, 7m (USD)>

・日本株
  さわかみファンド <+30.7%, 5y7m (JPY)>

・商品
  Elements Rogers International Commodity Index (AMEX [RJI]) <+8.5%, 2m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


仕事に追われ、家では子供のことにいろいろと時間をとられ、休暇をとっても家の用事のためばかり。
とりあえず経過の記録のみ。
ブラジル関係は売った。じっくりと買いの検討をしたいところだが。。。。。
 

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.