June 21, 2008

商品インデックスファンドの買い持ち

最近、家で過ごす時間といえば、子供の相手をしているか、撮ったビデオの整理をしているか、電子ピアノをいじっているかで、ブログのメンテをしている時間がほとんどない。

ビデオをキャプチャしてDVDを焼いたりすると、PCがずっと占有されてしまう。
その待ち時間は、リハビリがてらにピアノいじり。
よく考えたら、左ひじを粉砕してから楽器をさわるのは初めてなので、思っていたよりもはるかに指が動かない。本当にリハビリ状態。頭で強く命令しても、指が言うことを聞かないのだ。

 

水瀬さんのブログに、近頃カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)などが商品インデックスファンドを買い持ちすることの是非について書かれているが、これについてコメントしようかと思ったけど、また迷惑をかけるといけないので自分のところで戯言でも書いてみる。


自分の場合、結論から言うと、「好きにすればよい」である。
あるルールに則って取引している限り、他人がとやかく言う筋合いはないというスタンス。
良いか悪いかはその人の価値観や立場によって変わる。
ここで善悪を言い出すと、各自の価値観がぶつかり合って宗教論争になるだけ。


商品の場合、長期に持っているだけではキャッシュフローを生まないので、ゼロサムゲームである、というのはたしかにその通りだと思う。

でも、株式や債券は無理に関わりあわなくても生きていけるが、商品の場合、石油や農産物は使わずに生きていくのは不可能だと思える。
商品先物市場やETFなどのファンドの世界だけでゼロサムゲームが閉じていればいいけど、長期に負け続けるのが末端の消費者である可能性もある。

だから、経済活動に参加している限り、商品ファンドを持っている戦略もあってもいいと思う。
生産者が商品先物でヘッジをかけるように、消費者が商品先物関連のファンドでヘッジをかけてもいいのではないだろうか?
少なくとも自分にはこれが悪であると判断することはできない。

労働者よりも投資家の立場になる方が良いので、株式に投資をするように、末端の消費者だけでいるよりも商品の権利を少しでも持っている方が良いという論理は間違いとはいえない。


とはいえ、この状況でちゃっかり利益を得る人もいるんだと思う。

商品インデックスファンドの買い持ちの続きを読む

June 3, 2008

数字脳

今週は新幹線に乗る機会があって、空いた時間でちょっと週刊ダイヤモンドを読んでみた。
特集は、「数字脳」を鍛える! ということで、自分のようないちおう理系のはずなのに数字はイメージでとらえてしまう人間にとっては、耳の痛い話ばかりではないかな、と思って興味を持ったので買ってみた。


内容的には、生活編での身近な事象での数字の錯覚や勘違いについてとか、数字に強くなるための計算方法とか、ビジネス経済編でのGDPなどの変化率の罠とか、投資編での金利やコストの罠とか、そこそこ楽しめる内容だった。

投資編の記事は、リスクの解説などでちょっと賛同しかねるところもあったけど、初級編であるので目をつぶって許せる程度ではある。


中でも、変化率の勘違いに関する記事は、今まで自分が感覚的に思っていたことをうまく実証例を出して解説されていたので、頭の隅でちょっと引っかかっていたものがすっきりした気がした。

例に挙げられているものは、ソニーの株価の変化率について、1998年下期(9月末)から2008年上期(3月末)まで半期ごとの変化率を棒グラフにしたもの。
各期間ごとに変化率がプラスなら上に延び、マイナスなら下に延びた棒グラフになる。
グラフを一見すると、この10年間でトントンか少し上がったように思える。変化率の数値的に見ても、半期ごとの変化率を単純合計すると+59%で、単純に算術平均すると+3%になるようだ。

しかし、実際にはこの期間の株価は約30%下落している。


モーニングスターなどにあるリターンのデータでも期間収益率グラフがあるけど、あれは実際の数字よりもリターンが良く見えてしまうので、ちょっと割り引いてみる必要がある。
 

数字脳の続きを読む

June 1, 2008

ポートフォリオ(株式) 2008/5

現在の保有株式 (May 30, 2008)

<個別株>
・欧州株
  Diageo (London [DGE]) <+0.2%, 1y6m (GBP)> *1 *2
  Lloyds TSB Groupe (London [LLOY]) <-8.0%, 1m (GBP)>
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+19.7%, 2y0m (EUR)>

・米国株
  VMware, Inc. (NYSE [VMW]) <-5.5%, 9m (USD)>

・中国株
  China Digital TV Holding Co., Ltd. (NYSE [STV]) <-36.9%, 7m (USD)>


<ファンド>
・欧州株
  iShares DJ Euro STOXX SmallCap (Amsterdam [DJSC]) <-4.9%, 1y7m (EUR)>
  iShares DJ Euro STOXX Select Dividend (Amsterdam [IDVY]) <-18.1%, 9m (EUR)>

・豪州株
  iShares MSCI Australia Index (NYSE [EWA]) <+3.4%, 9m (USD)>

・日本株
  さわかみファンド <+47.3%, 5y9m (JPY)>

・商品
  Elements Rogers International Commodity Index (AMEX [RJI]) <+18.0%, 4m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。


今月もポジション的には特に変化なし。
比較的には欧州株がいまいちといったところか。

オプションは、今のところ順調にプット売りで取れているけど、さて今月はどうなるだろう?


いろいろと手はありすぎて、逆にどうしたらいいのか難しい局面なのかもしれないけど、ロングでは地道に押したら買い、急に上がったら売り、を続けるのが得策だろう。(ショートは逆)
 

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.