August 30, 2008

ポートフォリオ(株式) 2008/8

現在の保有株式 (Aug 29, 2008)

<個別株>
・欧州株
  Diageo (London [DGE]) <+3.4%, 1y9m (GBP)> *1 *2
  Man Group (London [EMG]) <-6.6%, 2m (GBP)>
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+1.2%, 2y3m (EUR)>

・米国株
  VMware, Inc. (NYSE [VMW]) <-45.3%, 1y0m (USD)>


<ファンド>
・欧州株
  iShares DJ Euro STOXX SmallCap (Amsterdam [DJSC]) <-17.8%, 1y10m (EUR)>
  iShares DJ Euro STOXX Select Dividend (Amsterdam [IDVY]) <-33.8%, 1y0m (EUR)>

・豪州株
  iShares MSCI Australia Index (NYSE [EWA]) <-15.8%, 1y0m (USD)>

・日本株
  さわかみファンド <+31.5%, 6y0m (JPY)>

・商品
  Elements Rogers International Commodity Index (AMEX [RJI]) <+7.7%, 7m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。

 

株式市場は少し落ち着きを取り戻したような雰囲気。
VIXは20を切った状態だし。

他の事に時間を取られていることもあって、(^^;
特に大きな動きは無し。
China Digital TVは残念ながらロスカットになってしまったけど。

Appleでもちょっと買ってみるか。。。(笑)

ポートフォリオ(株式) 2008/8の続きを読む

August 28, 2008

ソフトバンク恐るべし

最近はiPhone&ソフトバンクのネタばかり。
だって、iPhoneってすっごく面白いから。
久しぶりにおもちゃを与えられた子供のようだ。(^^;


27日にたまたまソフトバンクのウェブページを見ていたら、パケット定額の下限料金値下げのニュースが目に付いた。
ドコモがパケット定額の値下げを発表したのに対抗して、同じ料金に合わせたもの。
他社の値下げに対しては24時間以内に対応して業界最安値を維持するという約束を破らない点についてはさすがである。
しかし、iPhone導入でARPUの増加が見込めるはずなのに、そんなに下げて大丈夫なのか? ユーザとしては大歓迎だけど。

ドコモの方は、従量制ユーザーが新サービスを契約することは減収要素、ライトユーザーが安心感を得て利用促進につながることは増収要素で、新サービスの提供によって2008年度で200億円程度の減収になるとの推測らしい。
お互い身を削りながらの戦いの様相。
でも、うちみたいに家族でソフトバンクに移ったりする人もそれなりにいると思うので、気がついたらシェア激減という可能性もあるから、うかうかしていられない。
やっぱりiPhoneは日本の携帯電話業界を破壊する黒船だったかも。


パケット定額料は、改定前は1695~5985円だったのが、1029~5985円に。
これで3Gネットワークでの通信をあまり使わなければ、かなり安く利用できることになる。
早速、公衆無線LANサービスの検討に入ることに。


自分の環境でまあまあ使えそうなのが2つ候補として挙がった。
WirelessGateとホットスポットだ。

WirelessGateは、BBモバイルポイントやlivedoor Wirelessなどのサービスをまとめて使えるもので、アクセスポイントとしてはかなり多いほう。主なポイントはJR主要駅や空港、マクドナルド、ルノアールなど。
料金は月額基本料210円+1日利用ごとに299円/日。毎日のように使っているとかなり高額になってしまう。
ただし、ヨドバシオリジナルプランというのがあって、これだと月額380円(入会から2ヶ月は無料)とかなりお得な料金で利用できるようになる。

ホットスポットはNTTコミュニケーションズが提供しているもので、東京だとJR、メトロ、都営地下鉄などほとんどの駅を網羅している。あとはタリーズやモスバーガーなど。駅での利用をメインに考えると最強であるが、料金がちと高い。初回時の契約料1575円+月額1680円(入会月は無料)、スポットの1日利用が500円(契約料は無し)と、少し考えてしまう料金設定だ。
月々980円ぐらいだったら加入する人が増えると思うけどなあ。ソフトバンクを見習って欲しい。

自分の場合、コーヒーはタリーズ派でハンバーガーはモス派だけど、そんなに行くわけではないし、iPhoneでネット接続するためにわざわざタリーズに行ったり、駅でそんなに長居して使うことは考えられないから、とりあえずWirelessGateにしてみようかと思う。
9月になったらヨドバシオリジナルプランを申し込んでみよう。
マックに行くことはあまり無いとは思うけど、livedoor Wirelessのアクセスポイントが街中に結構あるので、面的な使い方ができるかもしれないなあとの期待で。街中で地図ソフトが使えると面白いなあと思っていたこともあって。3Gでこれをやるとパケット上限料金を覚悟しないといけないだろうから。
もし期待外れだったら解約すればいい。そんなに懐は痛まないだろう。


ところで、ソフトバンクは侮れないなあと思ったのは、新スーパーボーナスに関して。
この会社と付き合ってみると、消費者としてかなり鍛えられると思う。

ソフトバンク恐るべしの続きを読む

August 22, 2008

iPhoneにしてしまった <2>

iPhoneは2年間の縛りさえクリアすれば買いだと思う。
実際には初期費用が0円なので、「買う」というよりもAppleやソフトバンクと「契約する(魂を売る?)」という感じだけど。


現状の携帯電話の状況はというと、機能的には成熟して停滞している感じがあるし、どうしても欲しくなるような端末はなかなか出てこないと思う。
次世代の3.9Gサービスは早くても2010年頃だとすると、3.9Gサービスが普及してからiPhone 3Gの後継機に乗り換えるような計画で、今後2年ぐらいは確実に使えそうという皮算用。

で、8GBか16GBかという話になると、8GBのメモリの値段を考えると、16GBがかなりお買い得に思える。


ところで、Appleの製品には「Appleワールド」とでもいうような独特の世界観がある。
Appleが提供するインタフェースや機能、デザインと相性が合う人には最高だけど、合わない人にとってはとんでもないものだ。
あと、サポート的にはApple+ソフトバンクなんて最強のコンビ(日本的には最悪な組み合わせ)だ。(^^;

自分の場合、アンチMSな人で、昔はMacを使っていたりしたので、この世界観にはどちらかというと共感できるほう。


iPhoneのデザインはかっこいいと思うし、質感も良いと思える。不要なものを削ぎ落とした「ツール」のようなイメージだ。磨きこまれたレンチとか、あるいは印籠や日本刀のようなものを連想するといったら言い過ぎか。
だから、日本の普通のケータイでできることでできないものがたくさんあるけど、使いたい機能が合っている人にとっては使い勝手がとても良い。

持った感じは手になじむし、お尻のポケットに入れたりなんかしてもスッポリと収まっていい感じ。ユーザインタフェースは自分的には普通の携帯とは別次元に感じられる。悪いところもいろいろあるんだけど、良い点の方が勝っていて少しのことには目をつぶれる。
自分にとっては待ち望んでいたような端末だったりする。

 
 

そんなわけで、iPhoneにしてみたわけだけど、家に持って帰ってから一つ大きな問題に気がついた。

iPhoneにしてしまった <2>の続きを読む

August 21, 2008

iPhoneにしてしまった <1>

そういうわけで、

携帯電話をiPhoneに変えてしまった。
MNPでauからソフトバンクへ移行。これは少し後悔することになるのだが、その話はまた後ほど。


以前からブラックベリーなどのスマートフォンにはちょっと興味があったけど、パケット代がかなりかかりそうなので、事実上断念していた。
iPhoneはこれよりもさらに自分的に興味をそそられる携帯デバイスだ。


iPhone 3Gが発売されて、当初は本体価格が8GBモデルで約23000円、16GBモデルで約35000円と言われていた。
そして、月々の本体分割支払金が8GBで2,880円、16GBで3,360円。スーパーボーナス特別割引がどちらも-1,920円で、実質の月々本体分割代金が8GBで960円、16GBで1,440円ということがいろんな記事に書かれていた。

この料金の説明で、個人的に誤解していたのは、初期契約時に端末代として23000円や35000円を支払って、さらに毎月960円や1,440円を分割で支払うのはさすがに無理かな、ということだった。
量販店やオンラインショップで料金を見たところ、そうではなくて、初期費用は0円、端末本体料金として月々960円か1,440円を支払えばいいらしい。つまり、端末の費用としては、2年間トータル(実際は2ヶ月目~26ヶ月目の24ヶ月)で8GBで約23000円、16GBで約35000円となる計算。

う~む、相変わらずソフトバンクの料金はわかりづらい。

これにキャリアの料金として、ホワイトプラン(i)の980円、S!ベーシックパック(i)の315円、パケット定額フルの1,695円~5,985円が最低限必要。つまり、通信の費用として月々2,990円~7,280円かかることになる。

月々の維持費用はトータルで8GBで3,950円~8,240円、16GBで4,430円~8,720円となる。


これなら費用は普通の携帯とほとんど変わらないじゃん。PCサイトブラウザを使ったりすることと比べるとかなり安いといってもいいと思う。自分はパケット代が怖くて携帯でPCサイトブラウザを使ったことが無い。
自分のように、たくさん使うときと少ししか使わないときの波が大きい人にとっては、ダブル定額タイプに改定されたパケット定額は大歓迎。
今なら、ただともキャンペーンがあるので、家族で移れば1人5000円ずつJCB商品券がもらえるし。
 

iPhoneにしてしまった <1>の続きを読む

August 13, 2008

日経ヴェリタスは更新せず

今年の3月中旬より発行され、購読をすることにした日経ヴェリタスであったが、
とりあえずの6ヶ月間の購読期間がもうすぐ終わりを迎え、更新の案内がきた。


結論として、更新はしないことに。


紙面の記事はだんだんと読むところが無くなってきた。
あとはウェブ上の購読者専用の記事ぐらいだが、購読料を払ってまで読みたい記事はそんなに多くない気もする。

バロンズだったらお金を払ってもいいけどね。
外為どっとコムでバロンズ拾い読みが読めるので、今のところは十分。


これで日経新聞とはひとまず縁が切れてしまった。
 

August 1, 2008

ポートフォリオ(株式) 2008/7

現在の保有株式 (Jul 31, 2008)

<個別株>
・欧州株
  Diageo (London [DGE]) <-10.4%, 1y8m (GBP)> *1 *2
  Man Group (London [EMG]) <+8.5%, 1m (GBP)>
  Groupe Danone (Paris [BN]) <+1.5%, 2y2m (EUR)>

・米国株
  VMware, Inc. (NYSE [VMW]) <-50.6%, 11m (USD)>

・中国株
  China Digital TV Holding Co., Ltd. (NYSE [STV]) <-53.6%, 9m (USD)>


<ファンド>
・欧州株
  iShares DJ Euro STOXX SmallCap (Amsterdam [DJSC]) <-20.1%, 1y9m (EUR)>
  iShares DJ Euro STOXX Select Dividend (Amsterdam [IDVY]) <-36.1%, 11m (EUR)>

・豪州株
  iShares MSCI Australia Index (NYSE [EWA]) <-12.0%, 11m (USD)>

・日本株
  さわかみファンド <+39.1%, 5y11m (JPY)>

・商品
  Elements Rogers International Commodity Index (AMEX [RJI]) <+15.4%, 6m (USD)>

 *1 <>内の数字は損益で、各通貨ベースの価格による上昇率。計算が難しいし、将来のことは不確定のため、配当、手数料、税金などは含めず。
 *2 損益の後のXyYmは運用期間で、X年Yヶ月。

 

先月のポートフォリオのエントリーから、
1回も更新せずに1ヶ月が経ってしまった。(^^;
早めの夏休みをとったり、ゆるめな感じで過ごしていて、サボりぐせがついたのかな。
以前よりも子供の相手に時間をとられているのはたしかだけど。


株式相場は相変わらず。
VMwareにはちょっとヤラレてしまったけど、今のところはまだ持っている。


長い目で見たら、このようなときに痛みを感じながら少しずつ買っていく方が良い結果が出るのではないかと思う。
特に、インデックスなどに投資する場合は。

ポートフォリオ(株式) 2008/7の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.