September 21, 2008

iPhone 2.1

iPhoneはファームウェアを2.1にバージョンアップしてからとても快適になった。


今までのは何だったのか? というぐらい各機能が改善されている。

特に、電話としてマトモに使えるようになったのは嬉しい。
今まではアンテナがかろうじて1本ぐらいだった所でも、3~5本ぐらい立つようになった。
電波の感度がかなり良くなった。他のソフトバンク3G端末と同等かそれより良いぐらい。

個人的には、iPhoneの電話インターフェースはかなり使いやすいので、電話機能だけでもiPhoneを持つ価値はあると思えるようになった。
日本語の文字入力の反応もマトモになったし。テンキー入力で十字状に入力文字が展開するインターフェースは気に入っている。
ソフトのバージョンアップでこれだけ別物に変身してしまうところが、iPhoneの良さなのかも。
というか、2.0までは携帯電話としてはβ版の品質だった。初期ユーザみんなでβテストに参加したような感じ。
このような点は、Apple製品の経験が無いと、すぐにはなじめないのかもしれない。どちらかというと、携帯電話というよりパソコンのノリに近い。


自分の場合、これ1つ持っていれば携帯電話とiPodが使えるというだけで、もう現状では手放せないモノになりつつある。
今まで、興味はあったけど、なかなかiPod購入には至らなかったたし、PDAの類は持ったことが無かった。iPhoneがあれば全てが可能にある。

 

ところで、下のiPhoneのiPodでのカバーフロー画面を見て、あれっと思った人はなかなかスルドい。

iPhone%20Camera%20002.png

 

iTunes Storeで扱われていないビートルズのアルバムのアートワークは無いはず。

iPhone 2.1の続きを読む

September 17, 2008

Lloyds TSBがHBOSを合併か

今日の夕方に、英国の銀行で自分にも縁があるLloyds TSBがHBOSを救済合併する交渉に入ったとのニュース。
日本の各ニュースサイトでも報じられている。


このニュースを受けてか、Lloyds TSBの株価は15%以上も急騰。
少し前から、Lloyds TSBはサブプライム問題で痛んでいる欧州のどこかの銀行を買収するかもしれないとの話はあったりしたけど、どうやら話が一つ決まりそうな気配だ。

この状況で買えるところにとってはバーゲンセールだろう。バンカメなどもメリル買収でいい買い物をしたのかも。
でも気づかないところにまだ爆弾が隠れているかもしれないので、買ってしばらくは安心できないかな。


そろそろ投資を始めてみてもいいのかな??
まあ、もっと落ち着くまで少しずついったほうが賢明だろうけど。


これからはメジャーなインデックスのETFも少しは組み入れていこうかとも思ってみたり。
現状では、株式だけのパフォーマンスなら、奥さんや子供のセゾンバンガードが良かったりする。

ここ5年ぐらいの期間でずっと投資したとすると、一番マトモなのは外貨のマネーファンドだったりして。
その通貨ベースで減ることは無く、複利で増え続けていっている。

しかし、今回のような信用不安が起きると、下手なマネーファンドやMMFは減価する可能性もある。どんなものにもリスクは内在している。
実際、去年の8月などはレッグメイソンの米ドル建てシティカレンシーはパフォーマンスがマイナスになったし。

あと、これだけいろんな大手金融機関が倒れると、ETNなどはちょっと不安があったりする。
ロジャーズ指数ETNはメリルリンチが幹事になっていたりしたので、動向が少し気になっていたのは事実。


あと、やはり米国政府はリーマンを見捨ててもAIGは助けることになった。
最大手の保険会社を何もせずにつぶすのは各方面への影響が大きすぎると思ったのだろう。
保険会社の場合は、これまで銀行と同じような急場での資金調達手段が得られなかったという背景もあるのだろう。

しかし、ついこの間までAAAとか宣伝していたのに。
自分の場合、アリコのテレビCMはうっとうしいと思っていたが、アメリカンホームには損害賠償保険の契約があるので、もしAIGが無くなるとどうなるんだろう? なんて考えていた。
 

Lloyds TSBがHBOSを合併かの続きを読む

September 14, 2008

iPhone パケット通信の裏技

最近はiPhoneブログと化しているこのごろ。

Wirelessgateに入会して公衆無線LAN環境を確保した今、できるだけパケット通信料を節約しようと思っていたが、自宅や外でWiFi接続したとき以外ではメール確認やウェブアクセスしなくてもパケット消費量が日々増えていることを発見。

これはソフトバンクの陰謀かと思ったら、どうやら位置情報の取得などでパケットが飛び交っている模様。
設定で位置情報の取得はOFFにしたりしていたが、どれかのアプリで位置情報を取得しますか?と聞かれて一旦OKすると、この時点から位置情報の取得がONになってしまい、また設定の画面でOFFしない限りはON状態になる。


何週間かiPhoneを使ってみてわかったことは、
特に意識しない場合はもちろん、かなり節約しようと思っても、メールを毎日やり取りしたり、Safariでウェブにいくつかアクセスすると、すぐにパケット定額の上限に達してしまいそうになる。
iPhoneのSafariでは、基本的にPCサイトにアクセスするので広告も含めてデータ量が多い。それに加えて、キャッシュ量が少ないせいか、バックボタンで前のページに戻ったときに再読込してしまう。
また、メールアプリは、GmailのアカウントにアクセスしたときにHTMLメールを画像込みでフルに読み込んでしまう。アマゾンや楽天などからの広告メールはデータ量が多い。


とにかく、自分の意思で使う以外は3Gネットワーク経由のパケット通信を遮断したい。


そう思って、情報を探してみた。

iPhoneを安く月額最低額2324円で使う方法 (^_^)/のサイトなどが参考になった。ケチケチ作戦には同意。
ここやiPhone 3G でパケット通信を WiFi に制限する方法によると、APNの設定をいじると3Gネットワーク経由の通信を遮断できるらしい。

これはいわゆるJailbreakによる改造ではなく、正規のツールによる設定変更である。
Appleから法人ユーザ向けにリリースされている設定ツールを使うものだ。


たしかに、WiFiのアクセスポイントから外れてパケット通信が必要なアプリを起動すると、メッセージが出てきて、データ通信ができない状態であることが認識できる。

これで安心してiPhoneを使いたおすことができる。(^^)

 

さらにAPNに関する情報を探していると、興味深いサイトが見つかった。

iPhone パケット通信の裏技の続きを読む

September 6, 2008

iPhoneその後

この間も書いたけど、iPhoneはおもしろい。


iPodとしてはもちろん、アプリをいろいろ入れてみたり、Safariでウェブをブラウズするのも意外と使える。
あと、Podcastで番組を登録しておくと、好みのビデオやラジオの番組を視聴できる。これはiPodでも同じことができるけど。

Podcastは海外物が充実していて、日本版のコンテンツは現状いまいちなところがあるけど、これがあればワンセグなんて全く必要ない。地上波のTV番組をそのまま携帯で見ることにはそんなに魅力を感じない。


海外投資をやっている人は、アプリでBloombergや通貨コンバーターを入れておくのが定番だろう。
Bloombergは英語版だけど、自分の場合は外国銘柄中心なので、PCでYahoo! financeやGoogle finance、FT.comを使う場合とノリは変わらない。
Bloombergの端末みたいにブラックの画面で雰囲気が出ている。
とりあえずインデックスの傾向を見て、なんかありそうだったらヘッドラインニュースを見てみるような使い方。

Podcastでは、海外ニュースなどを聞き流している。ヒアリングのトレーニングには良さそう。
ビデオではCBSイブニングニュースなど、ラジオではBBCニュースなどを登録中。時差の関係もあって、日本時間の朝に取り込むと1日遅れになってしまうけど、もともとこれに速報性は求めていないので問題なし。

あと、サッカーファンとしてはUEFA.comのPodcastなども外せない。


ところで、ソフトバンクの電波状況はというと、ホームアンテナの設置で少し改善した。
 

iPhoneその後の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.