April 22, 2009

定額給付金

そういえば、今朝になってやっと
うちの自治体も定額給付金の通知書が届いた。


自治体によっては、4月になって早々に給付手続きを開始したところもあるようだったが、
うちのところはアナウンスは早くからあったけど、実際の通知書の送付は中旬から開始とのことで、
我が家には22日にようやく到着。


政策としてはやはり限りなく愚策に近いとは思うけど、以前にあった(自分には関係が無かったけど)
地域振興券よりは何倍かはマシだろう。

担当の部署名は「定額給付金課」
英語の名称は "Supplementary Income Payment Section" となっている。
こうやって比べてみると、日本語の名称は全く意味不明に思える。
英語名称の方が一般人にはよく理解できる。
最近、特に頻繁に感じるのが、お役所関係のネーミングのセンスの無さ。
自分達の都合、立場、目線でしか見ていないのがはっきりわかる。
こんな調子ではなかなか未来に希望が持てそうにない。
自分の子供や周りにはまともなセンスを身につけさせたい。そこから始めないと。。


うちの場合、夫婦2人と子供2人なので一世帯で64,000円。
結構な額ではある。
速攻で給付申請を送付。
連休もあったりするので、振込は5月になってからなのかな。

今月は身内のところに飛行機で往復したりしたので、それぐらいはとっくに消費したりしているのだが。。。


しかし、事務手続きの手間など、いくらぐらいコストがかかっているのだろう??
給付手続きが遅れた分、こちらに利子も払って欲しいぐらいだけど、手間賃の分をそこで賄っていたりして。(笑)
自治体全体の分だと、かなり大口になるので、1ヶ月定期でも利息は結構な金額になるのでは?
 

April 1, 2009

Skype for iPhone

先日、iPhone用のSkypeがAppStoreでリリースされたので、早速ダウンロードして使ってみた。

これは使える!!


これまでは、fringやNimbuzzなどでSkypeを使うことができたのだけど、
fringは大昔のSkypeみたいに音質が悪くて実用には耐えられなかったし、
Nimbuzzはちょっと前のSkypeみたいに遅延が大きくて少し慣れが必要だった。

そこで真打ちのSkype本家が登場。
音質もまあまあ実用に耐えるし、遅延も少ない。
PCで使っているものと変わらない感じ。


WiFi環境であればSkypeOutで固定電話や他社携帯にかけると、ホワイトプランの通話料よりもかなり安く電話ができる。
あまり通話時間を気にしなくても済むので、精神的に楽だ。
フリーダイアルが使えないところに問合せなどで電話したときの待ち時間のつらさから開放される。

あと、PCでSkype通話するのはヘッドセットなどが面倒だったのだけど、iPhoneなら普通の携帯と同じ感覚で使える。


手放せないアプリになりそう。
 

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.

Recent Entries

  1. 定額給付金
  2. Skype for iPhone