June 18, 2009

iPhone 3.0

今日リリースされたiPhoneOS 3.0にさっそくアップデートしてみた。


2.2ぐらいから、うちのiTunesでの新バージョンのダウンロードが途中で止まるようになったけど、どうやらセキュリティソフトとの相性が悪いみたい。
それで、お約束のように一時的に機能停止させてからアップデートを行う。
特に問題なくアップデート終了。


Safariをはじめとして、なんとなく動作がキビキビしているような気がする。
バッテリの持ちも改善されたという話だけど、新しく追加されたMMSのテストなどで3Gパケット通信をたくさん使ったせいか、いつもよりバッテリの消耗が激しい。これについてはいろいろと試してみよう。


やはり、コピー&ペーストができるようになったのは嬉しい。
今まではこれが無かったので、メール書きやウェブ上のURL入力などがかなりつらかった。

あと、MMSに対応したので、ソフトバンク同士(ホワイトプランなど)なら写真データ付きのメールなども無料で送受信できるようになった。(今までのiPhone用メールだと受信側でパケット料がかかっていた)


印象として、1年足らずでかなり進化した感じ。
最初の2.0のダメさを考えると、別物だ。

 

カメラのオートフォーカスとか動画撮影機能などは要らないし、
コンパス機能は昔持っていたau携帯にあったけど、めずらしいのは最初だけで結局あまり使わなかったし、
スピードも現状でそんなに不満をもっているわけでもないので、
新しいiPhone3G Sは特に気にならない。
どちらかというと、マイナーチェンジ的な印象もうける。

あと1年は問題なく使えそう。
とりあえず保証延長はしてあるので、2年経過する少し前にバッテリ交換して様子をみることにしよう。

 

そういえば、自分のiPhoneはシステムの言語を英語、地域設定をイタリアにしてあって、標準のカレンダーでも月曜始まりで土日が隣り合う状態にしてあるのだけど、イタリア語の曜日や月の表記にだいぶ慣れてきた。
それで、3.0にしてから、時間の表記が12:00→12.00になってしまった。
たしかイタリアやスペインでは時間を12.00のように表記することも多いようなので、こちらが正解だったのかな?
 

iPhone 3.0の続きを読む

June 14, 2009

盲目のピアニスト

バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝したピアニストの辻井伸行。

先週は各所でニュースなどで取り上げられて時の人となった。
このあたりの取り扱い方はいつものマスコミのパターン。
若い人が国際的な業績を上げると、期待の星としてどこもいっせいに取り上げて必要以上に祭り上げる。


でも彼の場合、本人がちょっと違う雰囲気をもっている。自然体のまま。

テレビでちょっと流れている演奏を聴いただけだけど、やはり20歳の演奏ではない雰囲気。
周囲の人が心に響く音みたいなコメントをしていたけど、少しわかるような気がしなくもない。


なんかもう、吹っ切れているんだよね。


全くの自分勝手な想像だけど、生まれながらにしてハンディキャップを持っていて、雑念とか、欲とか、計算とかが無いからなのかなと思う。
自分が好きで才能を開花できる道が見つかってそのまま進んできたのだろうけど、よくある天才のパターンとはちょっと外れている。
たぶん、人一倍努力をしているはずだし、コンクールに関しても絶対に優勝する!というような意気込みでやっているのだとは思うけど、結果なんか全く気にしていない様子。
とにかく自分のピアノを聞かせたいという思いだけが感じられる。


視覚情報が無い分、周囲のノイズに影響されず、常人には見えない何かが見えている(感じている)のかなという気がする。


稀有の才能にめぐり合えてよかった。こういう人を選んだコンクールの関係者に感謝。
 

June 7, 2009

月月割はどうなる?

前回のエントリーの続き。


もし仮に、ソフトバンクモバイルの経営母体が変わった場合、 
一番気になるのは基本料金や通信料金だろうけど、ここは予測不可能なので、他に気になる部分を考える。


大部分のソフトバンクユーザは新スーパーボーナスを適用して端末を購入していると思うけど(一括派と分割派には分かれるけど)、この新スーパーボーナスでは、月月割といって、端末購入の3ヶ月目から24ヶ月間は一定金額の範囲で通信料金などが割り引かれることになっている。月月割の金額は端末の値段によって異なり、高いものは高めに設定されている。

端末を分割で購入した場合は、月々の割賦金が請求されるけど、安めの端末などではこの割賦金と月月割の金額が同額になっており、実質0円で端末が購入できる、というカラクリになっている。
iPhoneの場合も、月月割によって安く購入できる。現在のキャンペーンでは8GBは実質0円である。
端末を一括で購入した場合は、最初に割引無しの総額を支払って、月月割によってキャッシュバックされるようなイメージ。


これらの規定を詳しく調べていないけど、業者とユーザでは業者側が有利に設定されているのが通常なので、もし経営母体が変わった場合、月月割はナシということになる確率が高い。
といって、端末分割購入の割賦金をチャラにしてくれるような神はいないと思うので、そのまま請求される確率は高いだろう。
そもそも、実質0円といっても、月月割はあくまで通信料金などの割り引きであるし、分割購入の割賦金とは別物だ。


なので、ユーザとしては端末が割高になってしまうリスクをずっと負っていることになる。
今の経済状況、携帯業界の状況(次世代への移行も含めて)、個別企業の状況など、各種の要因からすると、24ヶ月先までの契約というのは、期間が長すぎるのだ。2年後のことなんて全く予測がつかない。


といっても、iPhoneはしばらく使い続けるだろうし、次に買い換えるとしてもiPhone後継機の可能性が高いので、このまま付き合っていくしかないのかなあ。
 

June 6, 2009

ソフトバンクの社債

自分の携帯は去年の8月からソフトバンクモバイルになったので、ソフトバンク関係の動向は気にならないといったらウソになる。


最近の話題はソフトバンクの個人投資家向けの社債だろう。

ソフトバンクとSBIホールディングスとは現在は資本関係が無いと思うけど、好評みたいだったSBI債は利率が1.84%で期間1年(完売御礼)。一方ソフトバンクの無担保社債(愛称:「福岡ソフトバンクホークスボンド」)は利率が5.10%で期間2年。

日本国債の金利水準を考えると、5.10%はかなりのハイイールド債券の部類なのではないだろうか。
しかもこの資金は現在の借入金の返済と社債の償還資金に充てる予定らしい。総額600億円。


現在の金融情勢からすると、金融機関から資金調達することは難しいのだろうか?
もし調達できたとしても、かなり条件が悪いとか、いろいろと縛りがあったりするのかな。


そこで、個人向けの高利の金融商品ですよ。お客さん!
オマケは、購入者全員に福岡ソフトバンクホークス・エコバッグのプレゼント。あと、抽選で20組40名様に2010年シーズンのホーム開幕戦のペアチケットおよび開幕戦当日のホテルペア宿泊券をプレゼント。

自分は元ダイエーホークスファンだったりしたけど、このようなプレゼントや金利につられて投資しようとは思わないなあ。


シロウトの個人相手にこのようなニンジンをぶらさげて買ってもらって資金調達をするような状況って、いったいどういうことなんだろう?

 

ソフトバンクモバイルは、月間契約純増数首位を続けているけど、財務状況からインフラ投資は停滞したまま。そのうち回線状況がかなり悪化することが目に見えている。
個人的には、日本の携帯業界がドコモ寡占状態になると未来に希望がもてないので、
いっそのこと、次世代への切り替えのタイミングでauとソフトバンクが一緒になって、インフラはKDDI系、サービスはソフトバンク系が主導でやったら、面白いのになあなんて思ってみたりする。


しかしまあ、ユーザとしてソフトバンクと付き合うのは、いろいろと神経を使わされて、ボケ防止には良いことなのかもしれないかも。(笑)
いろんなサービスの条件も複雑だったりして、一筋縄ではいかなくて、不利な点がないだろうかといちいちチェックが必要な気がするのだ。


もし、ソフトバンクモバイルが買収などにあって現在のサービス形態を継続できなくなった場合を想定してみる。
(続きは別エントリーで)
 

June 5, 2009

SBI証券+住信SBIネット銀行

以前のエントリーに書いた、住信SBIネット銀行の口座のその後の使用感について。


近頃はSBI証券+住信SBIネット銀行の組合せをよく使うようになった。
今までの銀行には無かった使い勝手である。
証券口座と銀行口座の垣根がほとんど無くなった感じ。


例えば、海外のオンライン証券会社などで、銀行の機能を持っているところもあるけど、基本的には本人名義の口座としか入出金できないケースが多いと思うので、日本国内に関して言えば、それよりも使い勝手が良い。


住信SBIネット銀行なら、他人名義の口座にも普通に送金(振込)できるし、1ヶ月に3回までは振込手数料は無料である。
SBIハイブリッド預金に資金を置いておけば、SBI証券口座の買付余力に自動的に反映される。
証券口座にわざわざ入金処理したり、振込したりする手間がかからない。
円普通預金とSBIハイブリッド預金との間の振替は簡単な操作でできる。出し入れも楽だから、必要に応じて預金間で資金を移動させればよいだけ。

しかも、SBIハイブリッド預金は金利が高めだし、ATMカードから直接出金できない(円普通預金の残高までしかカードで引き出せない)ので、とりあえず置いておく資金はSBIハイブリッド預金にしておくとよいと思う。


自分の小遣い運用口座にはベストな口座である。
小遣いで支払う分の決済用に使っているセゾンカードの引き落とし口座変更もオンラインで手続きできた。
InteractiveのJPY口座への振込も問題なく送金できることも確認できたし。
新生銀行の口座は役目を終えた状態に。。

 

あと、以前やっていたさわかみファンドの積立の資金は、SBI証券で世界経済インデックスファンドの積立をすることにした。積み立て用の資金の移動もとても楽である。

世界経済インデックスファンドは、いくつかのインデックス投資系のブログで書かれているけど、STAMインデックスファンドシリーズの外国株式、新興国株式、国内株式、外国債券、新興国債券、国内債券を組み合わせたもの。
新興国がそこそこの割合で入っていて、自分好みである。
子供や奥さん名義でやっているセゾンバンガードの積立とどっちがパフォーマンスが良いか、経過を比較してみるのも面白いかと。

 

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.