June 18, 2009

iPhone 3.0

今日リリースされたiPhoneOS 3.0にさっそくアップデートしてみた。


2.2ぐらいから、うちのiTunesでの新バージョンのダウンロードが途中で止まるようになったけど、どうやらセキュリティソフトとの相性が悪いみたい。
それで、お約束のように一時的に機能停止させてからアップデートを行う。
特に問題なくアップデート終了。


Safariをはじめとして、なんとなく動作がキビキビしているような気がする。
バッテリの持ちも改善されたという話だけど、新しく追加されたMMSのテストなどで3Gパケット通信をたくさん使ったせいか、いつもよりバッテリの消耗が激しい。これについてはいろいろと試してみよう。


やはり、コピー&ペーストができるようになったのは嬉しい。
今まではこれが無かったので、メール書きやウェブ上のURL入力などがかなりつらかった。

あと、MMSに対応したので、ソフトバンク同士(ホワイトプランなど)なら写真データ付きのメールなども無料で送受信できるようになった。(今までのiPhone用メールだと受信側でパケット料がかかっていた)


印象として、1年足らずでかなり進化した感じ。
最初の2.0のダメさを考えると、別物だ。

 

カメラのオートフォーカスとか動画撮影機能などは要らないし、
コンパス機能は昔持っていたau携帯にあったけど、めずらしいのは最初だけで結局あまり使わなかったし、
スピードも現状でそんなに不満をもっているわけでもないので、
新しいiPhone3G Sは特に気にならない。
どちらかというと、マイナーチェンジ的な印象もうける。

あと1年は問題なく使えそう。
とりあえず保証延長はしてあるので、2年経過する少し前にバッテリ交換して様子をみることにしよう。

 

そういえば、自分のiPhoneはシステムの言語を英語、地域設定をイタリアにしてあって、標準のカレンダーでも月曜始まりで土日が隣り合う状態にしてあるのだけど、イタリア語の曜日や月の表記にだいぶ慣れてきた。
それで、3.0にしてから、時間の表記が12:00→12.00になってしまった。
たしかイタリアやスペインでは時間を12.00のように表記することも多いようなので、こちらが正解だったのかな?
 

iPhone 3.0の続きを読む

April 1, 2009

Skype for iPhone

先日、iPhone用のSkypeがAppStoreでリリースされたので、早速ダウンロードして使ってみた。

これは使える!!


これまでは、fringやNimbuzzなどでSkypeを使うことができたのだけど、
fringは大昔のSkypeみたいに音質が悪くて実用には耐えられなかったし、
Nimbuzzはちょっと前のSkypeみたいに遅延が大きくて少し慣れが必要だった。

そこで真打ちのSkype本家が登場。
音質もまあまあ実用に耐えるし、遅延も少ない。
PCで使っているものと変わらない感じ。


WiFi環境であればSkypeOutで固定電話や他社携帯にかけると、ホワイトプランの通話料よりもかなり安く電話ができる。
あまり通話時間を気にしなくても済むので、精神的に楽だ。
フリーダイアルが使えないところに問合せなどで電話したときの待ち時間のつらさから開放される。

あと、PCでSkype通話するのはヘッドセットなどが面倒だったのだけど、iPhoneなら普通の携帯と同じ感覚で使える。


手放せないアプリになりそう。
 

September 21, 2008

iPhone 2.1

iPhoneはファームウェアを2.1にバージョンアップしてからとても快適になった。


今までのは何だったのか? というぐらい各機能が改善されている。

特に、電話としてマトモに使えるようになったのは嬉しい。
今まではアンテナがかろうじて1本ぐらいだった所でも、3~5本ぐらい立つようになった。
電波の感度がかなり良くなった。他のソフトバンク3G端末と同等かそれより良いぐらい。

個人的には、iPhoneの電話インターフェースはかなり使いやすいので、電話機能だけでもiPhoneを持つ価値はあると思えるようになった。
日本語の文字入力の反応もマトモになったし。テンキー入力で十字状に入力文字が展開するインターフェースは気に入っている。
ソフトのバージョンアップでこれだけ別物に変身してしまうところが、iPhoneの良さなのかも。
というか、2.0までは携帯電話としてはβ版の品質だった。初期ユーザみんなでβテストに参加したような感じ。
このような点は、Apple製品の経験が無いと、すぐにはなじめないのかもしれない。どちらかというと、携帯電話というよりパソコンのノリに近い。


自分の場合、これ1つ持っていれば携帯電話とiPodが使えるというだけで、もう現状では手放せないモノになりつつある。
今まで、興味はあったけど、なかなかiPod購入には至らなかったたし、PDAの類は持ったことが無かった。iPhoneがあれば全てが可能にある。

 

ところで、下のiPhoneのiPodでのカバーフロー画面を見て、あれっと思った人はなかなかスルドい。

iPhone%20Camera%20002.png

 

iTunes Storeで扱われていないビートルズのアルバムのアートワークは無いはず。

iPhone 2.1の続きを読む

September 14, 2008

iPhone パケット通信の裏技

最近はiPhoneブログと化しているこのごろ。

Wirelessgateに入会して公衆無線LAN環境を確保した今、できるだけパケット通信料を節約しようと思っていたが、自宅や外でWiFi接続したとき以外ではメール確認やウェブアクセスしなくてもパケット消費量が日々増えていることを発見。

これはソフトバンクの陰謀かと思ったら、どうやら位置情報の取得などでパケットが飛び交っている模様。
設定で位置情報の取得はOFFにしたりしていたが、どれかのアプリで位置情報を取得しますか?と聞かれて一旦OKすると、この時点から位置情報の取得がONになってしまい、また設定の画面でOFFしない限りはON状態になる。


何週間かiPhoneを使ってみてわかったことは、
特に意識しない場合はもちろん、かなり節約しようと思っても、メールを毎日やり取りしたり、Safariでウェブにいくつかアクセスすると、すぐにパケット定額の上限に達してしまいそうになる。
iPhoneのSafariでは、基本的にPCサイトにアクセスするので広告も含めてデータ量が多い。それに加えて、キャッシュ量が少ないせいか、バックボタンで前のページに戻ったときに再読込してしまう。
また、メールアプリは、GmailのアカウントにアクセスしたときにHTMLメールを画像込みでフルに読み込んでしまう。アマゾンや楽天などからの広告メールはデータ量が多い。


とにかく、自分の意思で使う以外は3Gネットワーク経由のパケット通信を遮断したい。


そう思って、情報を探してみた。

iPhoneを安く月額最低額2324円で使う方法 (^_^)/のサイトなどが参考になった。ケチケチ作戦には同意。
ここやiPhone 3G でパケット通信を WiFi に制限する方法によると、APNの設定をいじると3Gネットワーク経由の通信を遮断できるらしい。

これはいわゆるJailbreakによる改造ではなく、正規のツールによる設定変更である。
Appleから法人ユーザ向けにリリースされている設定ツールを使うものだ。


たしかに、WiFiのアクセスポイントから外れてパケット通信が必要なアプリを起動すると、メッセージが出てきて、データ通信ができない状態であることが認識できる。

これで安心してiPhoneを使いたおすことができる。(^^)

 

さらにAPNに関する情報を探していると、興味深いサイトが見つかった。

iPhone パケット通信の裏技の続きを読む

September 6, 2008

iPhoneその後

この間も書いたけど、iPhoneはおもしろい。


iPodとしてはもちろん、アプリをいろいろ入れてみたり、Safariでウェブをブラウズするのも意外と使える。
あと、Podcastで番組を登録しておくと、好みのビデオやラジオの番組を視聴できる。これはiPodでも同じことができるけど。

Podcastは海外物が充実していて、日本版のコンテンツは現状いまいちなところがあるけど、これがあればワンセグなんて全く必要ない。地上波のTV番組をそのまま携帯で見ることにはそんなに魅力を感じない。


海外投資をやっている人は、アプリでBloombergや通貨コンバーターを入れておくのが定番だろう。
Bloombergは英語版だけど、自分の場合は外国銘柄中心なので、PCでYahoo! financeやGoogle finance、FT.comを使う場合とノリは変わらない。
Bloombergの端末みたいにブラックの画面で雰囲気が出ている。
とりあえずインデックスの傾向を見て、なんかありそうだったらヘッドラインニュースを見てみるような使い方。

Podcastでは、海外ニュースなどを聞き流している。ヒアリングのトレーニングには良さそう。
ビデオではCBSイブニングニュースなど、ラジオではBBCニュースなどを登録中。時差の関係もあって、日本時間の朝に取り込むと1日遅れになってしまうけど、もともとこれに速報性は求めていないので問題なし。

あと、サッカーファンとしてはUEFA.comのPodcastなども外せない。


ところで、ソフトバンクの電波状況はというと、ホームアンテナの設置で少し改善した。
 

iPhoneその後の続きを読む

August 28, 2008

ソフトバンク恐るべし

最近はiPhone&ソフトバンクのネタばかり。
だって、iPhoneってすっごく面白いから。
久しぶりにおもちゃを与えられた子供のようだ。(^^;


27日にたまたまソフトバンクのウェブページを見ていたら、パケット定額の下限料金値下げのニュースが目に付いた。
ドコモがパケット定額の値下げを発表したのに対抗して、同じ料金に合わせたもの。
他社の値下げに対しては24時間以内に対応して業界最安値を維持するという約束を破らない点についてはさすがである。
しかし、iPhone導入でARPUの増加が見込めるはずなのに、そんなに下げて大丈夫なのか? ユーザとしては大歓迎だけど。

ドコモの方は、従量制ユーザーが新サービスを契約することは減収要素、ライトユーザーが安心感を得て利用促進につながることは増収要素で、新サービスの提供によって2008年度で200億円程度の減収になるとの推測らしい。
お互い身を削りながらの戦いの様相。
でも、うちみたいに家族でソフトバンクに移ったりする人もそれなりにいると思うので、気がついたらシェア激減という可能性もあるから、うかうかしていられない。
やっぱりiPhoneは日本の携帯電話業界を破壊する黒船だったかも。


パケット定額料は、改定前は1695~5985円だったのが、1029~5985円に。
これで3Gネットワークでの通信をあまり使わなければ、かなり安く利用できることになる。
早速、公衆無線LANサービスの検討に入ることに。


自分の環境でまあまあ使えそうなのが2つ候補として挙がった。
WirelessGateとホットスポットだ。

WirelessGateは、BBモバイルポイントやlivedoor Wirelessなどのサービスをまとめて使えるもので、アクセスポイントとしてはかなり多いほう。主なポイントはJR主要駅や空港、マクドナルド、ルノアールなど。
料金は月額基本料210円+1日利用ごとに299円/日。毎日のように使っているとかなり高額になってしまう。
ただし、ヨドバシオリジナルプランというのがあって、これだと月額380円(入会から2ヶ月は無料)とかなりお得な料金で利用できるようになる。

ホットスポットはNTTコミュニケーションズが提供しているもので、東京だとJR、メトロ、都営地下鉄などほとんどの駅を網羅している。あとはタリーズやモスバーガーなど。駅での利用をメインに考えると最強であるが、料金がちと高い。初回時の契約料1575円+月額1680円(入会月は無料)、スポットの1日利用が500円(契約料は無し)と、少し考えてしまう料金設定だ。
月々980円ぐらいだったら加入する人が増えると思うけどなあ。ソフトバンクを見習って欲しい。

自分の場合、コーヒーはタリーズ派でハンバーガーはモス派だけど、そんなに行くわけではないし、iPhoneでネット接続するためにわざわざタリーズに行ったり、駅でそんなに長居して使うことは考えられないから、とりあえずWirelessGateにしてみようかと思う。
9月になったらヨドバシオリジナルプランを申し込んでみよう。
マックに行くことはあまり無いとは思うけど、livedoor Wirelessのアクセスポイントが街中に結構あるので、面的な使い方ができるかもしれないなあとの期待で。街中で地図ソフトが使えると面白いなあと思っていたこともあって。3Gでこれをやるとパケット上限料金を覚悟しないといけないだろうから。
もし期待外れだったら解約すればいい。そんなに懐は痛まないだろう。


ところで、ソフトバンクは侮れないなあと思ったのは、新スーパーボーナスに関して。
この会社と付き合ってみると、消費者としてかなり鍛えられると思う。

ソフトバンク恐るべしの続きを読む

August 22, 2008

iPhoneにしてしまった <2>

iPhoneは2年間の縛りさえクリアすれば買いだと思う。
実際には初期費用が0円なので、「買う」というよりもAppleやソフトバンクと「契約する(魂を売る?)」という感じだけど。


現状の携帯電話の状況はというと、機能的には成熟して停滞している感じがあるし、どうしても欲しくなるような端末はなかなか出てこないと思う。
次世代の3.9Gサービスは早くても2010年頃だとすると、3.9Gサービスが普及してからiPhone 3Gの後継機に乗り換えるような計画で、今後2年ぐらいは確実に使えそうという皮算用。

で、8GBか16GBかという話になると、8GBのメモリの値段を考えると、16GBがかなりお買い得に思える。


ところで、Appleの製品には「Appleワールド」とでもいうような独特の世界観がある。
Appleが提供するインタフェースや機能、デザインと相性が合う人には最高だけど、合わない人にとってはとんでもないものだ。
あと、サポート的にはApple+ソフトバンクなんて最強のコンビ(日本的には最悪な組み合わせ)だ。(^^;

自分の場合、アンチMSな人で、昔はMacを使っていたりしたので、この世界観にはどちらかというと共感できるほう。


iPhoneのデザインはかっこいいと思うし、質感も良いと思える。不要なものを削ぎ落とした「ツール」のようなイメージだ。磨きこまれたレンチとか、あるいは印籠や日本刀のようなものを連想するといったら言い過ぎか。
だから、日本の普通のケータイでできることでできないものがたくさんあるけど、使いたい機能が合っている人にとっては使い勝手がとても良い。

持った感じは手になじむし、お尻のポケットに入れたりなんかしてもスッポリと収まっていい感じ。ユーザインタフェースは自分的には普通の携帯とは別次元に感じられる。悪いところもいろいろあるんだけど、良い点の方が勝っていて少しのことには目をつぶれる。
自分にとっては待ち望んでいたような端末だったりする。

 
 

そんなわけで、iPhoneにしてみたわけだけど、家に持って帰ってから一つ大きな問題に気がついた。

iPhoneにしてしまった <2>の続きを読む

August 21, 2008

iPhoneにしてしまった <1>

そういうわけで、

携帯電話をiPhoneに変えてしまった。
MNPでauからソフトバンクへ移行。これは少し後悔することになるのだが、その話はまた後ほど。


以前からブラックベリーなどのスマートフォンにはちょっと興味があったけど、パケット代がかなりかかりそうなので、事実上断念していた。
iPhoneはこれよりもさらに自分的に興味をそそられる携帯デバイスだ。


iPhone 3Gが発売されて、当初は本体価格が8GBモデルで約23000円、16GBモデルで約35000円と言われていた。
そして、月々の本体分割支払金が8GBで2,880円、16GBで3,360円。スーパーボーナス特別割引がどちらも-1,920円で、実質の月々本体分割代金が8GBで960円、16GBで1,440円ということがいろんな記事に書かれていた。

この料金の説明で、個人的に誤解していたのは、初期契約時に端末代として23000円や35000円を支払って、さらに毎月960円や1,440円を分割で支払うのはさすがに無理かな、ということだった。
量販店やオンラインショップで料金を見たところ、そうではなくて、初期費用は0円、端末本体料金として月々960円か1,440円を支払えばいいらしい。つまり、端末の費用としては、2年間トータル(実際は2ヶ月目~26ヶ月目の24ヶ月)で8GBで約23000円、16GBで約35000円となる計算。

う~む、相変わらずソフトバンクの料金はわかりづらい。

これにキャリアの料金として、ホワイトプラン(i)の980円、S!ベーシックパック(i)の315円、パケット定額フルの1,695円~5,985円が最低限必要。つまり、通信の費用として月々2,990円~7,280円かかることになる。

月々の維持費用はトータルで8GBで3,950円~8,240円、16GBで4,430円~8,720円となる。


これなら費用は普通の携帯とほとんど変わらないじゃん。PCサイトブラウザを使ったりすることと比べるとかなり安いといってもいいと思う。自分はパケット代が怖くて携帯でPCサイトブラウザを使ったことが無い。
自分のように、たくさん使うときと少ししか使わないときの波が大きい人にとっては、ダブル定額タイプに改定されたパケット定額は大歓迎。
今なら、ただともキャンペーンがあるので、家族で移れば1人5000円ずつJCB商品券がもらえるし。
 

iPhoneにしてしまった <1>の続きを読む

Copyright (c) 2005-2009 Gabbiano. All Rights Reserved.